カラーリング剤は 目に入らないように



最近は、市販のカラーリング剤を買ってきて、自分で白髪を染めている人も増えていると思います。
カラーリング剤の種類も増えたので、好みの色に簡単に染められて便利ですよね。

そんなカラーリング剤ですが、実は目に入ってしまうと、ちょっと深刻な事態も引き起こしかねないそうです。

白髪を染めるためのカラーリング剤には、身体に悪影響を与える成分を使っているものが少なくありません。
これらの成分が目に入ることで、角膜が炎症を起こしたり、目の周りが腫れたり、痛みを感じたり、最悪の場合失明することもあるとのこと。

ちょっと怖い話ですよね。

白髪を染める場合には、目に入らないように十分注意し、また、もし入ってしまったら、長い時間をかけて流水で洗い流すようにしましょう。
それでも痛みがとれなかったり、視界がぼやけるなどの症状があれば、すぐに眼科医に診てもらうことをおすすめします。

自宅での白髪染めには、万全の注意を払うようにしたいですね。