パッチテストをきちんとしよう



誰でも簡単に、リーズナブルに白髪を染めることができるカラーリング剤。
最近は、色のバリエーションも豊富になって、白髪染めを家庭でする人が増えていると思います。

そんな手軽な白髪染めですが、カラーリング剤によっては、アレルギー反応を起こしてしまう成分を含むものもあります。
頭皮がかゆくなったり赤くなったり、ひどい時には呼吸困難まで引き起こしてしまうことのあるアレルギー。
そんなトラブルを回避するためにも、カラーリング剤のパッチテストは必ずするようにしましょう。

腕などの皮膚に、使おうと思っているカラーリング剤を少しだけ塗ります。
2剤使うものは2剤混ぜて、腕に塗ります。
それから2日間の間、皮膚に何も変化がなければ、髪を染めてもまず大丈夫ですが、もしかゆみやかぶれの症状が出てしまったら、そのカラーリング剤を使うのは控えましょう。

いつも使っているカラーリング剤でも、体調によってはアレルギー反応が出てしまうことがあります。
白髪を染めようと思ったら、毎回必ずパッチテストをするようにしたいですね。