赤みがかった色を避けたい



自宅で簡単にリーズナブルにできるので、市販のカラーリング剤は人気があるようですね。
最近は、とても多くのカラーバリエーションが用意されているので、自分好みの髪色に仕上げることも難しくはなくなりました。

ただ、中には『思った通りの髪色にならなかった』という人もいるのではないでしょうか。

特に多い悩みが、白髪染めをしたら髪が赤みがかってしまったというもの。
明るい茶色にしたいと思って選んだカラーリング剤で染めた結果、赤い髪になってしまったということは、よくあるようです。

髪質によって、カラーリング剤のカラー表示とは違った仕上がりになってしまうのは、よくあること。
自分の髪質、髪色を良く知った上でカラーリング剤を選ぶようにしましょう。

いちばんいいのは、補色を選ぶということ。
補色とは、反対色のことです。
赤っぽい髪の人はグリーン系を、黄色っぽい髪の人はパープル系を選ぶようにしましょう。
補色は、元の色を抑えてくれるので、ちょうどいい髪色に仕上げることができます。

いくつかの色を試してみて、自分に合ったカラーを時間をかけて選ぶことをおすすめします。