髪も日焼けする



梅雨とはいえ、その合間には天気のいい日もあって、強い日差しが降り注いで来ますね。
ほんの半日屋外で過ごすだけでも日焼けしてしまうので、顔にも腕にも、露出している部分には、まんべんなく日焼け止めを塗っています。

でも、日焼けをするのは、肌だけではないということ、知っていましたか?
実は、髪の毛も日焼けと同じような状態を起こしてしまうそうです。

紫外線を浴びた髪の毛は、内部のメラニンが分解されてしまうのです。
その結果、髪の色が赤っぽく退色してしまい、また、水分がなくなって髪の毛がパサパサに…。

白髪染めを繰り返している場合などは、ただでさえ髪が傷んでいるもの。
その上、紫外線で髪の毛がパサパサになってしまっては、ますます老けて見えてしまいます。

これからの季節は帽子をかぶるだけではなく、スプレータイプの日焼け止めを使ったりして、髪の毛もUVケアをするようにしましょう。