明るい色は髪が傷む?



最近は、ドラッグストアや薬局などに行くと、たくさんのカラーリング剤を見つけることができます。
様々なカラーバリエーションがそろっているので、好みの髪色に仕上げやすくなりましたね。

白髪を染めようと思った時、あまり黒々とした色に染めるよりも、少し明るめの色に染めたいと考える人は多いと思います。
でも、美容院でお願いすると、だいたいの場合明るい色は白髪染めには向かないと断られてしまうんですよね。

市販の白髪染めは明るい茶色のカラーもたくさんありますし、実際使ってみると好みの色に染まったりします。
ただ、これって、すごく髪を傷めていることになるんだとか。

美容院ではキューティクルを守るために、あまり強い薬剤のものは使っていないそうです。
ですから、明るめの色は白髪に入りにくいんですね。
これに対して、市販のカラーリング剤はかなり成分が強いので、明るい色でも白髪を染めてしまうんだとか。

好みの色でなくても少しでも髪をいたわるために美容院で染めるのか。
髪が傷むのを覚悟の上で、明るい色に染めるのか。

いまだに悩み続けている私です。