白髪染めは肌に付けないように



美容院で白髪染めをする時、おでこにクレンジングクリームを塗られたり、耳にサランラップでカバーを着けられたりした経験は、誰でもあると思います。
これは、もちろん髪の毛以外の部分にカラーリング剤が付かないようにするための準備です。

白髪染めのためのカラーリング剤は、一度肌に付くととても落ちにくいものです。
おでこや耳に茶色い色素が残ってしまうと、本当に困ってしまいますよね。

カラーリング剤の付着を防ぐため、自宅で白髪染めをする場合も注意が必要です。
生え際を中心としたおでこや耳の周りなどには、丁寧にクレンジングクリームを塗り、手袋をはめるようにします。

もし、思いがけない部分にカラーリング剤が付いてしまったら、すぐにクレンジングクリームで優しく落とすことが大切です。
この時に、ゴシゴシこすると皮膚が炎症を起こしてしまったりするので、そっと拭くようにしましょう。

まずは肌に付かないように、きちんと準備をすることを忘れないことが大切ですね。