クリームタイプのカラーリング剤



美容院で白髪染めをしてもらうと、準備から染め方、洗い流し方まで、全てが完璧で満足できるのですが、費用はやっぱり安くありません。
そこで、私は美容院での白髪染めの合間には、自分で染めてみることにしました。

最近は、市販のカラーリング剤にもいろいろなカラー、いろいろな使い方のものが増えているので、好みのものが選べるようになりましたね。
今回は、クリームタイプのカラーリング剤の使用感について、お話しますね。

このタイプは、2つの薬剤があって、染める直前に2種類の薬剤を混ぜ合わせる必要があります。
もちろん、混ぜるための専用の容器も付いていますから、付属のハケでこの2液を混ぜるのですが、なんとなく混ぜ合わせるのがひと手間だという感はぬぐえません。

ムラなく混ぜると、茶色く発色してくるので、早速髪に塗ってみます。
ハケで塗るので、髪の表面だけをなでつけるだけでは、なかなか内側まで浸透しません
そのかわり、白くなり始めた髪の根元には、ハケでたたきつけるようにすると、しっかりと染まりました。

2剤を混ぜていなければ、残った薬剤を取っておけるのは、それほど髪の長くない私にとって、うれしいことでした。

色はきちんと入って仕上がりもきれいなのですが、この2剤を混ぜる手間と、ツンとしたニオイが残念なところかな。