ブラッシングの手を抜かないこと



白髪が増えてきたからと、白髪染めをしている人は多いと思います。
最近は市販のカラーリング剤もいろいろなものが登場してきているので、自分で白髪を染める人も増えているようですね。

ただ、白髪染めを長い間繰り返すことで、どうしても髪は傷みやすく、パサパサしたりきしんだりしてしまうものです。

髪が傷んでいるからと、コンディショナーなどを髪の根元からベッタリとつけたりしていませんか?
実は、シリコン入りなどのコンディショナーは、頭皮につくと落ちにくく、毛穴をふさいだりしてしまうのです。

もともと髪の毛は、根元に近い部分は頭皮から出る脂分によって守られています。
ですから、コンディショナーは毛先を中心につければ十分なのです。

ただ、ブラッシングは手を抜かず、丁寧に行いましょう。
ブラッシングによって、頭皮の脂分を髪の毛全体に行きわたらせることができます。
ブラッシングは、頭皮のマッサージとしても効果があるので、こまめに行うようにしたいですね。