髪の自然乾燥はNG



『髪の毛をドライヤーで乾かすと、熱で髪が傷んでしまうので、洗髪後の髪は自然乾燥させましょう。』
そんな言葉を聞いたことがありませんか?

でも、これって、間違った情報なんです。

確かに、あまりにも高温のドライヤーで長時間かけて髪を乾かすことは良くありませんが、シャンプー後の髪を濡れたまま放置しておくのは、髪にとってもっと悪い影響があります。

頭皮が濡れたままの状態で長時間たつと、雑菌が繁殖しやすく、ニオイや汚れのもとになってしまうんです。
また、キューティクルが開いたままの状態になってしまうので、外部からの刺激に弱く、髪が傷みやすくなります。

頭皮や髪が傷んでしまうと、白髪が目立ったり、パサついてしまったりと、美髪に程遠い状態になりかねません。

シャンプー後は、まずタオルでたたくようにしてきちんと水分を取り、そのあとドライヤーで髪の根元から乾かすようにしましょう。
長時間高温の風をあてるのは良くないので、ある程度乾いたら低温の風で乾かすのも一つの方法です。

正しいヘアケアで、白髪などのトラブルからも髪を守るようにしましょう。