『漢方カラー』って、聞いたことありますか? 他にも、『香草カラー』『漢方染め』なんて呼ばれたりもしているようです。

最近、新しい白髪染めとして普及し始めているのが、この漢方カラーなんです。

『漢方』と聞くと、身体にいいもの…という印象がありますよね。 もちろん、髪にもとてもいいのが、漢方カラーの特徴です。

成分の約90パーセント以上がハーブ・生薬でできているので、 白髪染めに付き物の、髪にダメージを与えるという心配がありません。

髪をきれいに染めつつも、ハーブのビタミンでつやつやな手触りも実現してくれる 夢のような白髪染めなんですね。

白髪をきれいに染めるだけではなく、年齢と共にハリやコシがなくなってしまう髪に ボリュームを与えてくれるというのも、うれしいですよね

白髪染めを繰り返してきて、髪が傷んできたと思ったら、 一度『漢方カラー』を試してみてはいかがでしょうか?

『髪は女の命』なんて、昔から言われています。

確かに髪の毛が美しい女性は、それだけで印象も何割もアップしますよね。 反対に、傷んでいたり、パサパサの髪の毛は、どんなに顔にきれいなメイクを施していても 残念な印象を周りに与えがちです。

特に白髪は、一気に老けた印象になってしまうので、一本でも発見したら注意したいですよね。

白髪といえば、染めることばかりが思い浮かぶかもしれません。 でも、白髪染めを繰り返して、髪を傷めてしまっては、元も子もありません

白髪ケアには頭皮の汚れをきちんと落とすこと、そして、頭皮マッサージをすることが効果ありなんです。



頭皮にカラーリング剤やコンディショナーなどが残っていると、髪にいい美容液などを使っても きちんと浸透しません。

まずは、正しい方法のシャンプーで頭皮をきれいにして、 マッサージをすることで頭皮の血行を促しましょう

毎日続けるだけで、白髪に効果が出てくることも期待できますよ。

ずいぶん前から若白髪だった私。 もう何年にもわたって、美容院で染めたり、自宅で白髪染を使って染めたり。

その結果、手触りはゴワゴワパサパサ。 とても傷んだ髪になってしまいました。

なんとか、髪を傷めずに染められる白髪染め剤はないものかと、探してみると…

『ヘナ』というものが。



ヘナは、髪にとてもよく、使えば使うほどサラサラつやつやになるんだそうです。 頭皮にやさしく、傷んだ髪の内部にヘナが入って修復してくれるのは、とてもうれしいこと。

ただ、ヘナにもデメリットはあるみたいですね。 まず、白髪は黒くは染まらずオレンジ色に染まるというので、好みが分かれるようです。 また、ヘナを塗ってから数時間置かないとならないので、かなり時間はかかるとのこと。

これらのデメリットを補ってなお、髪が健康に美しくなるのだったら…。 一度使ってみたいなあと思います。

女性だったら、誰でも美しい髪でい続けたいと思うもの。
それなのに、自分の髪に白髪が混じり始めたら…とても困りますよね。



そんな白髪を隠そうと思ったら、染めるくらいしか手段はありません。

美容院でカラーリングをしたり、自分でカラーリング剤を買って自宅で染めたり…。 どちらにしても、手間とお金が必要なので、大変ですよね。

しかも白髪を染めても、色はそれほど長持ちしません。 定期的に白髪染めをするのは、お金がかかるし、髪も傷むし…。

そんな時に用意しておくといいのが、部分用の白髪染め剤です。 ペン型タイプで、手も汚れず使いやすいのが特徴。

生え際の白髪がちょっと気になる…というくらいだったら、 この白髪染め剤で出かける前にサッと塗るだけで、簡単に白髪が隠せます。

次のカラーリングまでの合間に、ちょうど使いやすい白髪染めですね。

ある年代になれば、誰でも多かれ少なかれ、白髪に悩まされるようになるものですよね。 白髪は、放っておくと見栄えも悪いので、染めることでケアしている人も多いのではないでしょうか。

そんな白髪をケアできるヘッドスパが、増えてきているようです。



白髪予防のヘッドスパは、白髪の原因に着目して、白髪にアプローチし 美しい髪へと導いてくれるものだそうです。

髪の毛が細くなったり、色が金髪のようにうすい髪の毛が生えてきたり…。 こんな症状は、白髪の兆しだと言われています。

また、カラーを繰り返したりしていると、頭皮にカラーリング剤が残ってしまい これも白髪の原因になるそうです。

ヘッドスパでは、白髪の原因を取り除き、髪を色づけるメラノサイトに 美容液を浸透させることで、白髪をケアしてくれるとのことです。

サロンで癒されながら白髪を予防できるのだったら、最高ですよね☆



母親が、わりと若い頃から白髪だった私。 白髪は遺伝もあるそうなので、それなりに覚悟はしていたものの、 やはり、20代の後半で白髪を発見した時には、かなりショックを受けました。

白髪は、老化とともに増えるというイメージがあります。 でも、中には20代で白髪が生えてきてしまうことも、あるんですよね。

若白髪の原因には、いくつかあるようです。

まずは、ストレス。 髪の毛は、メラニン色素によって黒く色づけられているのですが 極度なストレスは、このメラニンの生成が悪くなるため、髪に色が付かずに 白髪となって現れてしまうのです。

次に、栄養不足。 若い女性が極端なダイエットをしたことで、白髪が増えたという話はよくあります。

他にも病気が原因となっていることもあるそうです。

とにかく大事なのは、白髪が気になるからと、抜いてしまわないこと。 髪を抜いてしまうと毛根にダメージを与えて 薄毛などの原因にもなってしまいますから。

白髪とは上手につきあっていくしかないみたいですね。

白髪って、生えてくる場所によっては、とても目立つし老けて見えるので、困りますよね。

最初は一カ所にかたまって生えていた白髪も、やがて全体に生えるようになってくると いちいち白髪染めで染めるのも、一苦労。

見えない後ろの部分などは、自分できちんと染められているのか、分からないし 手間もかかりますよね。



最近人気なのが、白髪を染めることのできるシャンプーです。 毎日のバスタイムに、専用のシャンプーを使って洗うことで 少しずつ自然に、白髪を染めていくことができます。

特別な準備や手間もかからず、毎日シャンプーするだけで白髪が染まり、 しかも髪が傷みにくいのが、何よりもウレシイですよね。

ただ、髪質によっては、なかなか白髪が染まらない場合もあるようです。 個人差があるということも頭に入れて、一度使ってみるのは、いいかもしれませんね

若い頃には、髪の色を明るくしたくて、よくヘアマニキュアをしていた私。 マニキュアをした後は、髪がツルツルになって、とてもうれしかったことを覚えています。

そして今。 白髪が増えてきてしまい、白髪染めを使って、定期的に自分で白髪を染めるようになりました。 でも、自分で白髪染めを使って白髪を染めると、髪がすごく傷むんですよね

手触りはパサパサでゴワゴワ。 相当傷んじゃってるなあ…とがっかりしてしまいます。

そこで思い出したのが、ヘアマニキュアの存在。 あのツルツルの手触りに仕上がるヘアマニキュアで白髪を染められないかな…と思ったんです。



そこで、ちょっと調べてみました。 ヘアマニキュアは、髪の表面を色素でコーティングして艶を出すためのものだそうです。 ですから、カラーが透き通ってしまい、白い髪の色は隠すことは難しいとのこと。

もちろんマニキュアは白髪染めほど髪を傷めることは無いようですが、 きちんと白髪を染めることは厳しいみたいですね

ちょっと残念ですが、白髪染めで染めて、コンディショナーや美容液などで 髪をケアしていくしかないみたいですね。

日本人の黒い髪は、とても美しいものですね。 でも、真っ黒な髪の色では重く感じるからと、明るい色を好む人も多いと思います。

白髪がある場合、自分で髪を染めたりします。 白髪染めにも、いろいろなカラーが用意されていて、ついつい迷ってしまったりしませんか?

明るい茶系、栗色、赤みがかった色、黄色みがかった色…。 どうせ染めなければならないのだったら、好みのカラーを選びたいと思いますよね。

ただ、白髪を染める場合、あまり明るすぎるカラーのものを選ぶと、 どうしても白髪に色が入りにくい場合があります。

逆に濃すぎるカラーだと、時間がたって白髪がまた生え始める時に 白髪が目立ってしまうんですよね。

グリーン系のカラーで白髪を染めると、きちんと色が入り 更に白髪が目立ちにくいようです。

もちろんグリーン系だからと言って、髪が緑色になるわけではありません。 少し濃いめの茶色に仕上がります。

この色だったら、栄えてきた白髪が目立ちにくいようです。

髪質によっても発色が違ってくるので、いろいろと試してみるといいかもしれませんね。

白髪って、本当にいやですよねえ。 私は、親からの遺伝で、ずいぶん若い頃から白髪が出始めました。

今では定期的に白髪染めをしないと、とても人前には出られない状態。 でも、白髪染めを使い続けていると、どうしても髪が傷んでしまって、ゴワゴワになっちゃうんですよね。

最近よく耳にする『酵素』。 『酵素ダイエット』は、有名ですよね。 この酵素が、白髪を黒髪にする効果があるとも言われています。

髪を黒く色づけるメラノサイトを作るためには、チロシナーゼという酵素が使われます。 酵素は、加齢やストレスなどによって減少してしまいます。 そこで酵素を補うわけですね。

酵素は、体の様々なことに効果がありそうです。

酵素のサプリメントやドリンクを摂りこむことで、白髪が黒髪に変わっていくということも 期待できるかもしれませんね。