女性だったら、誰でも黒くて美しい髪にあこがれるものです。 でも、年齢を重ねるにしたがって、増えてくる白髪。 白髪は老けて見えるので、もし発見したらすぐにでも抜いたり、白髪染めで隠したりしてしまいますよね。

私も、若白髪がすごかったのですが、もうずいぶん前から白髪染めのお世話になっています。

最近は、白髪を染める以外にもケアする方法があるようですね。 頭皮をケアして、毛穴をきちんと洗浄するタイプのシャンプーなども登場しています。

毛穴に汚れやシリコンがたまってしまうと、いい髪が生えることの邪魔になり また、せっかくの美容成分も浸透しにくくなってしまいます。

頭皮の汚れをきちんと落とし、更に白髪ケアに効果のあるミネラル成分を 毛根まで届けてくれるようなシャンプーを使うと 白髪の減少を実感できることもあるようです。

私も、そろそろ白髪染めで髪を傷めるケアは、卒業したいなと思います。

街を歩いていると、上品なおばあちゃんが、よく白髪をきれいな紫色に染めているのを 見かけませんか?

きれいだなあ…とは思いつつ、さすがにまだ自分も紫色にしようとは思わないのですが。

ある年齢を過ぎると、紫色に染めた髪も高貴な感じがして、いいものですよね。

この、白髪を紫色に染めるという方法、意外と理にかなっているそうです。 実は、日本人の白髪って、黄色がかっているとのこと。

この白髪の黄ばみを解消して真っ白に見せてくれるのが 対照色である紫色なんですって。

昔は、白髪を美しく見せるために紫色に染めていたものが 今では『おしゃれ』として定着したのかもしれませんね。

20代の頃から白髪の多かった私。 おばあちゃんになったら、何色に染めているのかな? おしゃれでかわいいおばあちゃんに、なっていたいな…なんて思ってしまいます。

誰でも、加齢やストレス、遺伝などによって、多かれ少なかれ白髪になってしまうものです。 白髪になってから後悔するよりも、できるものなら若い頃から、予防しておきたいと思ってしまいますよね。

では、白髪って予防できるものなのでしょうか?

最近は、ヘッドスパなんていうものも浸透してきていて、サロンによっては 『白髪予防』を謳っているところもありますね。

これらのヘッドスパでは、ツボのマッサージで血行をよくしたり、 白髪予防の効果があるヘアトリートメントを使ったりして、白髪を予防、進行を抑えてくれるようです。

また、日頃から食生活に気を付けて、ストレスをできるだけ少なくしておくことも 白髪を増やさないことに効果があります。

常に髪の健康を心がけてちょっと気を使って生活するだけでも、白髪の予防には なるのかもしれませんね。

白髪って、年齢よりも更に老けて見えてしまうので、本当にイヤですよね。 白髪が増えてきてからは、私も定期的に髪を染めるようにしています。

以前は、美容院で染めていたのですが、最近は節約のために…と ちょっと面倒ですが、自分で染めています。

ところで白髪染めですが、大切な予定がある日の前にするのは、避けた方がいいようです。 『明日はきれいな髪で出かけたいから』と白髪染めをした私の友達は 白髪染めでかぶれて腫れてしまい、ひどい目に遭ったそうです。 もちろん、予定もキャンセル。

人によって市販の白髪染めは、合わない場合もあります。 天然成分の多いものや、アレルギー体質の人でも大丈夫なものを探して 必ずパッチテストをしてから、染めることが大切です。

私も、かぶれると怖いので、いつも同じメーカーの同じ種類のものを使い 予定のつまっていない日に染めるようにしています。

よく『白髪を抜くと増える』という話を聞きますよね。 私は、母が若白髪だったせいか、自分自身も20代後半ぐらいからは、白髪が生え始めました。

最初のうちは白髪を発見するたびに抜いていたのですが 白髪を抜くと増えると聞いてから、怖くて抜いていません。

白髪を抜いていちばん良くないのは、地肌を傷めてしまうというところだそうです。 確かに、無理やり髪を抜くわけですから、地肌は傷みますよね。

それから、一説によると、毛根からは1本ではなく、5本ぐらいの毛が生えているそうです。 白髪1本を抜くことで、他の黒い毛も抜け落ちてしまい 結果として黒い毛が少なくなってしまうそうです。

黒い毛が減れば、白髪が目立つようになりますから 白髪を抜くと増えてしまうというのも、まんざら嘘でもないかもしれませんね。

とにかく、白髪を発見したら、無理なことはしないように気をつけましょう。

髪の毛が白くなってしまう白髪。 白髪があると、とても老けて見えるので、なんとかして白髪を解消したいと考える人は 多いと思います。

髪に良いとされる海藻類などを多く摂ったり、生活習慣や食習慣を整えることは 髪の毛を美しく保つために、とても大切なことです。

ただ、仕事や育児など、毎日の様に忙しく暮らしていると どうしても自分のための食習慣にまで、目が届かないことは多いものです。

そこで便利なのがサプリメントです。

白髪の予防や改善のために必要な栄養素は、ビタミン類だと言われています。 ビタミン類や亜鉛、銅、ミネラルをバランス良く摂ることのできる サプリメントを選んで、不足している栄養素を補うようにしましょう。

また、細胞を若返らせてくれる栄養素を含んだサプリメントも 最近はいろいろなものが出ているので、利用してみてもいいかもしれません。

体の中から美しい髪にしていくことを心がけていきたいですね。

よく、苦労をすると白髪が増えるなんて言いますよね。 これは、まんざらウソでもないようです。

ほとんどの場合、白髪が増え始めるのは、30歳の半ばだと言われています。 50代にもなれば、髪の毛の大半が白髪だという人もめずらしくはありません。

ただ、白髪の原因には様々なものがあって、中にはストレスが原因となって 10代や20代の若い人でも、白髪が増えてしまう人もいます。

精神的なストレスを受け続けると、髪の毛に取り込まれて色をつけてくれる 色素細胞(メラノサイト)が弱まったり、消失してしまったりすることも あると言われているのです。

もちろん、生活習慣や食習慣の乱れなど、他にも白髪になってしまう原因は たくさんあることは確かです。

ただ、ストレスをためこんでしまうことも、白髪の原因の一つと覚えておいて 上手にストレス解消をしたり、気持ちをコントロールしていくように していきたいですね。

年齢と共に、白髪は増えてしまうもの。
子供や10代の頃には髪が黒いのは当たり前のように思っていたのに、
いつの間にか、白髪が増えてしまって驚いた経験は、誰でもあると思います。

もともと髪の毛は、頭皮の内側にある毛母細胞が作り出しています。
そして実は、髪の毛は最初は白いということ、ご存知ですか?

この、毛母細胞が作り出した白い髪の中に、色素細胞(メラノサイト)が作り出した
メラニン色素が取り込まれることで、黒い髪の毛になるのです

そして、髪の毛が繰り返し抜けるたびに、色素細胞(メラノサイト)は
失われていってしまうんです。

つまり、色素細胞(メラノサイト)が消失してしまうことが
白髪のメカニズムというわけですね。

病気や遺伝、加齢など、様々なことが原因で白髪になってしまうので
自分の白髪の原因を知ることが、まずは大切だと言えます。

髪の毛の色がどのように決定されるのでしょう。

髪の毛が生える仕組みは、毛細血管により運ばれた栄養分を毛乳頭で蓄え、
毛乳頭を取り囲んでいる毛母細胞が細胞分裂を繰り返し毛髪を作ります。

髪の毛の色が決まるのは、毛髪が生成される過程の中にあると言われております。
毛乳頭にあるメラサイトが作り出すメラニン色素が毛髪に入り込まれることにより、
色具合が決定されるのです。


毛母細胞が作り出す毛髪は最初は白髪であり、これにメラニン色素が入ることにより、
黒い髪がこの世に出てくるのです。

髪のライフサイクルの中で、メラニン色素が何らかの原因でバランスを崩し、
毛髪に色を付けることができなくなるようです。

アジア人の多くは黒髪ですが、アメリカ人やヨーロッパ人などは、
ブラウンや金髪が生えてきますが、全てメラニン色素によるものなのですね。

見た目や気持ち面でも、できれば白髪は防ぎたいものですね。

白髪は老化の象徴的なサインと言えますが、
黒い髪の中に白髪が混じっていると、非常に目立ちますよね。

いくら美しい黒髪で合っても、ポツポツある白髪のせいで、
見た目的にもスタイル的にもイメージダウンの印象を与えてしまいます。

この白髪を染めたいと願っている方々が多いのは当然と言えるでしょう。

さて、この白髪の原因はどこにあるのでしょう?
この原因の一つにメラニン色素の不足があると言われております。

メラニン色素は人体へ悪影響を与える紫外線を吸収し守ってくれるのですが、
髪の毛にもメラニン色素が含まれております。

メラニン色素は毛根の奥にある毛乳頭(メラノサイト)で作られるのですが、
さまざまな要因により生成機能が低下し、白髪が生えてしまうのです。

メラノサイトの機能が低下する原因として、
遺伝、老化、生活習慣、ストレスなど色々あります。

遺伝や老化は、自分でコントロールすることができないので、
食生活の改善やストレスを溜めないように心がけていくしかなさそうですね。