いくら染めても、またすぐに生えてきてしまう白髪。
美容院できれいに染めてもらっても、1~2週間もたつともう髪の根元が白くなってしまったりして、うんざりしてしまいますよね。

髪の根元だけとはいえ、白髪はやっぱり目立つものなので、放っておくことにも抵抗があります。
かといって、あまり頻繁に染め直すのも、髪や頭皮へのダメージが心配なもの。

そんな時には、リタッチをするようにしましょう。

自分で白髪を染める時に、毎回髪の全体を染めていては、やはり髪が傷んでしまいます。
全体を染める時期の合間には、髪の生え際や根元だけにカラーリング剤を塗るようにしましょう。

このリタッチだったら、まだ前回染めた部分のカラーが残っている部分に更にカラーリング剤を塗ることもないので、髪のダメージを最低限におさえることができます。

最初は難しいと思いますが、自分でできる部分はなるべくリタッチをするようにしましょう。

ある程度の年齢になると、どうしても白髪が増えてしまうものです。
多くの女性が、白髪染めの経験があることと思います。

美容院で染めたり、自分で染めたり、一度白髪を染めるようになると定期的に染めなければならないので、大変ですし、髪や頭皮への影響も心配ですよね。

自分で購入したカラーリング剤で白髪を染めようと思った時、頭皮がヒリヒリすることってありませんか?
傷などが無いのに、頭皮全体がヒリヒリチクチクするのは、カラーリング剤に含まれる成分の刺激に反応していることが考えられます。


ひんぱんに行う白髪染めですから、できればヒリヒリしない低刺激のカラーリング剤を使うようにしたいものです。
最近は、マイルドな植物染料や、ヘアカラートリートメントなども販売されているので、もし、頭皮の痛みが心配な場合は、このような低刺激のものを選ぶようにしましょう。

特に、ヘアカラートリートメントは、使い方も簡単なのでオススメですよ☆

最近は美容院ではなく、市販のカラーリング剤を買って、自宅で白髪を染める人も増えていると聞きます。
私も、費用が気になるので、美容院では毎回染めずに、普段は自分でカラーリング剤を買って染めています。

自宅で白髪染めをする人が増えているせいか、最近、店頭で見かけるカラーリング剤もずいぶんと種類が増えましたね。
いろいろなカラーリング剤があるので、どれを買おうかと迷ってしまったりします。


先日、初めて噂の泡のカラーリング剤を使ってみました。
クシを使うことなく、見えない部分にも泡がいきわたるので、とっても簡単。
くしゅくしゅともみこむようにして、泡を浸透させるだけです。

ただ、つけてからしばらく置いている間に、泡が液体になってたれてくるのが、ちょっと困りものでした。

手間がかからず楽にできるので、ちょっと忙しい時などには、いいかもしれませんね。
たれてくる液体で肌が染まらないように、クレンジングクリームは多めに塗った方がいいかも。

白髪の原因の多くは加齢だと言われています。
でも、他にも、ストレスや睡眠不足、食生活の乱れなどが原因になって、白髪が増えてしまうケースも少なくありません。

特に、食生活の乱れは白髪だけではなく、健康被害も招いてしまうので、気を付けたいところです。

白髪を改善したいと思ったら、良質のたんぱく質を積極的に食べるようにしましょう。
髪の毛は、アミノ酸というたんぱく質が主な成分となっています。
ですから、良質なたんぱく質を不足させないように、毎日きちんと摂ることが白髪改善への第一歩となるのです。


更に、サバやカツオなどの青魚を食べるようにしていると、頭皮の血行を良くして美髪になることが期待できます。
アーモンドやナッツ類などのミネラルや、ビタミンA、Eなども忘れずに摂取しましょう。

これらの食べ物をバランスよくきちんと食べるようにして、白髪の改善や美しい髪を育てる努力をしていくようにしたいですね。

null

白髪のケアって、面倒ですよね。
せっかく染めても2週間ほどで髪の根元が白くなりはじめ、次第に全体に白髪がちらほら目立ち始めてしまうので、頻繁に白髪を染めなければなりません。

美容院で染めずに、自分で染めることの多い私。
新聞紙を敷いて、ティッシューやビニール袋、手袋を用意して、合わせ鏡で丁寧に染めて…。
シャンプーしてお風呂から出てくると、もうクタクタです。

そんなに苦労して白髪を染めても、また短期間で色が落ちてきてしまうんですよね。

少しでもカラーを長持ちさせるために、最近は『カラーリングヘア用』のシャンプー、コンディショナーを使うようにしています。
洗髪後は、洗い流さないタイプのカラーリング用ヘアトリートメントも忘れずに。

これで以前に比べると、ほんの少しですがカラーが長持ちするようになったような気がします。

まったく、白髪に関する悩みは尽きません。



わりと若い頃から白髪が増え始めた私。
当然、白髪染めは欠かせません。

美容院に行けば、ムラなく塗り残しもなく、きれいに染めてくれるのは分かっているのですが、やっぱり料金が気になります。
そこで、普段は市販のカラーリング剤を買って自分で染め、何回かに一回は美容院で染めるようにしています。

でも、自分で白髪を染めると、なかなか上手に染まらないんですよね。
後ろや頭頂部、もみあげなど、見えなかったり塗りにくかったりする場所は、ついつい塗り残してしまったり。

また、カラーリング剤の種類によっても、染まらなかったことがあります。
きちんと多めの量のカラーリング剤を塗ったはずなのに、シャンプーしてみると、ほとんど色が入っていなかった時には本当にガッカリしました。

マニキュアでなく、白髪染め剤を使っているのに染まらないと、どうして?と思ってしまいますよね。
髪との相性とかあるのでしょうか?

私の場合、二つの液を混ぜ合わせて塗るタイプがいちばんしっかり染まります
逆に、泡タイプはほとんど染まらないんですよね。

この先も終わることの無い白髪ケア。
試行錯誤が続きそうです。

白髪は、老けて見えるので、とても嫌ですよね。
美容院に行って染めると費用がかかるし…と、市販のカラーリング剤を買って自分で白髪を染めている人も多いと思います。

ただ、カラーリング剤の中には、キューティクルを開いてしまって髪を傷めてしまうものや、頭皮をかぶれさせてしまう成分を含むものもすくなくありません。
長い間、染め続けることで、髪質が悪くなったり頭皮に異常が現れたりすることもあります。


利尻ヘアカラーは、無添加の白髪染めトリートメントです。
天然の利尻昆布に含まれるフコダインの効果で髪にツヤを与えながら、白髪をきれいに染めてくれます。

マニキュアタイプのヘアカラーなので、髪を傷めることなく、マイルドに染めることができるのも、うれしいですね。
使い方も普段のトリートメントと同じなので、とっても簡単です。

自然派にこだわった利尻ヘアカラーで、髪をいたわりながら、美しく染めてみませんか?

『髪は女の命』なんて、昔から言われていましたね。
確かに、黒くて美しい髪は、永遠に女性のあこがれです。


でも、男性でも髪に悩みを持っている人はたくさんいます。
特に、白髪と薄毛は、男性でも老けて見えるのでできるだけ改善したいと思っている人は多いことでしょう。

特に、毎日のように仕事でストレスを抱えている男性は、加齢だけではなく毎日のストレスが原因で白髪が増えてしまう人も多いのです。
いくら男性とは言っても、白髪頭をそのままにしておいては、やはり人からの印象も悪いものになってしまいますよね。

最近は、男性向けの白髪染め剤もいろいろなものが出ています。
女性用の白髪染め剤では抵抗があるという人も、これらの男性用白髪染め剤を利用して、髪をきれいに染めてみるのもいいかもしれませんね。

また、タバコやアルコールを控えたり、食生活を整えることも、白髪がこれ以上増えないようにするためには大切なことです。
普段から心がけていきたいですね。

髪の悩みの上位に入るのは、やっぱり白髪と抜け毛でしょうか。

主に加齢と共に目立つようになる、白髪と抜け毛。 どちらも、深刻な悩みですよね。


白髪が増えてきたからと、白髪染めをして目立たないようにしている人は、多いと思います。 白髪染めに使うカラーリング剤は、肌の弱い人はかぶれやすくなったり、髪の毛がパサパサになってしまったりすることもあります。

では、白髪染めがもとで抜け毛が増えるということはあるのでしょうか?

確かに、カラーリング剤は肌の炎症を招いたり、キューティクルを開いて髪質を悪くしてしまったりすることはあります。
ただ、髪の毛を作っている毛根にまでカラーリング剤が浸透することはないので、カラーリング剤が抜け毛の直接の原因になるとは考えにくいようです。

とは言っても、頭皮がかぶれたり髪があまりにも傷む場合には、カラーリング剤の使用を控えたり、種類を変えたりする必要はあるかもしれません。
自分の髪の状態を見ながら、白髪のケアをするようにしたいですね。



女性だったら誰でも、美しい黒い髪にあこがれるものですよね。
でも、残念ながら加齢やストレスによって、白髪が生えてきてしまう人は多いものです。

白髪を隠すためにいちばん多い方法としては、やはり染めるという方法ですよね。
美容院で定期的に染めたり、カラーリング剤を購入して自分で染めたり。

自分で髪を染めるのは、美容院よりも費用がかからなくていいのですが、どうしても髪や皮膚へのダメージが心配なものです。

カラーリングは、種類によってはキューティクルを破壊してしまうものや、地肌をかぶれさせてしまう成分が入っているものも少なくありません。
自宅で白髪を染めたら地肌が荒れてしまったという経験談も耳にします。
敏感肌の人は、特に、市販の白髪染めには注意が必要です。

どうしても自分で染めたい場合は、トリートメントタイプのものを選ぶのも、一つの手段ですね。 毎日のシャンプー後にトリートメントとして使うだけなので、難しくなく、マイルドに白髪を染めてくれます。

白髪染めも、自分の体質に合ったものを選ぶことが大切です。