髪に一本でもまざっていると、とても目立つ白髪。
目立つ上に老けて見えるので、私は白髪を発見するとはじから抜いていました。

でも、それってとってもいけないことだったようです。


白髪を抜き続けていると、毛乳頭という髪を作っているところの働きが弱くなってしまうそうです。 その結果、今度は薄毛の原因になってしまうとか。

これはマズイですよね。
白髪の上、薄毛だなんて、私の女性としての髪人生、この先どうなってしまうの?っていう感じです。

とにかく白髪をなくしたいと思ったら、根元からはさみで切るのがいちばんいいそうです
血行がよくなるように頭皮のマッサージをすることも効果があるそうですよ。

私はすでに、はさみで切っていられるような白髪の量ではないので、定期的に染めていますが…。
これもきちんとケアしていかないと、頭皮を傷めることになりそうですね。

白髪のケアは、お互い気を付けましょうね☆



加齢やストレスが原因で増えてしまうと言われている白髪。
確かに、40歳を過ぎると急に白髪が増え始める人が多いようです。

ただ、白髪の原因は加齢だけではなく、食生活にも大きなかかわりがあるようです。

たとえばアルコール。
お酒やコーヒーをたくさん摂取する人は、白髪になりやすいと聞きます。

私も、お酒が大好きで、若い頃からよく職場の仲間や友達と飲みに行っていました。
もちろん、20代の後半には白髪がチラホラ。

やっぱりアルコールも原因の一つだったのかなあと思わざるをえません。

一度白髪になってしまった髪は、メラニン色素がなくなってしまうため、もとの黒髪に戻ることができないそうです。
もっと早く、白髪についていろいろと勉強しておけば、私の白髪もここまで増えずに済んだかも…と思ってしまいます。

今からでも遅くないと信じて、アルコールはほどほどに、バランスの取れた食事を心がけたいと思います。

 

20代の頃から白髪がチラホラと生えはじめていた私。
今では、生えてくる髪の毛のほとんどが白髪なのではないかと思うくらい、白髪の量が増えてしまいました。

当然、白髪染めは欠かすことができず、定期的にカラーリングをしています。

そんなふうに白髪染めばかりに頼っていると、どうしても気になってくるのが髪の傷み。
もっと根本的に白髪を改善することも必要…と思う今日この頃。


白髪に効果のある食べ物として、ナッツ類があるそうです。

髪を黒くするのに必要なメラノサイトは、カルシウムによって活性化されるんだそうです。
ですから、カルシウムを多く摂ることは、白髪の改善にも効果があるということになります。

小魚や大豆、乳製品などは、カルシウムを多く含んでいますが、中でも普段簡単に摂れるのはナッツ類です。
ちょっと小腹がすいた時にナッツ類を食べれば、カルシウムを補給することができますし、スナックなどを食べるよりも身体にいいですものね。

持ち運びに便利で、出先でもつまめるナッツ類は、これから必需品になりそうです。

私は典型的な夜型人間です。

夜にならないと、何事もやる気が起こらず、子供が寝た後はいきいきと仕事をしたり、ネットを見たり。 気が付くと、深夜番組を見つつ、午前1時を過ぎてしまっている…なんていうことも、よくあります。

でも、夜更かしって、白髪が増えるそうですね

一般的に言われる、美のためのゴールデンタイム。
午後10時から午前2時までの間は成長ホルモンが分泌される時間帯なので、ぐっすり眠っているのが、美容と健康のためにいいという話は有名です。


これは、髪にも当てはまるようで、この時間帯に毛母細胞が生まれ変わるんだそうです。
ですから、この時間帯に眠っていないと、美しい髪は生えにくく、白髪も増えてしまうとのこと

やっぱり、いろいろな面から考えても、夜更かしは良くないんですねえ。
これから年齢を重ねるにしたがって、ますます肌も髪も老化が進むわけですから、私もそろそろ夜型体質を改めていきたいと思います。

20代の頃から白髪が生えはじめ、今では定期的に染めずにはいられないほど白髪が増えてしまった私。
美容院に行ったり、自分で染めたりと、わりとこまめに白髪を染めています。

ただ、長いこと白髪を染め続けてきたせいか、最近、髪の傷みが激しいんですよね。
パサパサしてしまって、つやも無く、やっぱりこれはひんぱんに髪を染めたことが原因かなと思うんです。

できればカラーリング剤を使わない方法で、白髪をなんとかケアしたいと思うようになった今日この頃。

最近は、白髪をケアするためのサプリメントなんかもあるみたいですね。
先日ネットで見かけたのは『ブラックサプリ』というもの。


シジミやカキ、根昆布などが凝縮されて含まれているので、髪を黒くつやつやにしてくれるそうです。
他にも、アミノ酸や亜鉛、クロムなど、髪にいい効果を与えてくれる成分がたっぷり入っているとのこと。

天然の成分なので、安心して毎日飲めそうですよね。

効果がどれほど出るものなのか?
まだまだ私には未知の世界ですが、とっても気になるサプリメントです。

前回、白髪の原因は年齢によって異なるというお話をしました。
今回もその続きです。

40代で生えてくる白髪について。
40代で生える白髪の原因としては、まず加齢が挙げられます


これまでは白髪は数本だったと言う人も、40代を過ぎると途端に白髪が増えてくる場合が少なくありません。
これはやはり、加齢が原因のものだと言えます。

また更年期障害によってホルモンのバランスが崩れ、その結果白髪が増えてしまうということもあるようです。
もちろん、職場で責任のある仕事を任されたり、子育てに悩んだりと、若い頃よりも更にストレスがたまりやすい生活を送っている人も多いことでしょう。

40代で生えてきた白髪は、なかなか減らすことは難しいのが現実です。
市販のカラーリング剤や、白髪染めトリートメント剤などを上手に使って、白髪を隠すようにしていくのも一つの手段です

たっぷりの睡眠とバランスの取れた食事など、生活習慣を正しくしていくことがまずはいちばん大切です。

髪の毛が白くなってしまう白髪。 見た目は同じ白髪でも、その原因は年齢によって違うものです。

たとえば、20代で生えてくる白髪は加齢が原因ではありません
ほとんどの場合、遺伝やストレスによるものが多いと言われています。


親が白髪が生えるのが早かったと言う人は、自分も早めに白髪になる傾向があるようです。 また、仕事や人間関係でストレスをためがちな人も白髪が生えやすくなります。

もう一つの原因としてよくあるのが、無理なダイエット。
痩せたい、美しくなりたいという願望の多い20代の女性は、ついつい無理なダイエットをしがちです。
厳しい食事制限を続けていると、身体に必要な栄養素が不足してしまいます。

その結果、髪にも栄養が行きわたらなくなり、髪を黒くしてくれるメラノサイトが減少してしまうのです。

美しい髪をキープするためにも、ストレス解消を上手にして、栄養バランスのとれた食事を心がけるようにしたいですね

白髪を染めるために、毎回美容院に行っていると、やっぱりどうしても気になるのが料金ですよね。
私も、毎回美容院で染めてもらうとお金がかかってしまうので、時々自宅で市販のカラーリング剤を使って染めています。

自分で白髪染めをすると、色ムラが出たり、持ちが悪かったり、なかなか上手にできないんですよね。


そんな自分で染める白髪染めのコツがいくつかあります。

まず、髪の毛を小分けにブロックして、少しずつ丁寧にカラーリング剤を塗っていくこと。 髪の根元や頭頂部は、染めるのが難しいので、なるべくきめ細かく塗りましょう。

塗り終わってしばらく放置しておく間は、髪の毛全体をラップで包んでおくときれいに染まります。

また、洗い流す前のひと手間として、洗面器などにぬるま湯をためて髪をもみこむと、色ムラが出にくく、カラーの持ちも良くなるそうです。
このことを『乳化』といって、美容院でも行っていますよね。

少しずつの手間で、自宅でもきれいに白髪を染めることができます。
節約しつつもプロ並みに染められるようになりたいですね。

美容院で白髪染めをしようと思うと、どうしても費用がかかるので躊躇してしまいますよね。
かと言って、自分で市販のカラーリング剤を使って染めると、髪が傷んでパサパサになってしまうし…。

そんな白髪染めに、トリートメントタイプのものが登場しました。
レフィーネは、驚くほどつやつやになる白髪染めトリートメントです。


頭皮の肌荒れを予防してくれるダメージケア成分や、高麗人参エキス、天然フルーツエキスがたっぷり含まれているので、髪を傷める心配がありません。
また、お風呂で普通のトリートメントと同じように髪になじませて洗い流すだけなので、手間も時間も取ることがなく、とても簡単なんです。

髪の生え際も自然に染めてくれるので、染めた部分と染まっていない部分との差が分からないのもいいですね。

レフィーネで白髪を染めて、つやつや髪を手に入れてみませんか?

白髪が目立つと老けて見えるものです。 私も白髪ができるだけ目立たないようにと、定期的に白髪を染めています。

普段は自分で染めつつも、時々美容院で白髪を染めてもらっています。
美容院で染めるとしっかりと染まるし、白髪が目立たなくなるのですが、一週間もすると、新しく生えてきた髪の根元が白くて、がっかりしてしまうことがあります。

生え際の白髪は、意外と目立つものなので、忘れずにチェック、ケアをしていきたいものです。


最近では髪の全体を染めなくても、ペンタイプのカラー剤や、トリートメントタイプのカラー剤も出ています。

出かける前にちょっと塗るだけで白髪が見えなくなるペンタイプのもの。
毎日のシャンプー後にトリートメントするように髪につけて洗い流すだけのタイプのもの。

これらのカラー剤を使えば、手間がかかることもなく、髪も傷みにくいので、白髪染めの合間の期間に上手に利用したいと思います。