白髪って、本当に嫌ですよね。
数本あるだけで実際の年齢よりも老けて見えてしまうので、できれば解消したいもの。

そんな白髪のケアに、オリーブオイルを使ったマッサージが効果があるという話は、よく耳にします。
オリーブオイルと同じように、アロマオイルを使っても、白髪には効果が期待できるそうです。

髪に効果のあるアロマオイルには、イランイランやカモミール、クラリセージをはじめとして、たくさんの種類のものがあります。

香りのいいアロマオイルで頭皮をマッサージすれば、心も癒されてリラックスできますよね。
好きな香りや効能を考えて、オリジナルにブレンドしてみてもいいみたいです。

ただ、アロマオイルには注意したい点などもあるので、きちんと調べて自分の髪質や体質に合ったものを選ぶことが大事みたいです。

髪を傷めずに白髪のケアをして、ツヤのあるきれいな髪をキープしたいですね。



若い頃から白髪に悩んできた私。

美容院で染めてもらうと費用がかかるので、市販のカラーリング剤を買ってきて自分で染めることが多いのですが。
とにかく、白髪を染めると髪が傷むんですよね。

染めてもすぐに白髪が生えてきてしまうので、ひんぱんに白髪染めを繰り返した結果、髪はパサパサに。
毎回髪の毛全体を染めていると髪が傷むので、新しく生えてきた部分だけに染めるようにしていました。
でも、部分染めって自分でやると意外と難しい。

カラーリング剤を付けたい白髪には付かず、黒髪の部分に付いてしまったりして…。

そこで最近は美容院で部分染めをしてもらっています。
部分染めだったら、全体を染めるよりも費用もかかりませんし、きめ細かく白髪部分だけに塗ってもらえるので安心。

逆に、何回かに一度の全体染めは、自分でしています。
全体染めは、それほど難しくないし美容院でお願いすると費用がかかっちゃいますからね。

普通の人とは反対かもしれませんが、私にはこのペースが合っているみたいです。



出がけに思いがけず白髪を発見したことってありませんか?

まだ次の白髪染めまでは大丈夫…なんて安心していたら、こめかみや生え際に目立つ白髪を見つけてしまったりすることって、よくあると思うんです。
これから白髪を染める時間もないし…そんな時に便利なのが『ダーリングカラースプレー黒彩』です。

この『ダーリングカラースプレー黒彩』は、スプレータイプの白髪染めです。
気になるところにシュッとスプレーするだけで、白髪があっという間に目立たなくなるんです。
自然な色合いで、周りの髪の毛からも浮くことがありません。
カラーも5種類用意されていて、自分の髪の色に合わせて選ぶことができるのもうれしいですね。

ただ、洋服などについてしまうと落ちませんから、肩にタオルをかけるなど、注意して使うようにしましょう。

忙しい時の白髪隠しに『ダーリングカラースプレー黒彩』はオススメです☆



誰でも髪に1本でも白髪が混じっていると、嫌な気分になるものです。
老けて見えるので、少しでも早く隠したい…と思ってしまうものですよね。

白髪を抜くと増えるという言葉はよく耳にしますが、実際には白髪を抜いても増えるということはありません。
ただ、白髪を抜くことで、毛根を傷めてしまい、繰り返すうちに毛根が死んでしまうんです。
死んでしまった毛根からは二度と髪の毛が生えて来ないので、薄毛になってしまう危険があるんですね。

白髪から薄毛へなんて、とんでもない話ですよね。
ますます老けて見えるようになってしまいます。
どんなに気になっても、白髪を抜くことは絶対にやめましょう。

それよりも、黒ゴマや海藻類などの髪に良い食べ物を積極的に食べて、睡眠をたっぷり取るなど、身体の中から白髪を改善するような生活を心がけましょう。



20代の後半から白髪が生え始めた私。
最近ではもう全体に染めないと、とても隠しきれる量ではなくなってしまいました。

長い間白髪を染め続けてきたせいか、最近私の髪はパサパサ、ずいぶんと傷んできてしまいました。
これ以上髪を傷めないために、染めることに頼らず、根本的に白髪を少しでも減らすように生活を改めないといけないかなと思い始めた今日この頃。

白髪を解消するためには、まずはバランスの取れた食事
ミネラルを始めとした髪にいい成分を含む食べ物を積極的に摂る必要があります。
そして、頭皮のマッサージや、適度な運動をして血行を良くすることも、大切とのこと。

つまり生活の一部だけではなく、いろいろな部分をきちんと整えていかないと、なかなか白髪って改善できないんですよね。
とても大変だけど、健康のためにもいいことと考えて、がんばろうと思います。



女性だったら、誰でも痩せて美しい体型をキープしたいと思うものです。
最近は、とにかく『痩せていることが美しい』と思い込んでしまい、過度なダイエットをする女性も増えているようです。

でも、痩せたいからと言って、必要最低限の栄養素を摂れなかったり、栄養バランスが崩れてしまったりするダイエットはNGです。
極端なダイエットを続けると、美しい髪に必要とされるミネラルをはじめとした栄養素が不足し、白髪などの原因にもなりかねません。

食べる量を減らすだけがダイエットではありません。
普段から軽い運動をしたり、こまめに身体を動かしたりすることでも、カロリーは消費されますし、運動をして血行がよくなれば白髪が改善されることも期待できます

過度なダイエットよりも、バランスの摂れた食事と適度な運動を習慣にしたいものですね。



みなさん、白髪染めってだいたいどれくらいの頻度でやっていますか?
せっかくきれいに白髪を染めても、2週間もたつともう、根元の部分が伸びてきて白くなってしまって、ガッカリしてしまうこともあると思います。

根元の白髪って、ちょっと髪をかき分けたりしたときに、とても目立つものです。
中にはこまめに白髪を染め直している人も、多いと思います。

とは言え、毎回毎回髪の毛全体を染めていては、髪が傷みやすくなってしまいます。
全体を染めるのは、2カ月に1回ほど、あとは2~3週間に一度ぐらいの割合で、生えてきた髪の根元だけを部分染めするのが、髪にも負担が少なくすみます。

最近は、トリートメントタイプのものなど、毎日使っても大丈夫な製品も増えてきています。

髪を必要以上に傷めないように、全体の染め直しはあまりひんぱんに行わないようにしましょう。



誰でも簡単に、リーズナブルに白髪を染めることができるカラーリング剤。
最近は、色のバリエーションも豊富になって、白髪染めを家庭でする人が増えていると思います。

そんな手軽な白髪染めですが、カラーリング剤によっては、アレルギー反応を起こしてしまう成分を含むものもあります。
頭皮がかゆくなったり赤くなったり、ひどい時には呼吸困難まで引き起こしてしまうことのあるアレルギー。
そんなトラブルを回避するためにも、カラーリング剤のパッチテストは必ずするようにしましょう。

腕などの皮膚に、使おうと思っているカラーリング剤を少しだけ塗ります。
2剤使うものは2剤混ぜて、腕に塗ります。
それから2日間の間、皮膚に何も変化がなければ、髪を染めてもまず大丈夫ですが、もしかゆみやかぶれの症状が出てしまったら、そのカラーリング剤を使うのは控えましょう。

いつも使っているカラーリング剤でも、体調によってはアレルギー反応が出てしまうことがあります。
白髪を染めようと思ったら、毎回必ずパッチテストをするようにしたいですね。



せっかく白髪をきれいに染めても、2~3週間もたつと髪が伸びてきて、髪の根元や生え際に白髪が目立つようになってきてしまいますよね。
目立つからと言って、頻繁に髪の毛全体をカラーリング剤を使って染めてしまうと、髪がすぐに傷んでしまいます。
髪全体を染めるのは1カ月から2カ月に一度とし、その合間には、部分染め(リタッチ)をするようにしましょう。

もし、家庭で自分で部分染めをしようと思ったら、クリームタイプのカラーリング剤が向いています。
このタイプは、溶剤がクリーム状で液だれしにくく、髪の先など染めたくない部分に溶剤が付くことを防ぐことができます。
付属のハケで、髪の根元や生え際など、染めたい部分に叩き込むようにカラーリング剤を塗っていきましょう。

できるだけ避けたい白髪染め、使う時には髪が傷まないように丁寧に行いたいですね。

 



40歳近くになると、急に増え始める白髪。
白髪の量が増えてしまうと、やはり染めるしか方法はありません。

ただ、まだ一部分だけにしか白髪が生えていなかったり、髪の内側など比較的目立たない場所に白髪が生えていたりという程度であれば、急いで染める必要は無いかもしれません。

白髪染めに使われるカラーリング剤には、髪を傷める成分を含むものも少なくありません。
できればカラーリング剤はあまり使わずにいたいもの。

それほど多くない白髪であれば、髪の乾燥をケアするだけでも目立たなくさせることができます。
髪が乾燥してパサパサだと、どうしても白髪が目立ってしまいます。
髪用の美容液を使ったり、ヘアオイルを使ったりすることで、髪のパサつきをおさえてあげましょう。

髪を必要以上に傷めないためにも、カラーリング剤を使うのは最後の手段と考えるたほうがいいですね。