ようやく涼しくなって、秋めいてきましたね。
これからの季節『海のミルク』と呼ばれるカキが、おいしくなります。

そんなカキですが、実は、美髪や白髪予防に効果があるんです。

カキには、亜鉛や良質なたんぱく質がたっぷり含まれています。
この亜鉛は、皮膚や毛髪を形成するのに必要な成分なので、たくさん摂ることで、美髪になることが期待できるんですね。

普段の食生活から亜鉛をたくさん摂るのって、けっこう難しいんです。
カキだったらおいしいし、フライや炒め物などいろいろな調理法があるので、おいしく亜鉛を摂ることができます。

貝類にはほかにも亜鉛を多く含むものがあるので、季節によって上手に食生活に取り入れて白髪を予防していきたいものです。
白髪を染めるばかりではなく、食べ物で上手に改善していければ、健康のためにもうれしいですね。



女性には、妊娠、出産、育児という、身体も心も変化する大きな経験があります。

妊娠や出産のホルモンバランスの崩れや栄養不足、ストレスなどが原因で、一気に白髪が増えてしまう人も多いようですね。

たとえ無事に赤ちゃんを出産しても、その後の育児は更に大変です。
昼も夜もなく赤ちゃんのお世話をし母乳をあげ…。

そんな時期に白髪を染めたりケアしたりする余裕はなかなかありませんよね。
しかも、疲れやストレスで体力が落ちている時期に白髪染めをしたりすると、頭皮のトラブルやアレルギーを起こしかねません。
母乳を与えている時期は、白髪にいいとされているサプリメントなども、できるだけ避けたいもの。

ちょっとつらいことですが、ある程度育児が落ち着いて、赤ちゃんとの生活に慣れるまでは、白髪のことをそれほど気にしないようにする方がいいかもしれません。
ほんの短い時期『お母さん』になりきって、赤ちゃんとの時間を大切にしたいですね。



私は、コーヒーが大好きです。
朝、昼、晩と、一日3杯から4杯もコーヒーを飲む日もめずらしくないほどです。

でも、実はコーヒーの飲み過ぎは、あまり髪に良くないそうですね。
コーヒーに含まれているカフェインは、血管を収縮させてしまうので、髪の毛に必要な栄養が行きわたらなくなってしまうとか。

頭皮の血行が悪くなるのは、白髪が増える原因の一つとも言われているくらいです。
白髪がどんどん増え続けている私ですから、やっぱりコーヒーのこの影響は無視できない感じですよね。

毎日コーヒーを飲まないと落ち着かないくらい、生活の一部になっているのに、ちょっと残念な気持ちです。
でも、きれいな髪の毛のために、コーヒーは少し控えていこうかなと思います。
コーヒーに代わる、髪にいい食べ物や飲み物を探してみようかな。



髪の悩みを持つ人は、多いと思います。
白髪や抜け毛、パサパサに傷んだ髪…。
つやつやとした美しい髪をキープするためには、日頃のヘアケアが大切になってきます。

特に白髪は、頭皮を乾燥させてしまうことで、更に増えてしまうこともあるので、頭皮の保湿を心がけるようにしましょう。

髪を洗った後、濡れたままの状態でいることは、髪や頭皮に負担がかかるのでドライヤーで乾かすことは基本です。
ただ、あまり長時間ドライヤーを使い過ぎると、髪を傷めたりする原因になりかねません。

髪の根元や頭皮を乾かすように、髪をかきわけるようにしてドライヤーの風をあて、8割方乾いてきたと思ったら、ドライヤーの使用をやめるようにしましょう。
そのあと、頭皮の水分をキープする美容液などを塗っておくのも、効果的です。

白髪をはじめとする髪の悩みを少しでも解消するために、日頃から丁寧なヘアケアを続けるようにしたいですね。

 



白髪って、一度生えてしまうとなかなかもとに戻るものではないので、困りますよね。
白髪を隠すために、白髪染めで染めるばかりでは髪は傷む一方。
できれば、食べ物や体質の改善で、白髪を減らすように心がけたいものです。

即効性はないかもしれませんが、頭皮のマッサージやツボ押しは、白髪の改善に効果があると言います。
頭にはたくさんのツボがあって、髪の成長を促すツボや老化を抑えるツボなどもあります。
これらのツボを上手に刺激したり、頭皮全体のマッサージをすることで血行を促したりしてみましょう。

私は、美容院に行く時にはカットと合わせてスカルプマッサージをお願いしています。
美容師さんが丁寧にマッサージしてくれるだけで、頭皮がポカポカして、とても気持ちよくなります。
普段はシャンプーで髪を洗う時にマッサージするようにしています。

ふだんから頭皮をやわらかく保って、美しい髪が生えてくるようにがんばりたいです。



白髪を染め続けて、もうかなりの年月がたちました。
私は美容院で毎回染めるとどうしても費用がかかるので、ほとんど自分で染めています。

でも、市販の白髪染めで染め続けてきたので、髪がかなり傷んできちゃったんですよね。

いろいろ調べて『サロンドプロ ヘアマニキュア スピーディ』という商品が評判良かったので、使ってみました。
これまで私の白髪は、ヘアマニキュアではなかなか染まらなかったんですよね。
半信半疑ながらも、これ以上髪が傷むのも心配だったので、ダメもとで試してみたんです。

で、結果から言うと、わりと満足いく程度に髪が染まりました。
マニキュアは地肌につくと落ちなくなってしまいます。
少しブラシを浮かすように塗ったので、白髪の根元は少し白いのですが、目立つほどではありません。
塗った部分にはきちんと茶色くコーティングされて、つやつやです。

あとは、色の持ちですね。
2週間くらい持てば、しばらくはこのマニキュアを使ってみてもいいかな。



せっかく白髪を染めても、しばらくたつと生え際やこめかみの部分がちらほらと白くなってしまったりして…。
少し白髪が生えてくるたびに、すぐに白髪染めをしていては、髪や地肌へのダメージが心配ですよね。

そんな部分的な白髪を隠すのに最適なのが『利尻白髪隠し』です。
『利尻白髪隠し』は、スティックタイプで、先は筆状になってします。
ノック式なので、出かける前の忙しい時間にも準備いらず、手を汚すことなく手軽に染めることができます。

生え際や分け目部分にササッと塗るだけ、あとは洗い流す必要もないので、とても簡単☆
白髪染めと白髪染めの合間の時期には、この『利尻白髪隠し』を使えば、髪や頭皮への影響も減らすことができます。

天然利尻昆布エキス配合なので、髪や頭皮に優しく、安心して使えます。
『利尻白髪隠し』で、ツヤツヤな髪をキープしましょう。



白髪が生えてくると、カラーリング剤を使って染める人が多いと思います。
最近は、市販のカラーリング剤も様々なカラーが用意されていますね。

カラーリング剤で染めれば、きれいに白髪を染めてくれて便利なのですが、やはり髪の傷みが心配。
カラーリング剤をひんぱんに使うと、地肌や髪を傷めてしまうので、できるだけ回数は少なくしたいものですよね。

白髪を染める回数を減らすためにも、染めた色を長くキープさせるようにしましょう。
シャンプーは、髪や地肌に刺激が強いので、できるだけマイルドなものを選び、一日に一回までとします。
また、ドライヤーは低めの温度で時間をかけて乾かし、そのあとの頭皮の保湿を忘れずに。
頭皮マッサージで血行を良くすることも、頭皮の保護になります。

毎日のケアをきちんとして、きれいに染まった色をできるだけ長持ちさせるようにしましょう。



少し年配の男性は、白髪は染めなくても気にしないという人が多いようですが、最近の若い男性は白髪を気にする人も増えているようですね。
この頃は、男性用の白髪染めにもいろいろなものが登場しています。

『メンズビゲン カラーリンス』は、シャンプーで髪を洗った後に髪になじませるだけ。
わざわざ白髪染めのための準備をする必要もないので、忙しい男性でも白髪染めを簡単にすることができます。

普通の白髪染め剤を使うと、薄毛や抜け毛の原因にならないかと心配している男性もいると思います。
この『メンズビゲン カラーリンス』だったら、髪や頭皮をいたわりながら白髪を染めてくれるので、安心ですね。
一気に色を入れるのではなく、少しずつ白髪が目立たなくなっていくので、見た目が大きく変わることに抵抗がある男性にもオススメです。

これからは、男性も白髪をケアする時代ですよ☆



ある調査を見ると、ちょっとおもしろい結果が出ていました。
白髪が生えてくると、『老けて見えるから染めたい』と思う女性がほとんどなのに対し、男性はあまり染めたくないようです。
『面倒なことはしたくない』『染めてもそれほど印象は変わらないと思う』など、理由は様々の様ですが、多くの男性が白髪をわざわざ染めようとは思わないようです。

確かに、白髪を染めるのって、かなり手間ですし印象もガラッと変わってしまいますから、男性にとっては気が進まないのかもしれません。

そんな白髪を染めずに目立たなくするためには、ハード系の整髪料で髪をがっちり固めてしまうことだそうです。
黒い髪と一体化させてしまうことによって、白髪が見えにくくなるとのこと。

白髪頭で、ぱさぱさとだらしなくしていては、見た目にあまりいい印象を持たれませんものね。
白髪もおしゃれのうちと考えて、清潔感だけはきちんと意識しておきたいものですね。