白髪を染めたいけれど、髪が傷まないか心配。
今使っているカラーリング剤では、白髪がなかなか染まらない。

自宅で白髪を染めている人は、様々な悩みを抱えていると思います。
そんな悩みを解消してくれるカラートリートメントが、DHCの『Q10美容液 カラートリートメント』です。

このカラートリートメントには、コエンザイムQ10が配合されているので、髪をただ染めるだけではなく、ハリやツヤも与えてくれるんです。
毎日のシャンプーの後に、このトリートメントを塗って10分ほど放置。
あとはきれいに洗い流すだけでいいんです。

これだけで染めにくい生え際の白髪もきれいに染めて、更に髪を美しく健康な状態に保ってくれるんです。
カラーは全部で3色そろっているので、好みの髪色に染めることができるのもうれしいですね。

これからの白髪染めは、髪を優しく染めてくれるものを選ぶようにしましょう。



最近の日本は、初産の年齢がどんどん上がっていると聞きます。
女性も、男性並みに社会に進出して仕事をバリバリこなしていると、子供を産む時期もどうしても遅くなりがちですよね。

高齢出産の人が増えるとともに、以前には無かったような事に悩まされる人も増えているようです。

その悩みとは『白髪』です。
20代で出産していた人達と違って、30代から40代で出産をする人達の中には、白髪が生え始めている人も少なくありません。

『たかが白髪』とは言えません。
女性にとって、白髪は大敵ですものね。

でも、赤ちゃんがお腹にいる状態でカラーリング剤を使ってもいいのか、何か悪い影響は無いのかと悩む人がとても多いんです。

妊娠期間は10カ月。
そんなに長い間白髪を染めずにいるなんて…と気が重くなってしまう人が多いのも理解できます。

今のところ、カラーリング剤と胎児との関係はまだはっきりと分かってはいないようです。
どうしても染めたいと思ったら、まずはかかりつけの産婦人科医師に相談してみましょう。



カラーバリエーションが豊富で、自分好みの髪色に仕上げることができる、市販のカラーリング剤。
最近は、ドラッグストアなどでもいろいろな種類のものが扱われているので、好きなカラーリング剤を選びやすくなりましたね。

美容院で染めるよりも節約にもなるのですが、自分で白髪を染めていると、なかなかうまく行かないこともありませんか?

私はいつも、生え際やこめかみの白髪が上手に染まらないのが悩みです。
はねてしまう部分などは、特に染まりにくくて、いつまでも髪が白いままで苦労するんですよね。

そんな染まりにくい部分には、コットンやティッシューにカラーリング剤を塗って、貼っておくと上手に染まるそうです。
カラーリング剤が白髪に密着するので、きちんと白髪が染まるそうです。

さっそく私も次回の白髪染めの時に、この方法を試してみようと思います。



市販のカラーリング剤を使って自分で白髪を染めようと思った時に、どんなふうに染めたらいいか悩むことって、ありませんか?
美容院で白髪を染めてもらうと、雑誌を読んだり美容師さんとしゃべったり、何気なく染めてもらっているので、どんなふうに白髪を染めているのかあまり見ることがありませんよね。

いちばん気になるのは、髪の毛のどの部分から染めるかの順番だと思います。

基本的に、新しく白髪が生え始めてきた根元部分や、白髪の多い部分から染め始めるようにしましょう。
それほど差が無い場合には、襟足や耳周りなどを先に染め、後ろから前へという順番に染めると、色ムラが出にくく、きれいに染まります。

白髪が多い部分などは、先に塗っておいた方が放置時間が長くなるので、上手に染めることができます。

髪質によっても染まりやすさが違ってくるので、放置時間は自分の髪に合った時間を見つけておくといいですね。



自宅で簡単にリーズナブルにできるので、市販のカラーリング剤は人気があるようですね。
最近は、とても多くのカラーバリエーションが用意されているので、自分好みの髪色に仕上げることも難しくはなくなりました。

ただ、中には『思った通りの髪色にならなかった』という人もいるのではないでしょうか。

特に多い悩みが、白髪染めをしたら髪が赤みがかってしまったというもの。
明るい茶色にしたいと思って選んだカラーリング剤で染めた結果、赤い髪になってしまったということは、よくあるようです。

髪質によって、カラーリング剤のカラー表示とは違った仕上がりになってしまうのは、よくあること。
自分の髪質、髪色を良く知った上でカラーリング剤を選ぶようにしましょう。

いちばんいいのは、補色を選ぶということ。
補色とは、反対色のことです。
赤っぽい髪の人はグリーン系を、黄色っぽい髪の人はパープル系を選ぶようにしましょう。
補色は、元の色を抑えてくれるので、ちょうどいい髪色に仕上げることができます。

いくつかの色を試してみて、自分に合ったカラーを時間をかけて選ぶことをおすすめします。



白髪染めって、美容院でお願いすると、かなり費用がかかってしまいますよね。
毎回美容院で染めていると、おサイフへの負担も大きいので、市販のカラーリング剤を買って自分で染めているという人も多いと思います。

確かに自分で白髪を染めればリーズナブルですが、ショートヘアの人と違って、ロングヘアの人は、白髪染めが大変なのではないでしょうか。

ロングヘアの人の白髪染めには、コツがいります。
最初からいきなりカラーリング剤を塗っていくのではなく、まずは髪の毛をブロッキングしていきましょう。
髪を左右に分け、耳の上から頭頂部まで、また襟足など、だいたい5カ所に分ければ、部分ごとの白髪染めがしやすくなります。

ムラにならないように、生え際から毛先まで、きちんとカラーリング剤を塗るようにしましょう。
ロングヘアだからと、あまり長時間放置しすぎることは頭皮や髪に良くありません。
放置する時間は、カラーリング剤の説明書に記載してある時間を守るようにしましょう。

そして、大切なのは、最後にきちんとカラーリング剤を洗い流すこと。
頭皮などに薬剤が残らないように、ていねいに洗い流すことが大切です。

多少時間はかかりますが、丁寧に染めて、輝くロングヘアをキープしたいですね。