白髪染めを家庭でしている人は多いと思います。
家庭で白髪染めをすると、美容院よりもリーズナブルで節約にはなりますが、やはり手間がかかりますよね。
それに、カラーリング剤によっては、髪や頭皮を傷めてしまうことも…。

『ヘアハーモナイザー』は染め方がとても簡単で、しかも髪を優しくいたわりながら染めてくれるんです。

くちなしやウコンなど、食品に使われている染料を成分としているので、髪にもとても優しく刺激が少ないのが特徴。
泡状のカラーリング剤なので、液だれの心配が無く、また後頭部などの自分では見えにくいところにも、きちんと成分を浸透させることができます。

通常3980円の『ヘアハーモナイザー』、専用のサイトではこの『ヘアハーモナイザー』を2本注文すると、600円も割り引きで購入することができます。
更にお得な定期セットもあるので、一度専用サイトをチェックしてみてはいかがでしょうか?

 



白髪は、加齢が原因で起こる場合が多いものですが、他にも様々な原因がもとになっている場合もあります。
食生活が乱れていたり、睡眠不足が続いていたり、ストレスがたまっていたり。

特にストレスが原因の場合、子供でも白髪が生えてしまうことがあります。

10代の中学生や高校生で白髪が生えてしまうと、見た目を気にする年代なので更に精神的に苦痛になってしまいます。
できるだけ早く改善してあげましょう。

もちろんまだまだ若い育ちざかりの子供ですから、カラーリング剤などで染めて隠すことはおすすめできません。
子供の白髪の多くがストレスによるものなので、まずはストレスとなっているものを取り除いてあげましょう。
家庭に問題はないか、学校で何か悩んでいることがないか、子供とよく話し合ってみましょう。

あとは、バランスの取れた食事を用意し、できるだけ生活リズムを整えていくことも大切です。
中には、受験が終わって毎晩勉強する生活がなくなっただけで、白髪が改善されたという人もいます。

生活習慣と、ストレス解消を心がけた毎日を子供に送らせてあげたいですね。



甘くておいしいチョコレート。
そんなチョコレートの成分が、髪の毛にいいってこと、知っていましたか?

チョコレートは、カカオからできていることは有名ですよね。
そのカカオには、傷を治す効果やストレスを減らす効果など、様々なメリットがあるんです。

ストレスは髪の大敵で、ストレスが白髪の原因になることもあると言われています。
チョコレートを食べて、できるだけストレスを減らしたいですよね。

また、カカオに含まれるポリフェノールには抗酸化作用があります。
このポリフェノールが、髪の毛を老化させる原因となる活性酵素を摂り除いてくれるんです。
年齢と共に傷んだり、キューティクルがはがれてしまう髪の毛ですが、できるだけ若さを保ちたいものです。

こんなふうに、髪の毛にたくさんの効果を与えてくれるチョコレートですが、ニキビや肥満の原因にもなってしまうので、食べ過ぎには気を付けましょう。



ずいぶん暖かくなって、毎日が楽になりましたね。
そんな春ですが、なんとなく髪の毛の状態が良くない…と感じる人も多いと思います。

春先は、髪の毛がとても汚れるんですよね。
公園でランチしたり、遊園地に行ったりと、暖かくなると自然と外で過ごす機会が増えます。
春の強い風にのって、花粉やホコリが髪の毛や頭皮につきやすくなるんですね。
汚れをきちんと落とさないと、髪がベタついたり、頭皮の毛穴がつまったりして、白髪や抜け毛の原因になることもあります。

また、暖かくなるとダニも活発に行動を始めます。
中には悪さをするダニもいて、頭皮を傷めてしまうこともあるんです。

これらの汚れやホコリ、ダニなどを頭皮に残さないように、できるだけていねいにシャンプーをし、清潔に保つようにしましょう。



白髪が増えてくると、どうしても避けては通れないのが、白髪を染めること。
最近は、市販のカラーリング剤を使ってリーズナブルに白髪染めをすることもできるようになりましたね。

でも、自分で白髪を染める時、なんとなく勘違いしたり、間違った方法でやっていたりすることがあります。

まず、白髪を染める前に髪の毛を洗う人がいると思います。
できるだけきれいな髪にカラーリング剤を塗りたいと思うのはあたりまえのこと。
でも、白髪染めの前に髪の毛を洗うことは避けましょう。
カラーリング剤は乾いた髪につけるのが基本です。

また、汚れにくいからと、お風呂場で白髪染めをすることもNGです。
お風呂場の蒸気に触れると、カラーリング効果はうすれてしまうんです。
湯船につかりながらカラーリングをできれば、時間の節約になるんですけどね。

こんなふうに、自分で白髪を染める時には、いろいろと気を付けなければならないことも多いので、説明書をよく読んで、正しい方法で染めるようにしましょう。



サロンや美容院で髪の毛を洗ってもらうと、洗い上がりが全く違うことに気付くと思います。
普段使っている市販のシャンプーでは、なんとなくすっきりせず、指どおりも悪いのに、サロンや美容院で洗ってもらった髪の毛はサラサラで頭皮もスッキリ。

では、サロンで使っているシャンプーと市販のシャンプーには、どんな違いがあるのでしょう?

一言で言って、サロンや美容院で使ってるシャンプーは、髪によい成分をたっぷり配合してあります。
天然素材由来のアミノ酸系のシャンプーなので、刺激が弱く、髪や頭皮を傷めることがありません。
それでいて、洗浄成分もしっかりあるので、製造過程でとても手間がかかっているんです。

ですから、サロンや美容院で使っているシャンプーは、かなりお値段も高め。
多少費用がかかっても良いので、髪にいいものを…と思う人は、最近は質の良いシャンプーを通販で扱っていたり、サロンや美容院で販売していたりするので、購入してみてもいいですね。

安いから…とあまりひどいシャンプーを使うと、白髪や抜け毛の原因にもなりかねません。
自分の体質や髪質に合ったシャンプーを選ぶようにしたいですね。



昔から、昆布などの海藻類は髪の毛をきれいにする作用があると言われています。
そんな昆布エキスを配合したヘアカラートリートメントが『髪姫(はつひめ)』です。

高級昆布として有名な、羅臼昆布。
この羅臼昆布から抽出したエキスをたっぷり含んだ『髪姫』は、普通のカラーリング剤では得ることのできないうるおいとツヤを髪に与えてくれます。

更に、センブリエキス、ニンジンエキスなど植物成分が配合されていて、ミネラルやアミノ酸が豊富です。
香料、パラベン、鉱物油などは一切使っていないので、安心して使うことができます。

面倒な準備なども必要なく、普通に髪の毛を洗った後に、トリートメントとして髪に塗るだけでOK。
誰でも簡単に手軽に白髪を染めることができます。

カラーリング剤を使い過ぎて髪が傷んできたな…と思ったら、この『髪姫』で優しい白髪染めをしてみましょう。

 



春先になると、埃っぽい日が増えますよね。
風が強く、花粉なども飛んでいたりして、様々な体調不良を感じる人も多いと思います。

そんな季節は、肌も乾燥しがちです。
毎日きちんとシャンプーしているのに、フケがなくならない…という人、いませんか?
それ、実はフケではないかもしれません。

頭皮がアレルギー反応を起こしたり、炎症を起こしたりしてトラブルを起こす脂漏性湿疹というものがあります。
湿疹の一種なので、頭皮の汚れなどが原因ではなく、肌の病気なんです。

白髪のカラーリングをしている人も、このような症状に気付いたら、とりあえずカラーリングの使用を中止して、すぐに皮膚科を受診しましょう。
頭皮がかゆいからと、爪を立ててかかないように。

悪化させてしまうと、治すのにも時間がかかってしまうので、なるべく早く治療しましょう。



スマートフォンが普及し、多くの人が使うようになりましたね。
スマートフォンやパソコンを使って、一日中インターネットを利用している人も多いと思います。
中には、昼も夜もなく、一時もスマートフォンを手放せないネット依存症という深刻な症状の人も増えていると聞きます。

そんなネット依存症が髪の毛にも影響を与えるということ、知っていましたか?
年とともに白髪や薄毛は増えるものですが、これらの髪のトラブルは他のことが原因でも起こってしまいます。

特に薄毛は、ストレスや睡眠不足、運動不足からくる血行不良などが原因で増えてしまいます。
スマートフォンの画面を見続けると、目が疲れたり肩が凝ったり、睡眠不足によって疲れがたまったりしてしまいますよね。
そんな状況が髪に悪影響を与えてしまうんです。

美しい髪を保つためにも、インターネットの利用はほどほどにしたいものですね。



白髪を安全に染めることができるということで注目されているヘナ。
ヘナは、天然の植物で髪を染めるので、人口のカラーリング剤よりも髪を傷めず、アレルギー反応も出にくいと言われています。

とは言え、ヘナだからと言って完璧、絶対に大丈夫というわけではないのが現実です。

もちろんカラーリング剤に比べれば頭皮や髪に与える影響は少ないものですが、ヘナを使って髪を染めた後にかぶれてしまったという人もいるんです。
体質によっては、ヘナでもアレルギー反応を起こしてしまうということを忘れないようにしたいですね。

ですから、ヘナを使う場合にも、カラーリング剤と同じようにパッチテストを行うようにしましょう。
また、本来、純粋なヘナであれば髪はオレンジ色に染まるものです。
中にはそのオレンジ色が気に入らないという人もいますが、オレンジ色以外の色に染まる場合は、別の染料や成分を含んでいることもあるので気を付けるようにしましょう。

『ヘナ』の一言に惑わされないように、正しい選び方、使い方をすることが大切ですね。