どのドライヤーにも付いている『COOL』ボタン、そう冷風機能。
このドライヤーの冷風って、みなさん使っていますか?

冷風だけでは髪はなかなか乾かないし、結局は温風機能しか使っていないと言う人も多いと思います。
そんなドライヤーの冷風機能は、使った方が髪のためにいいんです。

シャンプー後、温風で乾かした髪の毛のキューティクルは、開いたままの状態になっています。
そこへ冷風をあてて髪の毛を冷やすと、キューティクルがきちんと閉じるので、髪にツヤが出る効果があります。

また、セットした状態をキープできたり、髪の毛の広がりすぎを抑えることもできたりと、冷風機能は髪にとっていいことばかりなんです。

白髪染めを繰り返していると、どうしても髪が傷んでツヤが無くなってしまいますよね。
冷風をあてて少しでも髪の毛を引き締めてあげると、状態が良くなるかもしれませんよ。



最近、ノンシリコンシャンプーというものがずいぶん増えましたね。

一時、シリコン入りのシャンプーが頭皮に付くとなかなか除去できず、頭皮に悪いなんていう話がありました。
それ以来、ノンシリコンのシャンプーがたくさん登場するようになったんですよね。

私も頭皮のことが気になったので、最近はノンシリコンシャンプーを使っているのですが、ノンシリコンシャンプーを使うとどうもカラーリングの色落ちが早い気がするんですよね。
若い頃から白髪が増え始めていた私は、定期的にカラーリング剤で白髪を染めています。
このカラーの持ちが、これまでよりも悪いんですよね。
せっかく染めた髪のカラーが短期間で落ちてしまうのは、ちょっと残念。

頭皮のためにノンシリコンシャンプーを使っていても、カラーリングをひんぱんにするようでは、それもまた髪や頭皮に悪そうだし…。

色持ちがよく、頭皮にも優しいシャンプーを探している私です。



どんなに丁寧に白髪を染めたつもりでも、どうしても上手に染められない部分てありますよね。
特に、もみあげ部分の白髪や、額の生え際などは、肌につかないようにカラーリング剤を塗るためか、髪が細いためか、なかなかうまく染まりません。

そうして出かける直前になって、もみあげの白髪を発見することになってしまったりして…。

そんな時に便利なのが『レフィーネ リタッチカバー』です。
カラーリング剤が出てくる部分が平らなハケになっているので、染めにくい部分にもサッと簡単に塗ることができます。

そして従来のマスカラタイプのものと違って、何回か使い続けることで色素が定着してくれるんです。
ですから、普通のカラーリング剤では染めにくい部分も、いつの間にかきれいに染まるというわけですね。

洗い流し不要でそのまま出かけられるので、忙しい人にもオススメの『レフィーネ リタッチカバー』です。



みなさんは、ドライヤーで髪を乾かす時、温風を上からあてますか?下からあてますか?

実は私、長年ずっとドライヤーの温風を下からあてていたんです。
どこかで、『髪の根元を立てるとくせ毛が治りやすい』と耳にしてからというもの、『じゃあ、温風を下からあてれば、髪の根元が立つのでは?』と思ったんです。

でも、ドライヤーの温風を下からあてるのは、本当は間違っているんだそうです。
下からあてることによって、キューティクルが逆立って、パサついてしまい、髪の毛も広がってしまうんだとか。

もうびっくり。
ただでさえ、白髪を染めるためにカラーリングを繰り返してパサパサの髪の毛なのに、更に髪の毛がパサつく行為を毎日していたなんて。

確かに、美容院で髪を乾かしてもらう時は、温風を上からあてていますものね。

もう遅いかもしれませんが、私も今日からドライヤーの温風は上からあてようと思います。



肌をプルプルにしてくれると話題のコラーゲン。
このコラーゲンは、肌だけではなく、髪にも効果があるって、知っていましたか?

コラーゲンは、髪を太く滑らかにしてくれるので、薄毛や抜け毛に悩む人は積極的に摂るようにしましょう。
また、白髪染めを繰り返して髪が傷んでいる人も多いと思います。
そんな時にもコラーゲンで髪にツヤが増せば、パサつき感をおさえることができます。

コラーゲンのサプリメントもたくさんありますが、サプリメントだけではコラーゲンは足りないと言われています。
大切なのは毎日の食事からもきちんと摂るということ。
鶏肉やうなぎを始めとした食品を積極的に食べるようにしたいですね。

また、ビタミンCやアミノ酸と一緒に摂ると、コラーゲンが体内で安定します。

白髪のケアで傷んでしまった髪のためにも、コラーゲンをたっぷり摂って髪を元気にしましょう。



最近、美容のために炭酸水を使う人が増えていますね。
肌にも良いとされる炭酸水で、髪の毛を洗っても効果があるそうです。

炭酸水の作り方や髪の洗い方は、インターネットで検索するとたくさん紹介されています。
おおまかに紹介しますね。

炭酸水はクエン酸と重曹、水を混ぜることで自宅でも簡単に作れます。
この炭酸水を髪の毛にかけてマッサージ、シャンプーはいつもと同じものを使います。
髪を洗い、トリートメントをした後に炭酸水を頭皮や髪の毛にかけても効果があるとのこと。

ドライヤーで髪をかわかせば、髪の毛はサラサラふわふわになるそうです。

白髪や薄毛は、なかなかすぐに改善することが難しいものですが、炭酸水で髪を洗ってボリュームアップさせ、サラサラな状態にしておけば、髪も美しく見えるのでウレシイですよね。
私も一度やってみようかな。