一本でも生えていると、とても目立つ白髪。
年齢を重ねるごとに増えて行ってしまうもので、老けた印象になってしまうので、美容院や自宅で白髪染めをする人も多いのではないでしょうか。

そんな白髪。
みなさんは、何色に染めたいですか?

噂によると、最近は黒髪が流行っているとか?
黒くてつややかな髪はやっぱり美しいですものね。
若い女性達の中では黒髪が流行のようです。

とは言え、白髪は黒く染めると、生え始めの根元の白さが目立ってしまうんですよね。
白髪を隠すために染めるとしたら、やっぱり黒よりもこれまで通り、少し明るめの茶系に染める方がいいのかもしれません。

あまり明るい色に染めてしまうと、流行に乗り遅れそうだし、黒い色で染めると白髪が目立ってしまいそうだし…。
ドラッグストアでカラーリング剤のカラーを選ぶ時に、迷ってしまいそうです。



毎日のようにパソコンを使い続けたり、スマートフォンを使い続けたりしていると、肩こりがひどくなることもよくあると思います。
時には、肩こりから始まって、頭痛まで起きてしまったりと、『たかが肩こり』とは言えないほどの辛さを感じることもありますよね。

そんな辛い肩こり、実は白髪の原因にもなっているかもしれないんです。

もともと肩こりは、血行不良がもとで起きてしまうもの。
肩や背中、首などに限らず、頭の血行までも悪くなっていくので、様々な影響を与えてしまうんですね。

頭の血行が悪くなると、不眠症や鬱、また、脱毛や白髪などを引き起こしてしまいます。
最近急に白髪が増えてきた…と感じている人は、肩こりがあるかどうかを考えてみる必要があるかもしれません。

様々な体調不良の引き金になってしまう肩こり。
パソコンやスマートフォンの使い過ぎに気を付けたり、ストレッチをしたりして、できるだけ解消するようにしたいものですね。



一時、『髪の毛に生卵をつけてパックするといい』とか、『マヨネーズをつけてパックするといい』なんていうパック方法が流行ったことがありましたよね。
食べ物を髪の毛につけるというパック方法って、効果があるのでしょうか?

実際に私の友達が、生卵を髪の毛につけてパックをしてみたところ、髪に生臭いにおいが残ってしまって、本当に困ったと話していました。
マヨネーズもにおいが残りそうです。

この、食べ物を髪の毛に塗るというパック方法は、実はあまり効果が無いうえ、髪や頭皮に悪い影響を与えてしまうこともあると言います。
もしも、きちんと洗い流さずに、食べ物の成分が髪に残ってしまった場合、雑菌が繁殖してしまい頭皮がかぶれたりフケが増えたりと、トラブルを起こす原因になってしまうそうです。

白髪染めをひんぱんに繰り返してきた結果、髪が傷んでしまった…。
そんな時には、食べ物を使ったりせず、きちんと専用のヘアパックを使うことをおすすめします。



春はポカポカと暖かくて気持ちのいい季節ですが、日によっては強い風が吹いたり、ホコリっぽかったりしますよね。
この時期は、頭皮も汚れやすく、様々なトラブルを起こしやすくなっています。

そんな春先は、髪の毛の洗い方や手入れに気を配る他に、食べるものにも気を使うようにしましょう。

ビタミンEは、血管を拡張してくれるので、血行をよくする効果があります。
脂肪の酸化を防ぐ効果もあるので、積極的に摂るようにしたいですね。

かつおやさんま、サバなどの青魚、きなこやゴマ、ナッツ類にはビタミンEが豊富に含まれているので、これらの食べ物を毎日の食事にプラスして、フケやかゆみを改善するようにしましょう。

白髪を染めるためのカラーリング剤も、頭皮の環境を乱れさせてしまう一つの原因です。
できるだけ間隔をあけたり、カラーリング後は丁寧に髪を洗って染料を落とすようにしたりするようにしましょう。