年齢と共に、髪質ってどんどん変わってしまうものです。
白髪や抜け毛、薄毛は、髪の毛の悩みとして挙げる人がいちばん多いようですね。

私も最近、頭頂部の髪のボリュームが無くなってきたのが悩みです。
横から見ると、頭がぺちゃんこで、なんとも老けた印象に…。

そんな髪のボリュームですが、手入れの仕方ひとつで改善することができるそうです。

毎日髪を洗う前にシャワーのお湯を1分から2分頭皮にあてるだけで、血流が良くなるとのこと。
あとは、シャンプーをきちんと泡立てて頭皮をマッサージしながら洗うとするといいそうです。

スタイリング剤や洗い流さないタイプのトリートメントは、つけすぎると髪がベタついてかえってボリュームダウンしてしまうので、注意が必要。
毛先を中心に少量ずつつけ、髪の根元にはあまりつけない方が効果的のようです。

白髪染めと並行して、私も髪のボリュームアップのためのケアをしていこうと思います。



ようやく寒い季節が終わったと思ったら、早くもじめじめと雨が続く日があったりして、梅雨が近づいている感じですね。

ただでさえ憂鬱な梅雨、髪の毛がまとまらなくてますます憂鬱になってしまう人も多いのではないでしょうか。
私も、湿気の多い時期は、髪が変に膨張してしまって、うねりもひどくなっちゃうんですよね。
白髪染めをするようになってからますます髪が傷んで、うねりが出やすくなったような気もします。

朝、きちんとスタイリングしても時間がたつと髪の毛に余分な湿気が吸収されてしまい、そのことが原因で髪の毛が広がってしまうそうです。
スタイリング剤を上手に使って、髪を湿気から守ることが効果的だとか。

私のように髪の量が多くて広がる場合は、ドライヤーの風を上の方からあてて、髪の毛のボリュームをおさえめにスタイリングするのがいいそうです。
ブローが終わったら、オイルやスタイリング剤を毛先から少しずつつけるのがコツだそうです。

これからのうっとうしい季節、少しでも髪型を決めて、快適に過ごしたいですよね。



髪の毛に数本白髪が目立つようになってくると、髪が老化し始めたというイメージが強いですよね。
でも、白髪が生える前から既に髪は老化が始まっていますし、少しずつサインを発しているんですよね。

ある調査によると、髪がパサついたり、髪にうねりやクセが出てスタイリングしにくくなってきたなどの悩みを感じ始めるのは、30歳を過ぎた女性に多いとのことです。

確かに私も、ある年代を過ぎる頃から、髪の毛が決まりにくくなってきたことを思い出します。
白髪だけではなく、これらの現象も髪の老化の現れなんですね。

髪質が変わったと感じることが多い30代。
これまでとは異なるヘアケアが必要になってくる年代とも言えそうですね。

できるだけ髪の老化を遅らせるためにも、紫外線ケアをしたり、髪にいい食べ物を意識して食べるようにしたり、気を付けて生活していくようにしましょう。



美容院で白髪を染めると費用がかかるからと、できるだけ市販のカラーリング剤を使って自分で白髪を染めるようにしている私。
でも、自分で白髪を染めるのって、けっこう手がかかるし、疲れるし、たまには美容院でゆったりくつろぎながら、きれいに染めてもらいたいなんて思ってしまいます。

世の中には、美容院で髪を染めるどころか、シャンプーまでサロンでしてもらっている人がいるそうですね。
女性限定のシャンプーバーというものがあるそうです。

このシャンプーバーのスタッフはすべてイケメン美容師ばかり。
静かな店内には革張りのシャンプー台があって、とてもくつろげる空間になっているとか。
イケメン美容師が髪を丁寧に洗ってくれて、ブローもばっちり決めてくれるんだそうです。

イケメン美容師に髪を洗ってもらう…考えただけで髪も心も癒されそうです。
いつか私も、シャンプーバーに行ってみたいなあ。



年を重ねるにしたがって増えてしまう白髪。
『もう年だから』と諦めてしまったりしていませんか?
また、白髪染めを繰り返した結果、髪の毛がボロボロに傷んでしまっている人もいると思います。

その白髪、あきらめる前に、まずは食べ物で予防してみましょう。

ビタミンB6とB12は、頭皮に酸素と栄養を行きわたらせてくれる効果があり、またビタミンB2は、髪の毛の色をつけるためのホルモンを増やす効果があるそうです。
頭皮が健康な状態になることで、白髪が減ることを期待できるというわけですね。

これらのビタミン類を多く含むのは、緑色の葉物野菜です。
ホウレンソウや小松菜、ブロッコリーなどの、濃い緑色の野菜には、ビタミンB群がたっぷり含まれているとのこと。

白髪を体の中から予防するために、これらの野菜類をできるだけたくさん食べるようにしたいですね。



暖かい春がやってきて、ホッとしたのもつかの間、気づけば日差しが強い季節になりつつあります。
初夏のこの時期、実は紫外線の量はかなり多くなっているんです。

紫外線の影響を受けるのは、肌だけではなく髪の毛も同じこと。
紫外線によって髪の毛が硬くなると、キューティクルがはがれてしまい、髪内部のメラニンが壊されてしまい、白髪などの原因にもなってしまいます。

最近は、日焼け止めのためのスプレーが販売されていますね。
肌に吹き付けるだけの簡単なスプレーを、髪の毛に使っている人もいるのではないでしょうか。

ただ、日焼け止めスプレーの種類によっては、かえって髪の毛を傷めることもあるんです。
自分の髪質に合うかどうか、髪の毛に少しだけ付けてみて、髪の様子を見てから使うようにしましょう。

まずは、帽子や日傘を忘れずに身に着けることを習慣にしたいですね。