白髪の原因には、加齢の他に栄養バランスの乱れもあげられています。
ミネラルや銅を含んだ食物をたくさん摂ることで、白髪を増やさない効果を得られます。

そんな栄養バランスを考えて、意識して毎日野菜や果物をバランスよく食べている人も多いと思いますが、実はきちんと食事を摂っていても、ミネラルが不足してしまうのが現実なんだそうです。

もともと日本の土壌はミネラル分が少なく、化学肥料や農薬を使うことによって、ミネラルバランスが崩れているとのこと。
そんな土壌で作られた野菜は、どうしてもミネラルが減少しているそうです。

せっかく野菜を多く摂っても、ミネラル分が補えないのは、ちょっと残念な話ですよね。
そんなミネラル不足を補うために、無農薬野菜を摂ったり、サプリメントで補充したりすることも、忘れないようにしましょう。

もちろん、脂肪分やカロリーの高い食事や加工食品を多く摂ることは、ミネラルバランスを崩す原因となるので、できるだけ避けるようにしましょう。



年を重ねるにしたがって増えてしまう白髪。
『もう年だから』と諦めてしまったりしていませんか?
また、白髪染めを繰り返した結果、髪の毛がボロボロに傷んでしまっている人もいると思います。

その白髪、あきらめる前に、まずは食べ物で予防してみましょう。

ビタミンB6とB12は、頭皮に酸素と栄養を行きわたらせてくれる効果があり、またビタミンB2は、髪の毛の色をつけるためのホルモンを増やす効果があるそうです。
頭皮が健康な状態になることで、白髪が減ることを期待できるというわけですね。

これらのビタミン類を多く含むのは、緑色の葉物野菜です。
ホウレンソウや小松菜、ブロッコリーなどの、濃い緑色の野菜には、ビタミンB群がたっぷり含まれているとのこと。

白髪を体の中から予防するために、これらの野菜類をできるだけたくさん食べるようにしたいですね。



最近は様々なサプリメントが登場していますね。
忙しくてなかなか栄養バランスの整った食事を摂ることができない現代人ですから、サプリメントから栄養を補給している人も少なくありません。

先日インターネットで、ちょっとびっくりするようなサプリメントを見つけました。
それは『飲むヘアケア』と謳ったサプリメントです。
一日二粒飲むだけで、髪にハリやコシがでて、ツヤがよみがえる効果があるとのこと。

確かに、髪にいい栄養素や食べ物は知ってはいても、毎日の食事から摂るのって、難しいんですよね。
お風呂でトリートメントを使ったりヘアパックをしたりしても、効果はいま一つだったりして…。
サプリメントで補給できるのだったら、手軽で効果もありそうです。

私も、白髪染めを繰り返すことで、ずいぶん髪がパサパサになってしまっているので、効果があるのだったら、このようなサプリメントを使ってみたいなと思ってしまいます。



白髪は、本当に嫌ですよね。
老けて見えるからと、白髪をひんぱんに染め続けていると、今度は髪の毛自体がパサパサに傷んでしまったりして。

そんな白髪、加齢以外にも栄養バランスの崩れによっても引き起こされてしまいます。
少しでも髪を傷めずに白髪を改善するために、髪にいい食べ物をできるだけ意識して食べるようにしましょう。

最近話題になっているのが『銅』です。
最近の研究によると、銅を含む食品が足りないと白髪になりやすいという結果が出たそうです。
銅は、胡桃やアーモンドをはじめとするナッツ類、ダイズ、牡蠣、いりごま、アボカドなどに多く含まれているとのこと。
これらの食べ物を、白髪予防に役立てれば、髪も本質から美しくなることも期待できます。

もちろん髪にいいからと、銅を含むものばかりを摂取するのは体調不良のもと。
様々な栄養をバランスよく摂るように心がけたいですね。



春はポカポカと暖かくて気持ちのいい季節ですが、日によっては強い風が吹いたり、ホコリっぽかったりしますよね。
この時期は、頭皮も汚れやすく、様々なトラブルを起こしやすくなっています。

そんな春先は、髪の毛の洗い方や手入れに気を配る他に、食べるものにも気を使うようにしましょう。

ビタミンEは、血管を拡張してくれるので、血行をよくする効果があります。
脂肪の酸化を防ぐ効果もあるので、積極的に摂るようにしたいですね。

かつおやさんま、サバなどの青魚、きなこやゴマ、ナッツ類にはビタミンEが豊富に含まれているので、これらの食べ物を毎日の食事にプラスして、フケやかゆみを改善するようにしましょう。

白髪を染めるためのカラーリング剤も、頭皮の環境を乱れさせてしまう一つの原因です。
できるだけ間隔をあけたり、カラーリング後は丁寧に髪を洗って染料を落とすようにしたりするようにしましょう。



甘くておいしいチョコレート。
そんなチョコレートの成分が、髪の毛にいいってこと、知っていましたか?

チョコレートは、カカオからできていることは有名ですよね。
そのカカオには、傷を治す効果やストレスを減らす効果など、様々なメリットがあるんです。

ストレスは髪の大敵で、ストレスが白髪の原因になることもあると言われています。
チョコレートを食べて、できるだけストレスを減らしたいですよね。

また、カカオに含まれるポリフェノールには抗酸化作用があります。
このポリフェノールが、髪の毛を老化させる原因となる活性酵素を摂り除いてくれるんです。
年齢と共に傷んだり、キューティクルがはがれてしまう髪の毛ですが、できるだけ若さを保ちたいものです。

こんなふうに、髪の毛にたくさんの効果を与えてくれるチョコレートですが、ニキビや肥満の原因にもなってしまうので、食べ過ぎには気を付けましょう。



肌をプルプルにしてくれると話題のコラーゲン。
このコラーゲンは、肌だけではなく、髪にも効果があるって、知っていましたか?

コラーゲンは、髪を太く滑らかにしてくれるので、薄毛や抜け毛に悩む人は積極的に摂るようにしましょう。
また、白髪染めを繰り返して髪が傷んでいる人も多いと思います。
そんな時にもコラーゲンで髪にツヤが増せば、パサつき感をおさえることができます。

コラーゲンのサプリメントもたくさんありますが、サプリメントだけではコラーゲンは足りないと言われています。
大切なのは毎日の食事からもきちんと摂るということ。
鶏肉やうなぎを始めとした食品を積極的に食べるようにしたいですね。

また、ビタミンCやアミノ酸と一緒に摂ると、コラーゲンが体内で安定します。

白髪のケアで傷んでしまった髪のためにも、コラーゲンをたっぷり摂って髪を元気にしましょう。



白髪が気になるからなんとか解消したい…と思った時、パソコンなどでちょっと調べれば、『白髪に効果のある食べ物』という情報をたくさんゲットできます。

白髪になるのは、髪を黒く色付けてくれるメラニン色素が減少していることが原因。
そこで、メラニン色素を作り出す成分を含む食べ物をたくさん摂ることが、白髪を増やさないことに役立ちます。

ワカメや昆布、海苔、ひじきなどは、メラノサイトを活性化させてくれるので、白髪予防に効果があります。
また、メラニンの原料であるチロシンをたくさん摂ることで、メラニン色素がたくさん作られるようになります。
チロシンをたくさん含む食べ物には、チーズや納豆、豆腐などがあります。

こんなふうに、白髪予防に効果のある食べ物はたくさんあるのですが、これらの食べ物ばかりを集中して食べても効果はありません。

やはりいろいろな食べ物をバランス良く食べることが、髪のためにも体のためにもいいんですね。
かたよらない食生活を心がけて、体のなかからキレイになりたいですね。



白髪や抜け毛、薄毛など、髪に関する悩みを抱えている人は多いと思います。
特に白髪はとても目立つので、嫌ですよね。

白髪を染め続けていると髪が傷みやすくなるので、できれば体の中から改善するようにしたいところです。
毎日の食生活で白髪を改善できればいちばんいいのですが、忙しい人はそれも大変なことですよね。

白髪の改善に効果のある黒ゴマ。
この黒ゴマ成分をたっぷり摂ることができるのがDHCの『醗酵黒セサミン+スタミナ』です。

黒ゴマに含まれるセサミンに、ビタミンEやローヤルゼリーなども配合されているので、年齢から来る疲れを解消してくれる力もあるそうです。

サプリメントを飲むだけで白髪が改善できるというものではありませんが、日々の体調を整えて、体を健康に保つことで白髪が増えるのを抑えることはできます。
食生活が乱れているなと思ったら、このようなサプリメントを利用してみてもいいですね。



20代の後半から白髪が生え始め、今ではかなり白髪が増えてしまった私。
最近は節約も兼ねて、市販の白髪染めを買ってきて自分で白髪を染めています。

でも、もうかなり長いこと白髪を染め続けているので、最近は髪がずいぶん傷んでしまいました。
パサパサで、色も赤茶っぽくなってしまい、お世辞にも美髪とは言えない私の髪。

やっぱり外側から色を入れるのではなく、白髪に効果のある食べ物を食べて内側から白髪を改善することが大切なのかな…と思い始めています。

ある情報によると、山椒は白髪に効果があるとか。
山椒は髪を黒く色付けてくれるメラニンの生成を活発にしてくれる力があるそうです。

山椒だったら、調味料として使うことができるので、難しい調理法も無くて毎日摂りやすそうですよね。
さっそく私も山椒を毎日の食事に取り入れてみようかな。