加齢やストレス、栄養バランスの崩れなど、いろいろなことが原因で増えてしまう白髪。
髪には、頭皮の下にあるメラノサイトが黒く色付けているため、メラノサイトが不足すると、髪が白いまま生えてきてしまいます。

一度生えてきてしまった白髪は、なかなか黒髪に戻すことができないのが現実です。
もし白髪が生え始めたなと思ったら、とりあえず白髪を遅らせるように努力してみましょう。

白髪をなくすことはできなくても、遅らせることはできるので、対処によっては白髪を今以上に増やさずに済むかもしれません。

白髪を遅らせるために大切なのは、普段の生活です。
睡眠をきちんととり、栄養バランスの取れた食生活を送り、紫外線から頭皮を守るようにしましょう。
頭皮を清潔に保ち、保湿を心がけることも、効果があります。

白髪をこれ以上増やさないために、身体の健康と頭皮の健康を意識した生活を送るようにしたいですね。



最近ぐっと寒い日が増えましたね。
これからの季節、空気が乾燥して、肌もパサパサになってしまうんですよね。
そして肌だけではなく、髪の毛も乾燥してしまうので、注意が必要です。

加齢や栄養バランスの崩れ、ストレスなど、様々なことが原因で増えてしまう白髪。
この白髪は、髪や頭皮が乾燥することでも増えてしまうとも言います。
反対に言えば、髪や頭皮をきちんと保湿、ケアすることで、白髪を改善することもできるのです。

お風呂上りはうっかりすると、あっという間に乾燥してしまうもの。
お風呂上りに手足にクリームを塗るという人は多いと思いますが、忘れずに髪の毛も保湿対策をするようにしましょう。

洗い流す必要のない髪用の美容液や、ヘアオイルなどを、髪がまだ濡れているうちにつけるのがコツ。
きちんと髪の毛全体に行きわたらせて、髪のパサつきをおさえるようにしましょう。



白髪は染めて隠す…残念ながらこの方法がいちばん手っ取り早いんですよね。
もちろん、白髪を染めることが髪や頭皮にダメージを与えやすく、トラブルの原因になってしまうことは十分わかっているのですが。

そんな白髪染めで、なるべく髪を傷めないように、私はヘアマニキュアも使っています。

だいたい白髪染め用のカラーリング剤の合間2回ぐらいは、ヘアマニキュアで染めるというペースです。

毎回カラーリング剤を使っていると、白髪はきちんと染まるのですが、どうしても髪が傷んでパサパサになってしまいます。
マニキュアは、髪がパサつかないのですが、色がしっかり入りにくく、色落ちが早いんですよね。

ですから、両方を順番に使うことで、髪をしっかり染めながらも傷めないようにしています。

これからもまだまだ白髪のケアは続いていくので、試行錯誤をかさねながら、できるだけ髪をきれいな状態に保っていきたいと思います。

 



1本でも生えていると、とても目立つし老けて見えてしまう白髪、本当に嫌ですよね。
白髪が増えれば染めるぐらいしか方法が思い当たらず、とりあえず自分で市販のカラーリング剤を買ってきて染めているという人も多いと思います。

でも、ひんぱんに白髪を染めていると、髪が傷んでしまったりトラブルを起こしてしまったりして…。

もし、白髪に悩んでいる場合は、一度きちんと美容院で相談してみるのも一つの手段です。
最近の美容院は、髪のカウンセリングを丁寧にしてくれるところが増えていますよね。

その人その人で白髪の質も生えてくる場所も違うので、自分にあった白髪のケアの仕方を、プロの美容師さんにアドバイスしてもらえば心強いですよね。
美容院によっては、オススメのカラーリング剤を教えてくれたり、染め方を教えてくれたりと、自分で白髪染めをする時のコツを教えてくれたりもします。

自己流で白髪をケアしていては、髪を傷めてしまうばかり。
まずは、プロに相談してみましょう。



白髪を隠したいからと、美容院で白髪を染めたり、自分でカラーリング剤を買ってきて自宅で染めたりしている人は多いと思います。
でも、白髪染めを繰り返していると、どうしても髪が傷みやすくなって、パサついたり頭皮がかぶれたりと、トラブルを起こしてしまうんですよね。

そんな白髪を漢方薬で改善するという考え方があります。

そもそも、白髪の原因は加齢だけとは限りません。
栄養が不足して毛根の機能が低下してしまうことが原因となって、白髪が増えてしまうこともあります。
また、頭皮の血行不良が白髪の原因になることもあるんです。

そんな体質を漢方薬で改善することで、白髪を減らす効果が期待できるようです。
漢方薬を飲んで、胃腸の調子を整えることで、必要な栄養を体内に取り込みやすくなります。
また、血行を良くし、冷え性を改善することで、頭皮の血行も良くなります。

こんなふうに、白髪と全身状態を絡めて考えた白髪の改善方法もあるので、興味のある方は一度よく調べてみてはいかがでしょうか。

 



美容院で毎回白髪を染めてもらうと、どうしても気になるのが費用ですよね。
少しでも節約をしたいと、市販のカラーリング剤を買って自分で白髪染めをしている人も多いと思います。

そんな白髪染めですが、温度が低いと染まりが悪いんですよね。
市販の白髪染めの多くは、温度が低く、頭皮が冷えた状態だと髪に浸透しにくくなってしまうんです。

そこで、冬の白髪染めには対策が必要です。

洗面所などの寒い場所で染めている人は、小型電気ストーブなどで空気を暖めましょう。
髪の毛にまんべんなくカラーリング剤を塗布したら、髪全体をラップでくるむようにします。
ラップの上から更にタオルなどを巻くと、完璧です。

これでしばらくは暖かい部屋で過ごして放置しておきましょう。
そのままの格好で、しばらく湯船につかっていてもいいですね。

すこしの手間をかけるだけで、冬場の寒い時期でも白髪の染まり方が格段に変わってきます。
手間を惜しまず、きれいに髪を染めるようにしたいですね。



白髪って、本当に嫌ですよね。
数本あるだけで実際の年齢よりも老けて見えてしまうので、できれば解消したいもの。

そんな白髪のケアに、オリーブオイルを使ったマッサージが効果があるという話は、よく耳にします。
オリーブオイルと同じように、アロマオイルを使っても、白髪には効果が期待できるそうです。

髪に効果のあるアロマオイルには、イランイランやカモミール、クラリセージをはじめとして、たくさんの種類のものがあります。

香りのいいアロマオイルで頭皮をマッサージすれば、心も癒されてリラックスできますよね。
好きな香りや効能を考えて、オリジナルにブレンドしてみてもいいみたいです。

ただ、アロマオイルには注意したい点などもあるので、きちんと調べて自分の髪質や体質に合ったものを選ぶことが大事みたいです。

髪を傷めずに白髪のケアをして、ツヤのあるきれいな髪をキープしたいですね。



20代の後半から白髪が生え始めた私。
最近ではもう全体に染めないと、とても隠しきれる量ではなくなってしまいました。

長い間白髪を染め続けてきたせいか、最近私の髪はパサパサ、ずいぶんと傷んできてしまいました。
これ以上髪を傷めないために、染めることに頼らず、根本的に白髪を少しでも減らすように生活を改めないといけないかなと思い始めた今日この頃。

白髪を解消するためには、まずはバランスの取れた食事
ミネラルを始めとした髪にいい成分を含む食べ物を積極的に摂る必要があります。
そして、頭皮のマッサージや、適度な運動をして血行を良くすることも、大切とのこと。

つまり生活の一部だけではなく、いろいろな部分をきちんと整えていかないと、なかなか白髪って改善できないんですよね。
とても大変だけど、健康のためにもいいことと考えて、がんばろうと思います。



みなさん、白髪染めってだいたいどれくらいの頻度でやっていますか?
せっかくきれいに白髪を染めても、2週間もたつともう、根元の部分が伸びてきて白くなってしまって、ガッカリしてしまうこともあると思います。

根元の白髪って、ちょっと髪をかき分けたりしたときに、とても目立つものです。
中にはこまめに白髪を染め直している人も、多いと思います。

とは言え、毎回毎回髪の毛全体を染めていては、髪が傷みやすくなってしまいます。
全体を染めるのは、2カ月に1回ほど、あとは2~3週間に一度ぐらいの割合で、生えてきた髪の根元だけを部分染めするのが、髪にも負担が少なくすみます。

最近は、トリートメントタイプのものなど、毎日使っても大丈夫な製品も増えてきています。

髪を必要以上に傷めないように、全体の染め直しはあまりひんぱんに行わないようにしましょう。



誰でも簡単に、リーズナブルに白髪を染めることができるカラーリング剤。
最近は、色のバリエーションも豊富になって、白髪染めを家庭でする人が増えていると思います。

そんな手軽な白髪染めですが、カラーリング剤によっては、アレルギー反応を起こしてしまう成分を含むものもあります。
頭皮がかゆくなったり赤くなったり、ひどい時には呼吸困難まで引き起こしてしまうことのあるアレルギー。
そんなトラブルを回避するためにも、カラーリング剤のパッチテストは必ずするようにしましょう。

腕などの皮膚に、使おうと思っているカラーリング剤を少しだけ塗ります。
2剤使うものは2剤混ぜて、腕に塗ります。
それから2日間の間、皮膚に何も変化がなければ、髪を染めてもまず大丈夫ですが、もしかゆみやかぶれの症状が出てしまったら、そのカラーリング剤を使うのは控えましょう。

いつも使っているカラーリング剤でも、体調によってはアレルギー反応が出てしまうことがあります。
白髪を染めようと思ったら、毎回必ずパッチテストをするようにしたいですね。