いくら染めても、またすぐに生えてきてしまう白髪。
美容院できれいに染めてもらっても、1~2週間もたつともう髪の根元が白くなってしまったりして、うんざりしてしまいますよね。

髪の根元だけとはいえ、白髪はやっぱり目立つものなので、放っておくことにも抵抗があります。
かといって、あまり頻繁に染め直すのも、髪や頭皮へのダメージが心配なもの。

そんな時には、リタッチをするようにしましょう。

自分で白髪を染める時に、毎回髪の全体を染めていては、やはり髪が傷んでしまいます。
全体を染める時期の合間には、髪の生え際や根元だけにカラーリング剤を塗るようにしましょう。

このリタッチだったら、まだ前回染めた部分のカラーが残っている部分に更にカラーリング剤を塗ることもないので、髪のダメージを最低限におさえることができます。

最初は難しいと思いますが、自分でできる部分はなるべくリタッチをするようにしましょう。

null

白髪のケアって、面倒ですよね。
せっかく染めても2週間ほどで髪の根元が白くなりはじめ、次第に全体に白髪がちらほら目立ち始めてしまうので、頻繁に白髪を染めなければなりません。

美容院で染めずに、自分で染めることの多い私。
新聞紙を敷いて、ティッシューやビニール袋、手袋を用意して、合わせ鏡で丁寧に染めて…。
シャンプーしてお風呂から出てくると、もうクタクタです。

そんなに苦労して白髪を染めても、また短期間で色が落ちてきてしまうんですよね。

少しでもカラーを長持ちさせるために、最近は『カラーリングヘア用』のシャンプー、コンディショナーを使うようにしています。
洗髪後は、洗い流さないタイプのカラーリング用ヘアトリートメントも忘れずに。

これで以前に比べると、ほんの少しですがカラーが長持ちするようになったような気がします。

まったく、白髪に関する悩みは尽きません。



わりと若い頃から白髪が増え始めた私。
当然、白髪染めは欠かせません。

美容院に行けば、ムラなく塗り残しもなく、きれいに染めてくれるのは分かっているのですが、やっぱり料金が気になります。
そこで、普段は市販のカラーリング剤を買って自分で染め、何回かに一回は美容院で染めるようにしています。

でも、自分で白髪を染めると、なかなか上手に染まらないんですよね。
後ろや頭頂部、もみあげなど、見えなかったり塗りにくかったりする場所は、ついつい塗り残してしまったり。

また、カラーリング剤の種類によっても、染まらなかったことがあります。
きちんと多めの量のカラーリング剤を塗ったはずなのに、シャンプーしてみると、ほとんど色が入っていなかった時には本当にガッカリしました。

マニキュアでなく、白髪染め剤を使っているのに染まらないと、どうして?と思ってしまいますよね。
髪との相性とかあるのでしょうか?

私の場合、二つの液を混ぜ合わせて塗るタイプがいちばんしっかり染まります
逆に、泡タイプはほとんど染まらないんですよね。

この先も終わることの無い白髪ケア。
試行錯誤が続きそうです。



女性だったら誰でも、美しい黒い髪にあこがれるものですよね。
でも、残念ながら加齢やストレスによって、白髪が生えてきてしまう人は多いものです。

白髪を隠すためにいちばん多い方法としては、やはり染めるという方法ですよね。
美容院で定期的に染めたり、カラーリング剤を購入して自分で染めたり。

自分で髪を染めるのは、美容院よりも費用がかからなくていいのですが、どうしても髪や皮膚へのダメージが心配なものです。

カラーリングは、種類によってはキューティクルを破壊してしまうものや、地肌をかぶれさせてしまう成分が入っているものも少なくありません。
自宅で白髪を染めたら地肌が荒れてしまったという経験談も耳にします。
敏感肌の人は、特に、市販の白髪染めには注意が必要です。

どうしても自分で染めたい場合は、トリートメントタイプのものを選ぶのも、一つの手段ですね。 毎日のシャンプー後にトリートメントとして使うだけなので、難しくなく、マイルドに白髪を染めてくれます。

白髪染めも、自分の体質に合ったものを選ぶことが大切です。

髪に一本でもまざっていると、とても目立つ白髪。
目立つ上に老けて見えるので、私は白髪を発見するとはじから抜いていました。

でも、それってとってもいけないことだったようです。


白髪を抜き続けていると、毛乳頭という髪を作っているところの働きが弱くなってしまうそうです。 その結果、今度は薄毛の原因になってしまうとか。

これはマズイですよね。
白髪の上、薄毛だなんて、私の女性としての髪人生、この先どうなってしまうの?っていう感じです。

とにかく白髪をなくしたいと思ったら、根元からはさみで切るのがいちばんいいそうです
血行がよくなるように頭皮のマッサージをすることも効果があるそうですよ。

私はすでに、はさみで切っていられるような白髪の量ではないので、定期的に染めていますが…。
これもきちんとケアしていかないと、頭皮を傷めることになりそうですね。

白髪のケアは、お互い気を付けましょうね☆

20代の頃から白髪が生えはじめ、今では定期的に染めずにはいられないほど白髪が増えてしまった私。
美容院に行ったり、自分で染めたりと、わりとこまめに白髪を染めています。

ただ、長いこと白髪を染め続けてきたせいか、最近、髪の傷みが激しいんですよね。
パサパサしてしまって、つやも無く、やっぱりこれはひんぱんに髪を染めたことが原因かなと思うんです。

できればカラーリング剤を使わない方法で、白髪をなんとかケアしたいと思うようになった今日この頃。

最近は、白髪をケアするためのサプリメントなんかもあるみたいですね。
先日ネットで見かけたのは『ブラックサプリ』というもの。


シジミやカキ、根昆布などが凝縮されて含まれているので、髪を黒くつやつやにしてくれるそうです。
他にも、アミノ酸や亜鉛、クロムなど、髪にいい効果を与えてくれる成分がたっぷり入っているとのこと。

天然の成分なので、安心して毎日飲めそうですよね。

効果がどれほど出るものなのか?
まだまだ私には未知の世界ですが、とっても気になるサプリメントです。

加齢やストレス、食生活の乱れなど、様々なことが原因となって増えてしまう白髪。
白髪の原因のもう一つに、妊娠もあると言われています。


妊娠すると、お母さんの摂った栄養が赤ちゃんに送られてしまいます。 そのため、お母さんが摂るべき栄養が不足し、その結果、髪の毛が白くなってしまうこともあるそうです

さらに、妊娠すると、ホルモンバランスが崩れたり、イライラと情緒不安定になってストレスがたまったり。 これらのことが重なって、白髪が増えてしまう人もいるようです。

そんな妊娠中の白髪、気になる場合はどうしても染めたくなってしまいますよね。

白髪染めを販売しているメーカーでは、妊娠中に白髪染めを使って髪を染めても問題ないとしています。 ただ、妊娠中は肌が敏感になったり、体調もいつもとは違うので、思わぬトラブルが起こらないとも限りません。

いつもかぶれない白髪染めを使っても、妊娠中に使ったらかぶれやすくなってしまうことも考えられます。

妊娠中の白髪染めには、改めてパッチテストをしたりと注意を払い、あまりひんぱんには染めない方がいいかもしれませんね。

女性だったら、誰でも黒くて美しい髪にあこがれるものです。 でも、年齢を重ねるにしたがって、増えてくる白髪。 白髪は老けて見えるので、もし発見したらすぐにでも抜いたり、白髪染めで隠したりしてしまいますよね。

私も、若白髪がすごかったのですが、もうずいぶん前から白髪染めのお世話になっています。

最近は、白髪を染める以外にもケアする方法があるようですね。 頭皮をケアして、毛穴をきちんと洗浄するタイプのシャンプーなども登場しています。

毛穴に汚れやシリコンがたまってしまうと、いい髪が生えることの邪魔になり また、せっかくの美容成分も浸透しにくくなってしまいます。

頭皮の汚れをきちんと落とし、更に白髪ケアに効果のあるミネラル成分を 毛根まで届けてくれるようなシャンプーを使うと 白髪の減少を実感できることもあるようです。

私も、そろそろ白髪染めで髪を傷めるケアは、卒業したいなと思います。