梅雨とはいえ、その合間には天気のいい日もあって、強い日差しが降り注いで来ますね。
ほんの半日屋外で過ごすだけでも日焼けしてしまうので、顔にも腕にも、露出している部分には、まんべんなく日焼け止めを塗っています。

でも、日焼けをするのは、肌だけではないということ、知っていましたか?
実は、髪の毛も日焼けと同じような状態を起こしてしまうそうです。

紫外線を浴びた髪の毛は、内部のメラニンが分解されてしまうのです。
その結果、髪の色が赤っぽく退色してしまい、また、水分がなくなって髪の毛がパサパサに…。

白髪染めを繰り返している場合などは、ただでさえ髪が傷んでいるもの。
その上、紫外線で髪の毛がパサパサになってしまっては、ますます老けて見えてしまいます。

これからの季節は帽子をかぶるだけではなく、スプレータイプの日焼け止めを使ったりして、髪の毛もUVケアをするようにしましょう。



暖かい春がやってきて、ホッとしたのもつかの間、気づけば日差しが強い季節になりつつあります。
初夏のこの時期、実は紫外線の量はかなり多くなっているんです。

紫外線の影響を受けるのは、肌だけではなく髪の毛も同じこと。
紫外線によって髪の毛が硬くなると、キューティクルがはがれてしまい、髪内部のメラニンが壊されてしまい、白髪などの原因にもなってしまいます。

最近は、日焼け止めのためのスプレーが販売されていますね。
肌に吹き付けるだけの簡単なスプレーを、髪の毛に使っている人もいるのではないでしょうか。

ただ、日焼け止めスプレーの種類によっては、かえって髪の毛を傷めることもあるんです。
自分の髪質に合うかどうか、髪の毛に少しだけ付けてみて、髪の様子を見てから使うようにしましょう。

まずは、帽子や日傘を忘れずに身に着けることを習慣にしたいですね。



みなさんは、髪を洗った後、きちんとドライヤーで乾かしていますか?
ドライヤーの熱は髪を傷めるから…と、髪の毛を自然乾燥させている人もいるかと思います。

でも、髪を洗った後の自然乾燥は頭皮を傷め、白髪の原因にもなってしまうので、避けるようにしましょう。

髪の毛のキューティクルは、濡れたままの状態でいるとトラブルを起こしやすくなります。
そんな状態で、タオルや枕などにこすられたり、髪同士を擦り合わせたりすると、髪は傷むばかり。
また、朝出かける前に髪を洗ってそのまま外出してしまうと、紫外線にさらされて髪も頭皮もトラブルを起こしかねません。

皮脂が十分に分泌されていない頭皮にダメージを与えることは、頭皮の老化を進めてしまいます。
結果として白髪が増える原因にもなってしまうわけですね。

髪を洗った後は、きちんとドライヤーを使って髪を乾かすようにしましょう。
気になる場合は、ドライヤーの熱から髪を守ってくれる美容液などをつけ、髪からドライヤーを離し気味に使うといいですね。



30代の前半から白髪に悩まされてきた私の、今いちばんのあこがれは、ヘッドスパです。
最近は白髪を予防する効果のあるヘッドスパも、たくさんあるんですよね。

毛穴に詰まった皮脂や老廃物を浮き上がらせてていねいに取り除き、白髪に有効な成分を浸透しやすくしてくれるそうです。
また、白髪に効果のあるヘッドマスクをしたり、頭皮の血行をよくするマッサージをしてくれたりと、髪のために良さそうな施術が特徴のヘッドスパ

どんなに気を使って髪を洗ったり、トリートメントをしたりしても、白髪に効果を出すには限界がありますものね。
自分ではなかなか難しいものです。
それに、頭皮をマッサージしてもらうだけでも、とっても気持ちよくて癒されそうですよね。

効果を出すためには、定期的に通う必要があるとのことで、金銭面でちょっとキツイのが残念なところ。

いつか、子供にお金がかからなくなったら、通ってみたいなあと思っています。

誰でも、加齢やストレス、遺伝などによって、多かれ少なかれ白髪になってしまうものです。 白髪になってから後悔するよりも、できるものなら若い頃から、予防しておきたいと思ってしまいますよね。

では、白髪って予防できるものなのでしょうか?

最近は、ヘッドスパなんていうものも浸透してきていて、サロンによっては 『白髪予防』を謳っているところもありますね。

これらのヘッドスパでは、ツボのマッサージで血行をよくしたり、 白髪予防の効果があるヘアトリートメントを使ったりして、白髪を予防、進行を抑えてくれるようです。

また、日頃から食生活に気を付けて、ストレスをできるだけ少なくしておくことも 白髪を増やさないことに効果があります。

常に髪の健康を心がけてちょっと気を使って生活するだけでも、白髪の予防には なるのかもしれませんね。