白髪は、染めても染めてもまた生えてくるもの。
美容院などできちんと染めた時ほど、新しく生えてきた白髪の根元などは目立つものです。

まだ、次に美容院に行くのはあと一週間ほどガマンしたいし…そんな時に便利なのが『ビゲン お出かけ前の白髪かくし』です。
この白髪かくしは泡タイプなので、塗った部分がゴワゴワしないのが特徴。
分け目や生え際にサッと塗って、手間なく白髪を隠すことができます。

専用のミニブラシをつかえば、こめかみなどの細い白髪にも塗りやすくなっています。

実際に使った人の口コミを見ても
『使い勝手がよかった』
『忙しい時でもすぐに使えて便利』
『マスカラタイプと違って固まらないところがいい』
と、好評です。

少し白髪が生えてきただけで白髪染めをしていると髪の傷みが心配になりますが、この白髪かくしだったら安心してこまめに白髪のケアができますね。



出がけに思いがけず白髪を発見したことってありませんか?

まだ次の白髪染めまでは大丈夫…なんて安心していたら、こめかみや生え際に目立つ白髪を見つけてしまったりすることって、よくあると思うんです。
これから白髪を染める時間もないし…そんな時に便利なのが『ダーリングカラースプレー黒彩』です。

この『ダーリングカラースプレー黒彩』は、スプレータイプの白髪染めです。
気になるところにシュッとスプレーするだけで、白髪があっという間に目立たなくなるんです。
自然な色合いで、周りの髪の毛からも浮くことがありません。
カラーも5種類用意されていて、自分の髪の色に合わせて選ぶことができるのもうれしいですね。

ただ、洋服などについてしまうと落ちませんから、肩にタオルをかけるなど、注意して使うようにしましょう。

忙しい時の白髪隠しに『ダーリングカラースプレー黒彩』はオススメです☆



せっかく白髪を染めても、しばらくたつと生え際やこめかみの部分がちらほらと白くなってしまったりして…。
少し白髪が生えてくるたびに、すぐに白髪染めをしていては、髪や地肌へのダメージが心配ですよね。

そんな部分的な白髪を隠すのに最適なのが『利尻白髪隠し』です。
『利尻白髪隠し』は、スティックタイプで、先は筆状になってします。
ノック式なので、出かける前の忙しい時間にも準備いらず、手を汚すことなく手軽に染めることができます。

生え際や分け目部分にササッと塗るだけ、あとは洗い流す必要もないので、とても簡単☆
白髪染めと白髪染めの合間の時期には、この『利尻白髪隠し』を使えば、髪や頭皮への影響も減らすことができます。

天然利尻昆布エキス配合なので、髪や頭皮に優しく、安心して使えます。
『利尻白髪隠し』で、ツヤツヤな髪をキープしましょう。



少し年配の男性は、白髪は染めなくても気にしないという人が多いようですが、最近の若い男性は白髪を気にする人も増えているようですね。
この頃は、男性用の白髪染めにもいろいろなものが登場しています。

『メンズビゲン カラーリンス』は、シャンプーで髪を洗った後に髪になじませるだけ。
わざわざ白髪染めのための準備をする必要もないので、忙しい男性でも白髪染めを簡単にすることができます。

普通の白髪染め剤を使うと、薄毛や抜け毛の原因にならないかと心配している男性もいると思います。
この『メンズビゲン カラーリンス』だったら、髪や頭皮をいたわりながら白髪を染めてくれるので、安心ですね。
一気に色を入れるのではなく、少しずつ白髪が目立たなくなっていくので、見た目が大きく変わることに抵抗がある男性にもオススメです。

これからは、男性も白髪をケアする時代ですよ☆



カラーリング剤は、髪や頭皮に負担をかけてしまうので、あまり頻繁には使いたくないですよね。
でも、新しく生えてきた根元の白髪って、けっこう目立つものです。
そんな白髪を部分的に隠したい時には『アモロスヘアファンデーション』が便利です。

『アモロスヘアファンデーション』は、ファンデーションタイプの白髪染めです。
クリームタイプのファンデーションを、パフで塗りのばすので、広範囲に生えてきた白髪に使いやすくできています。

ダークブラウン、ナチュラルブラウン、ライトブラウンと、髪色に合わせて3色のカラーバリエーションが用意されているので、自然に仕上がる色を選ぶことができてうれしいですね。

まだ染め直すほどではない…そんな時には『アモロスヘアファンデーション』で外出前にササッとケアしちゃいましょう。



どんなにきれいに白髪を染めても、髪は成長し続けているもの。
残念ながら一カ月もたたないうちに、髪の根元は白くなってしまったりします。

生え際が白くなるたびに白髪染めで染めていては、髪がどんどん傷むばかりです。
そんな時には、生え際だけをカバーできるような白髪染め剤を使ってみてはいかがでしょうか。

『CIELOコーミングカバー』は、使いやすい楕円形のスティックタイプの白髪染め。
マジックのペン先のようなマーカー部分から塗料が出てくるので、染料が垂れ落ちる心配がありません。
塗料がつくマーカー部分がクシ歯部分よりも短いので、地肌に色が着かないのもうれしいですね。
また、塗った後に髪の毛がゴワゴワすることもないので、気にせずそのまま出かけたり人と会ったりできます。

髪をいたわりながら白髪をカバーしたいと思ったら『CIELOコーミングカバー』はオススメです。



白髪を最も手軽に、リーズナブルに染めることができる市販のカラーリング剤。
このカラーリング剤の中でも、カラーバリエーションが豊富なのが『ロレアルパリ フェリア3Dカラー』です。

『ロレアルパ フェリア3Dカラー』は、全18色。
『フランボワーズ』『キャラメルシック』『ダークショコラ』など、それぞれのカラーにつけられたネーミングも、とてもかわいいものばかりなんです。

インナーケア成分とスムーズヴェール成分が、髪を内側と外側からじっくりと作用して、ツヤを持った美しい色に染めてくれるのが特徴。
髪の色ツヤをキープして、なめらかでうるおいのある髪質を表現してくれるニュアンスアップトリートメントが付いているのも、うれしいところです。

バリーション豊富な『ロレアルパリ フェリア3Dカラー』で、自分好みの髪色に染めて、白髪染めを楽しんじゃいましょう。



白髪が多いと、ついつい白髪染めに頼ってしまいがち。
薬剤を髪に塗るだけで、白髪がしっかりときれいに染まるわりに、費用も手軽なので使っている人も多いのではないでしょうか。

ただ、白髪染め剤は髪を傷めてしまう成分が含まれている商品が多くあります。
繰り返し染め続けることでキューティクルが開きっぱなしになり、髪がゴワゴワになってしまうことも考えられます。

『昆布と馬油のヘアカラートリートメント』は、髪をいたわりながらおだやかに染めてくれるトリートメントタイプの白髪染めです。
昆布と馬油が配合されているので、髪の毛はつやつやサラサラになり、同時に少しずつ自然に白髪を染めてくれます。

お風呂で髪を洗った後、トリートメントと同じ要領で髪に塗るだけ。
ただ、この時に15分から20分ほど置いておかないと、染まりにくいという点があります。
まあ、半身浴でも楽しんでいれば、そのくらいの時間はあっという間ですけれどね。

一日で染まらなくても、続けて使ううちに、だんだんと白髪が目立たなくなってくるそうです。
髪に優しい成分なので、安心して毎日使えるのがうれしいですね。



私のように、ほとんど自宅で白髪を自分で染めていると、いろいろな白髪染めを試してみたくなります。

色の明るさやつや、髪の状態など、使う白髪染めによってわりと違いがあったりするんですよね。

ピュアリッチ・パーフェクトは、髪がパサついたりすることもなく、気になる生え際から毛先まできれいに白髪を染めることのできる白髪染めだそうです。
私はわりと髪が太い方なのですが、そのせいか、白髪染めの種類によってはいまひとつ染まりにくい時があるんです。
このピュアリッチ・パーフェクトは、どんな髪質でもきれいに染めることができるとのこと。

また、オーガニック成分なので、髪と頭皮にやさしく、毎日安心して使えるという点がうれしいですよね。

トリートメントタイプの白髪染めでは、染まりにくかった私の髪も、このピュアリッチ・パーフェクトだったら生え際からきれいに染まるかも。
ちょっと期待して、使ってみたいなと思います。



私は、若い頃から白髪が出始めていました。
母親も白髪が生えるのが早かったと言うので、多分、遺伝もあるんでしょうね。

そんな私ですから、定期的に白髪を染めておかないと、あっという間に髪のほとんどが真っ白になってしまいます。
毎回美容院に行くわけにもいかず、普段は市販の白髪染めを買って、自分で染めています。

せっかく染めても、白髪はどんどん生えてくるので、ちょっとうっかりすると白髪が目立つので大変。
特に、出かける間際にこめかみや頭頂部に白髪を見つけると慌ててしまいます。

そんな時に、ドクターシーラボの『簡単ひと塗り白髪カバー』という白髪染めは、とっても便利そうですね。
気になる部分にくしでとかすように塗るだけで、すぐに乾くのが特徴だそうです。

乾いた後は、ブラシでとかしても大丈夫とのこと。
ひんぱんに白髪染めをすると髪の傷みも心配だし、この部分染めを使えば気になる部分だけに薬剤がつくので、安心ですよね。

さっそく使ってみようかなと思います。