最近は、ドラッグストアや薬局などに行くと、たくさんのカラーリング剤を見つけることができます。
様々なカラーバリエーションがそろっているので、好みの髪色に仕上げやすくなりましたね。

白髪を染めようと思った時、あまり黒々とした色に染めるよりも、少し明るめの色に染めたいと考える人は多いと思います。
でも、美容院でお願いすると、だいたいの場合明るい色は白髪染めには向かないと断られてしまうんですよね。

市販の白髪染めは明るい茶色のカラーもたくさんありますし、実際使ってみると好みの色に染まったりします。
ただ、これって、すごく髪を傷めていることになるんだとか。

美容院ではキューティクルを守るために、あまり強い薬剤のものは使っていないそうです。
ですから、明るめの色は白髪に入りにくいんですね。
これに対して、市販のカラーリング剤はかなり成分が強いので、明るい色でも白髪を染めてしまうんだとか。

好みの色でなくても少しでも髪をいたわるために美容院で染めるのか。
髪が傷むのを覚悟の上で、明るい色に染めるのか。

いまだに悩み続けている私です。



美容院で白髪を染めると、きれいに染めてもらえて楽ですが、どうしても費用がかかってしまい毎回染めることには躊躇してしまうものです。
節約も兼ねて、市販のカラーリング剤を買って自分で染めている人も、多いと思います。

自分で白髪を染める場合、どんなカラーリング剤を選べばいいか迷ってしまいますよね。
特に、地肌が荒れたり、アレルギー反応が起きてしまったら…と思うと、カラーリング剤選びも難しいものです。

アレルギー反応は、どの種類が起きてどの種類が起こらない、どんな人が起こってどんな人が起こらないということははっきり言えないものです。
使う人の体質やその日の体調によっても、違ってしまうもの。

毎回、パッチテストをきちんとすることが大切です。

また、消炎作用のあるシャンプーやコンディショナー、頭皮の状態を整えるローションなどもあるので、上手に組み合わせて使ってみてもいいかもしれませんね。



最近は、ドラッグストアの売り場などに様々なタイプの白髪用カラーリング剤が、ずらりと並んでいますね。
カラーも豊富で、自分好みのものを選ぶことができるので、市販のカラーリング剤を使って自分で白髪を染めている人も増えているようです。

そんな自宅での白髪染めですが、どんな色を選べばいいのか悩むことってありませんか?

いくら白髪を染めたいからと言って、あまりにも真っ黒に染めてしまうと、かえって不自然に見えてしまったりするんですよね。
より自然で違和感なく染めるには、真っ黒よりも少しブラウンがかったカラーを選ぶと失敗がないようです。

明るすぎるブラウンでは、白髪が多い場合に染まりにくかったりするので、ダークブラウンやグリーン系のブラウンを選ぶと、うまくなじみます。

もちろん肌の色や顔つきによっても似合う髪色は千差万別。
最初のうちはいろいろなカラーを試してみて、自分に合うカラーを選ぶといいですね。



美容院で白髪染めをする時、おでこにクレンジングクリームを塗られたり、耳にサランラップでカバーを着けられたりした経験は、誰でもあると思います。
これは、もちろん髪の毛以外の部分にカラーリング剤が付かないようにするための準備です。

白髪染めのためのカラーリング剤は、一度肌に付くととても落ちにくいものです。
おでこや耳に茶色い色素が残ってしまうと、本当に困ってしまいますよね。

カラーリング剤の付着を防ぐため、自宅で白髪染めをする場合も注意が必要です。
生え際を中心としたおでこや耳の周りなどには、丁寧にクレンジングクリームを塗り、手袋をはめるようにします。

もし、思いがけない部分にカラーリング剤が付いてしまったら、すぐにクレンジングクリームで優しく落とすことが大切です。
この時に、ゴシゴシこすると皮膚が炎症を起こしてしまったりするので、そっと拭くようにしましょう。

まずは肌に付かないように、きちんと準備をすることを忘れないことが大切ですね。



年齢を重ねるとどうしても増えてしまう白髪。
特に男性の場合は、白髪と同時に抜け毛も増えてしまったりするので、髪の悩みは尽きないと思います。

最近は、男性でもみだしなみのために、白髪を染めている人が多いと思います。
でも、白髪染めを使うと抜け毛が増えてしまうのでは?と心配になる人もいるようですね。

白髪染めは、毛根にまでは浸透することがないため、白髪染めで髪を染めても、抜け毛が増えるということはないそうです。

ただ、アレルギー反応や肌荒れを起こすことで抜け毛が増えてしまうこともあります。
また、白髪染めをした後にきちんと薬剤を洗い流さないと、毛根に薬剤が残ったりして髪に影響が出てしまいます。

白髪染めをする前には、必ずパッチテストをするようにし、白髪を染めた後は、丁寧に薬剤を洗い流すように心がけましょう。

白髪をきちんとケアして、いつまでも若々しい雰囲気でいる男性は、素敵ですよね。



増えてきてしまった白髪を目立たなくするために、市販の白髪染めを使っている私。
その白髪染めのパッケージにはだいたい『寒いところでは白髪が染まりにくくなる』と書いてあります。

これは、温度が低いと白髪染めの成分が、髪の毛の奥深くに浸透しにくいということが理由です。
髪に染料がきちんと浸透しなければ、当然のことながら白髪は染まりにくくなりますものね。

更に、温度が低いと染料の反応が低くなってしまい、きれいに発色しにくいという特徴もあるようです。

体温で温まりやすい髪の根元の方が、白髪染めはきれいに染まるので、毛先に先に白髪染めを塗るのも一つの方法と言えます。

私は、冬場は洗面所ではなくリビングの暖かい部屋で染めるようにしています。
これは単に『寒いから』という理由からなのですが。

更に、白髪染めを塗った後はヘアキャップをかぶるなどして、保温をしてあげると短時間でも染まりやすいようです。

白髪をきれいに染めるためには、それなりの手間ひまが必要なんですよね。



加齢やストレス、食生活の乱れなどによって増えてしまう白髪。
多くの人が白髪に悩んでいます。

私も、20代の後半ぐらいから白髪が増え始め、最近は定期的に白髪を染めて過ごしています。
美容院で染めるとどうしても費用がかかってしまうため、市販の白髪染めを買って自分で染めることが多いのですが、自分で染める時にはやはり注意が必要な点もあるんですよね。

白髪染めは、製品によってアレルギー症状を起こしてしまう成分を含むものがあります。

長期にわたって使い続けることで、成分が蓄積されて髪がパサついたり傷んだり。
また、アナフィラキシーショックといって、急に呼吸が苦しくなったり、湿疹ができてしまったりという重いアレルギーを引き起こしてしまうこともあるようです。

ですから私も、白髪を染める時には、いつも使っている白髪染めでも必ずパッチテストをするようにしています。
普段は問題なく使えても、体調によっては症状が出てしまうこともあるみたいですから。

せっかく髪をきれいに染めても、体調を崩してしまっては意味がありませんものね。

髪の悩みの上位に入るのは、やっぱり白髪と抜け毛でしょうか。

主に加齢と共に目立つようになる、白髪と抜け毛。 どちらも、深刻な悩みですよね。


白髪が増えてきたからと、白髪染めをして目立たないようにしている人は、多いと思います。 白髪染めに使うカラーリング剤は、肌の弱い人はかぶれやすくなったり、髪の毛がパサパサになってしまったりすることもあります。

では、白髪染めがもとで抜け毛が増えるということはあるのでしょうか?

確かに、カラーリング剤は肌の炎症を招いたり、キューティクルを開いて髪質を悪くしてしまったりすることはあります。
ただ、髪の毛を作っている毛根にまでカラーリング剤が浸透することはないので、カラーリング剤が抜け毛の直接の原因になるとは考えにくいようです。

とは言っても、頭皮がかぶれたり髪があまりにも傷む場合には、カラーリング剤の使用を控えたり、種類を変えたりする必要はあるかもしれません。
自分の髪の状態を見ながら、白髪のケアをするようにしたいですね。

白髪を染めるために、毎回美容院に行っていると、やっぱりどうしても気になるのが料金ですよね。
私も、毎回美容院で染めてもらうとお金がかかってしまうので、時々自宅で市販のカラーリング剤を使って染めています。

自分で白髪染めをすると、色ムラが出たり、持ちが悪かったり、なかなか上手にできないんですよね。


そんな自分で染める白髪染めのコツがいくつかあります。

まず、髪の毛を小分けにブロックして、少しずつ丁寧にカラーリング剤を塗っていくこと。 髪の根元や頭頂部は、染めるのが難しいので、なるべくきめ細かく塗りましょう。

塗り終わってしばらく放置しておく間は、髪の毛全体をラップで包んでおくときれいに染まります。

また、洗い流す前のひと手間として、洗面器などにぬるま湯をためて髪をもみこむと、色ムラが出にくく、カラーの持ちも良くなるそうです。
このことを『乳化』といって、美容院でも行っていますよね。

少しずつの手間で、自宅でもきれいに白髪を染めることができます。
節約しつつもプロ並みに染められるようになりたいですね。

白髪が目立つと老けて見えるものです。 私も白髪ができるだけ目立たないようにと、定期的に白髪を染めています。

普段は自分で染めつつも、時々美容院で白髪を染めてもらっています。
美容院で染めるとしっかりと染まるし、白髪が目立たなくなるのですが、一週間もすると、新しく生えてきた髪の根元が白くて、がっかりしてしまうことがあります。

生え際の白髪は、意外と目立つものなので、忘れずにチェック、ケアをしていきたいものです。


最近では髪の全体を染めなくても、ペンタイプのカラー剤や、トリートメントタイプのカラー剤も出ています。

出かける前にちょっと塗るだけで白髪が見えなくなるペンタイプのもの。
毎日のシャンプー後にトリートメントするように髪につけて洗い流すだけのタイプのもの。

これらのカラー剤を使えば、手間がかかることもなく、髪も傷みにくいので、白髪染めの合間の期間に上手に利用したいと思います。