どんなに手入れをきちんとしているつもりでも、髪の毛は老化し、様々なトラブルを起こすようになるものです。

髪の毛のトラブルでいちばん多いものが、白髪と抜け毛・薄毛だと言われています。
多くの人が、白髪が増えてきたことや、髪の毛にボリュームが無くなってきたことに悩んでいるそうです。

そんな髪の毛のトラブルを解消するために、白髪を染めたり育毛剤を使ったりと、ある年代になると美しい髪をキープするための努力は欠かせなくなってきます。

白髪染めや育毛剤の他に、食べ物やストレス解消など、生活習慣を改めることも効果があります。
また、ツボをおすことによって、白髪や薄毛を改善することもできます

ウエストの細い部分、背骨から指二本分外側にある『腎兪(じんゆ)』というツボが、美髪効果をもたらしてくれます。
他にも、腰痛や冷えなどにも効き目があるとのことなので、時々このツボを刺激してみると、いいかもしれませんね。



母親が、わりと若い頃から白髪だった私。 白髪は遺伝もあるそうなので、それなりに覚悟はしていたものの、 やはり、20代の後半で白髪を発見した時には、かなりショックを受けました。

白髪は、老化とともに増えるというイメージがあります。 でも、中には20代で白髪が生えてきてしまうことも、あるんですよね。

若白髪の原因には、いくつかあるようです。

まずは、ストレス。 髪の毛は、メラニン色素によって黒く色づけられているのですが 極度なストレスは、このメラニンの生成が悪くなるため、髪に色が付かずに 白髪となって現れてしまうのです。

次に、栄養不足。 若い女性が極端なダイエットをしたことで、白髪が増えたという話はよくあります。

他にも病気が原因となっていることもあるそうです。

とにかく大事なのは、白髪が気になるからと、抜いてしまわないこと。 髪を抜いてしまうと毛根にダメージを与えて 薄毛などの原因にもなってしまいますから。

白髪とは上手につきあっていくしかないみたいですね。