長年にわたって白髪染めを繰り返してきた私の髪は、カラーリング剤で傷んでしまって、パサパサ。
ツヤも無くなってしまい、とっても残念な感じです。

そんな私がちょっと気になっているのが、ココナッツオイル
最近女性達の間でちょっと話題になっているようです。

ココナッツオイルには、身体の免疫力を高めて、身体を守る成分である、ビタミンやミネラルが豊富なんだそうです。
酸化しにくい上、紫外線に強いので、髪や頭皮の乾燥を防ぎ、フケの防止や薄毛にも効くそうです。

お風呂に入る前にココナッツオイルを頭皮にすりこんでマッサージすると効果的なんだとか。
30分ほど放置したら、普通に髪を洗うだけでOK。
ちなみに、髪だけではなく肌に塗っても、美肌効果があるとのことです。

髪がかなり傷んでいる私にも美髪効果はあるかな。
一度やってみようと思います。



「さあ、今から白髪染めをしよう」
そう思った時、みなさんはどんな準備をしますか?

カラーリング剤が飛び散っても床が汚れないように新聞紙を敷き詰め、汚れてもいいTシャツを着、汚れてもいいバスタオルを出し、手袋を装着し…。
とにかく周りを汚さないための準備が大変ですよね。

カラーリング剤は一度付いてしまうと、絶対に落ちないんですよね。
洗面所の床には以前、私が付けてしまったカラーリング剤がいまだに残っています。

染め終わってシャンプーできれいに洗い流した後も、油断はできません。
濡れた髪を拭くと、たいていバスタオルはうっすらと茶色くなってしまいます。
悪い時には枕カバーも色が付いてしまうことがあります。

そんな色移りがしないカラーリング剤もあるとか。
それは、ヘナを始めとした天然成分を使用したカラーリング剤だそうです。
髪の毛だけをしっかりと染め、他の物には色移りしないなんて、なかなか賢いカラーリング剤ですよね。



いよいよ梅雨入りして、毎日うっとうしい日が続いていますね。
湿気の多いこの季節、髪の毛がうまくまとまらないことに悩んでいる人も多いと思います。
湿気を含むと髪の毛は膨らみ、変な癖がついてしまうので、本当に困るんですよね。

髪の毛がなるべく膨らまないようにと、ヘアアイロンを使うことも多いのではないでしょうか。

ヘアアイロンを使うと、髪の毛のボリュームがダウンして、癖もスッキリと治るのでとても便利です。
でも、高温のプレートで髪の毛をはさむため、当然髪の毛はかなり傷みます。

特に白髪が多いからと白髪染めを繰り返している場合は、ただでさえキューティクルが開いたりと髪が傷んでいる状態にあります。
その髪にひんぱんにヘアアイロンを使うことで、更に髪の傷みは増し、パサパサになってしまうことも。

少しでも髪を健康な状態に保つためにも、ヘアアイロンを使う頻度を少な目にし、使う場合は髪の毛を熱から守る効果のあるムースを使うなどのケアをきちんとしましょう。



白髪は一度生え始めると、なかなか改善するものではありません。
年を重ねるごとに増えてしまうので、白髪染めを繰り返す人も多いと思います。
たとえ美容院で白髪染めをしていたとしても、その時に使うカラーリング剤は、髪の毛を少しずつ傷めてしまうものです。

最近注目されているのが、オーガニックカラーというもの。
オーガニックカラーとは、約90パーセントの成分が天然成分、つまりオーガニックでできているカラーリング剤のことです。
天然でありながら、ヘナのように色の種類が少なくなく、普通のカラーリング剤のようにバリエーションが豊富なのが特徴です。
天然成分なので、髪や頭皮に優しく、傷める心配がありません。

最近は、このオーガニックカラーでの白髪染めをしてくれる美容院も増えてきています。
もしも、繰り返す白髪染めで髪の傷みが気になっている人は、一度オーガニックカラーを使っている美容院を探してみるといいですね。



加齢と共に増えてしまう白髪。
でも、白髪の原因って加齢だけではないんですよね。
ストレスや生活習慣の乱れ、頭皮の血行不良でも白髪は増えてしまうんです。

毛穴に汚れが詰まってしまうと抜け毛の原因にもなってしまって、髪質も悪くなりがちです。
そんな白髪が増えるのをできるだけ防ぐためにも、日々のシャンプーには気を使いたいもの。

頭皮をスッキリさせるのに効果的なのが、重曹。
重曹といえば、キッチンや洗面所の掃除用に使っている人が多いと思います。
洗剤と違って手指の肌にもやさしい成分なんですよね。

薬用の重曹をシャンプーに少し混ぜて髪を洗うと、頭皮の汚れや皮脂をきちんと落としてくれる効果があるんです。
血管を拡張することによって、血行も良くなるとのことで、白髪や抜け毛の予防にも役立ちそうです。

これからの暑い季節、汗や皮脂で頭皮がにおうこともあります。
重曹を使って、頭皮ケアをしてみませんか?



染めても染めても生えてくる白髪。
自宅での白髪染めはリーズナブルですが、後ろの髪を染めたりこめかみの細かい場所を染めたりと、神経も使いますし、肩も凝ります。
そんな時には、ヘアケアグッズを使って、少し癒されてみませんか?

たとえば、頭皮や毛穴の汚れまでしっかり掻き出してスッキリさせることができる、スカルプブラシ。
シャンプーの時に頭皮汚れを落としながらマッサージもできてしまいます。
洗い上がりもスッキリで、クセになりそう。

髪や頭皮の汚れをきちんと落とすためには、シャンプーをしっかり泡立てることも大切。
泡立て用のネットを使えばたっぷりもちもちの泡が立って、クリーミーな泡で気持ち良くシャンプーすることができます。

頭皮をマッサージするグッズもいろいろなものが出ていますね。
私が持っているのは某100円ショップで買ったマッサージグッズ。
針金のように細い何本ものアームが頭皮に何とも言えない刺激を与えてくれるんです。

他にもいろいろなヘアケアグッズがあるので、上手に利用してストレス解消に役立てましょう。



こめかみ部分や生え際などの白髪は、たとえ数本でもとても目立つものですよね。
肌に付きそうな場所なのでなかなかカラーリング剤を使っても、きれいに染まらなかったりするのも、この部分です。
外出前にそんな白髪を発見してしまうと、慌ててしまうんですよね。

そんな時に便利なのが『綺和美』のカラーリング剤です。
筆タイプで、使いたいところにサッと使えるのがとても便利。
液だれすることもないので、手袋やケープが必要なく、気づいたその時に白髪を隠すことができます。
べたつきがなく乾きも速いので、使ってすぐに外出できるのもうれしいですね。

マニキュアタイプで髪の中に浸透することはありません。
また、自然派・無添加・ノンシリコーン・天然植物配合で、髪に優しく、頭皮を傷つけることもないので、安心です。

ピンポイントで白髪隠しをしたいと思ったら、『綺和美』を使ってみてはいかがでしょうか?



年齢とともに増えてしまう白髪、嫌ですよね。

白髪をこれ以上増やさないようにするためには、様々な方法があります。
頭皮をマッサージして血行を良くしたり、亜鉛やビタミン、銅を含む食べ物を多く摂ったり。

また、成長ホルモンはアンチエイジングに効果があると言われていて、午後10時から午前2時の成長ホルモンが多く出る時間帯は睡眠をとると良いとも言われています。

そんな成長ホルモンの分泌を促すために、筋トレが効くそうです。
ちょっとウォーキングをしたり、軽いストレッチをしたりという内容ではなく、身体に負荷がかかって、きついと感じるぐらいの筋トレをすると、成長ホルモンが脳から分泌されるとか。

それにしても、白髪予防のためにきつい筋トレに励まなくてはならないなんて、ちょっと聞いただけではまるで関係なさそうな話ですよね。
若さを保つのはなかなか大変なことです。



最近は、白髪を自分で染める人も多いと思います。
カラーリング剤も色や種類が豊富なので、誰でも好みに近い色に髪を染めることができるようになりましたね。

ただ、自宅で白髪を染める時って、大騒ぎになりませんか?
周りを汚さないように新聞紙を敷いたり、皮膚を汚さないようにクリームを塗ったり、いろいろな準備が必要で、これだけで疲れてしまいますよね。

そんな白髪染めの時にあれば便利なアイテムを紹介します。

まずは、イヤーカバー
よく美容院で髪を染める前に、耳にカラーが付かないようにラップを輪ゴムで止めますよね。
あれって、自分でやろうと思うとなかなか難しいんです。
そんなイヤーカバーに市販のものがあるんです。
どうしても耳を汚してしまうという人にオススメ。

黒いタオル
目からウロコです。
カラーリング剤が付いてしまったタオルは、どんなに洗濯をしても落ちませんよね。
どうせだったら最初から黒いタオルを使えば目立たないし、余計なストレスも感じずに済みます。
そういえば美容院でも使ってますね。

他にも、髪を染める時に小分けにしやすいヘアクリップや耐久性のあるゴム手袋など。

あると便利なグッズがいろいろと見つかるので、一度チェックしてみてはいかがでしょうか。



中年以降になると、髪に関するトラブルや悩みもグッと増えてくるものです。
白髪と抜け毛は、特に髪の悩みとしては多いものだと思います。

特に男性にとっては、もしかすると白髪よりも抜け毛の方を気にしている人の方が、多いのかもしれません。

抜け毛には、いくつかのタイプがあります。
額の生え際がM字型に薄くなってしまうものや、頭頂部のみ丸く抜け落ちてしまうもの、全体的に薄くなってしまうものなど。
そのタイプそれぞれに異なる原因があるとのことで、自分の髪の抜け方のタイプに合ったケアが必要になってくるそうです。

ホルモンが影響していたり、血行不良が影響していたり、抜け毛の原因はさまざまです。
育毛効果があるとされている育毛剤やシャンプーも、自分の抜け毛のタイプに合っていなければなかなか効果は出ないもの。

食べ物や生活習慣などを見直すことで解消される場合もあります。
まずは、自分の抜け毛のタイプをよく知るようにし、そこから改善方法を探し出していくようにしたいですね。