髪の毛の色がどのように決定されるのでしょう。

髪の毛が生える仕組みは、毛細血管により運ばれた栄養分を毛乳頭で蓄え、
毛乳頭を取り囲んでいる毛母細胞が細胞分裂を繰り返し毛髪を作ります。

髪の毛の色が決まるのは、毛髪が生成される過程の中にあると言われております。
毛乳頭にあるメラサイトが作り出すメラニン色素が毛髪に入り込まれることにより、
色具合が決定されるのです。


毛母細胞が作り出す毛髪は最初は白髪であり、これにメラニン色素が入ることにより、
黒い髪がこの世に出てくるのです。

髪のライフサイクルの中で、メラニン色素が何らかの原因でバランスを崩し、
毛髪に色を付けることができなくなるようです。

アジア人の多くは黒髪ですが、アメリカ人やヨーロッパ人などは、
ブラウンや金髪が生えてきますが、全てメラニン色素によるものなのですね。

見た目や気持ち面でも、できれば白髪は防ぎたいものですね。

白髪は老化の象徴的なサインと言えますが、
黒い髪の中に白髪が混じっていると、非常に目立ちますよね。

いくら美しい黒髪で合っても、ポツポツある白髪のせいで、
見た目的にもスタイル的にもイメージダウンの印象を与えてしまいます。

この白髪を染めたいと願っている方々が多いのは当然と言えるでしょう。

さて、この白髪の原因はどこにあるのでしょう?
この原因の一つにメラニン色素の不足があると言われております。

メラニン色素は人体へ悪影響を与える紫外線を吸収し守ってくれるのですが、
髪の毛にもメラニン色素が含まれております。

メラニン色素は毛根の奥にある毛乳頭(メラノサイト)で作られるのですが、
さまざまな要因により生成機能が低下し、白髪が生えてしまうのです。

メラノサイトの機能が低下する原因として、
遺伝、老化、生活習慣、ストレスなど色々あります。

遺伝や老化は、自分でコントロールすることができないので、
食生活の改善やストレスを溜めないように心がけていくしかなさそうですね。