年を重ねるにしたがって増えてしまう白髪。
『もう年だから』と諦めてしまったりしていませんか?
また、白髪染めを繰り返した結果、髪の毛がボロボロに傷んでしまっている人もいると思います。

その白髪、あきらめる前に、まずは食べ物で予防してみましょう。

ビタミンB6とB12は、頭皮に酸素と栄養を行きわたらせてくれる効果があり、またビタミンB2は、髪の毛の色をつけるためのホルモンを増やす効果があるそうです。
頭皮が健康な状態になることで、白髪が減ることを期待できるというわけですね。

これらのビタミン類を多く含むのは、緑色の葉物野菜です。
ホウレンソウや小松菜、ブロッコリーなどの、濃い緑色の野菜には、ビタミンB群がたっぷり含まれているとのこと。

白髪を体の中から予防するために、これらの野菜類をできるだけたくさん食べるようにしたいですね。



暖かい春がやってきて、ホッとしたのもつかの間、気づけば日差しが強い季節になりつつあります。
初夏のこの時期、実は紫外線の量はかなり多くなっているんです。

紫外線の影響を受けるのは、肌だけではなく髪の毛も同じこと。
紫外線によって髪の毛が硬くなると、キューティクルがはがれてしまい、髪内部のメラニンが壊されてしまい、白髪などの原因にもなってしまいます。

最近は、日焼け止めのためのスプレーが販売されていますね。
肌に吹き付けるだけの簡単なスプレーを、髪の毛に使っている人もいるのではないでしょうか。

ただ、日焼け止めスプレーの種類によっては、かえって髪の毛を傷めることもあるんです。
自分の髪質に合うかどうか、髪の毛に少しだけ付けてみて、髪の様子を見てから使うようにしましょう。

まずは、帽子や日傘を忘れずに身に着けることを習慣にしたいですね。



春先は、風が強くて埃っぽいし、温度差は大きいし、髪にも肌にもあまり良くない季節という印象がありますよね。
でも、実は春先って髪の毛が元気になる季節なんだそうです。

暖かくなって、新陳代謝が高まることによって、毛母細胞の働きが活発になるんだとか。
新しい毛も生えてきやすくなるので、手入れをしていても効果が現れやすいんだそうです。

せっかく髪の毛が元気になる季節ですから、ヘアケアはいつもにも増してていねいに続けたいもの。
白髪や抜け毛、薄毛で悩む人も、ぜひこの季節は、念入りに髪の手入れをして美髪を目指しましょう。

頭皮の血行をよくするために、マッサージやブラッシングを欠かさないようにしましょう。
また、シャンプーを何度もするよりも、丁寧に頭皮を指の腹で洗って、シャンプーが髪に残らないようによくすすぎましょう。
冷え性は美髪の大敵。
暖かくなっても靴下をきちんと履いて、足が冷えないようにしましょう。

毎日の栄養バランスはもちろんのこと、ストレスもなるべくためないようにして、髪の毛にいい生活を送ることを心がけたいですね。

 



最近流行のヘアスタイルのひとつに、ふんわりと空気を含ませてアップにしたり、手グシで無造作に毛先を遊ばせたりするスタイルがあります。
かっちりと決めてしまうよりも、ナチュラル感があってかわいいので、このヘアスタイルにしている女性も多いのではないでしょうか?

でも、メイクもそうですが『ナチュラル』と付くおしゃれって、実はけっこう手がかかるんですよね。
髪の毛のふんわり感を持続させるために、ヘアスプレーを使ったり、思い通りの方向に毛先が向くようにワックスを使って調節したり…。
見た目は手がかかってなさそうな髪型やメイクに限って、かなり努力が必要です。

『楽だから』という理由でナチュラルヘアにしている人がいたら、注意が必要です。
簡単に済ませただけのヘアスタイルでは、単なる手抜きヘアと見られてしまう場合もあるんです。

ナチュラルヘアをカッコよく見せるためには、形づける手間と、普段の髪の手入れを忘れずに。
パサパサに乾燥して傷んだ髪や白髪が混じったような髪で、どんなにおくれ毛をたらしてみても、色気や美しさとは無縁の印象になってしまいます。

生活感のにじみ出たヘアスタイルにならないように、気を付けたいですね。



昆布などの海藻は、髪にいいと昔から言われています。
そんな昆布の中でも特に高級で希少な『くろめ』をたっぷり配合したカラートリートメント、それが『くろめヘアカラートリートメント』です。

美髪成分たっぷりのくろめの主成分は、フコダイン、アルギン酸などの保水力のある有効成分です。
また、抗菌・抗酸化作用があり、紫外線から髪を守ってくれるフロロタンニンも含まれているので、髪を染めながらも美髪へと導いてくれるのです。

実際に『くろめヘアカラートリートメント』を使った人からは、
「パサつきやきしみが無くなった」
「ツヤが出て指どおりが良くなった」
「ボリュームアップして、髪が増えた気がする」
などの口コミもたくさん寄せられています。

これまでのカラーリング剤で傷んでしまった髪にも、『くろめヘアカラートリートメント』はおすすめです。



今、私は大きな悩みを抱えています。
それは、こめかみの白髪。

もともと、白髪が生えてくるのが早かった私は、分け目から前髪のあたりが、もうだいぶ白くなっています。
もちろん、定期的な白髪染めは欠かせません。
毎回美容院に染めに行くと、お金もかかってしまうので、普段はほとんど市販のカラーリング剤で自分で染めています。

そんな白髪ですが、最近こめかみにも生え始めてしまったんですよね。
耳の前あたりに2本ばかり。
たった2本ですが、これがかなり目立つんです。

でも、こめかみの白髪って、染めづらくてなかなかカラーリング剤も入ってくれないんです。
髪を耳にかけたりするととても目立つので、最初は切ったりしていたんですよね。
でも、このままこめかみの白髪が増えていくたびに切っていたら、どんなことになるか…と思うと、切るのも根本的な解決にはならない気がして。

仕方なく今のところ、ペンタイプの部分染めで、出かける前などにチョチョッと塗ってごまかしています。
こめかみの白髪を染めるコツって、何かありませんか?



白髪や抜け毛は、今や、若い人の間でも髪の悩みの一つになりつつあると聞きます。
仕事上のストレスや食生活の乱れ、睡眠不足などが原因となって、白髪や抜け毛が増えている若い人が増えているようです。

東洋医学では、髪の毛は血液の一部であると考えられているそうです。
身体をめぐる血に余裕があって初めて髪の毛は美しくなるんだとか。
ですから、肌にハリや潤いがある人は髪も美しく、反対に肌にハリがなく乾燥している人の髪はパサパサだったり質が悪かったりするそうです。

確かに、白髪は頭皮の血流が悪くなることで増えるとも言われていますものね。

また、血のめぐりが悪くなると美容面だけではなく、冷え性や内臓機能の低下など、健康面にも様々な悪影響をおよぼしてしまうとのこと。

肌も髪もみずみずしく保つために、常に生活習慣に気を配って、血のめぐりを良くすることがたいせつなのかもしれませんね。



最近は様々なサプリメントが登場していますね。
忙しくてなかなか栄養バランスの整った食事を摂ることができない現代人ですから、サプリメントから栄養を補給している人も少なくありません。

先日インターネットで、ちょっとびっくりするようなサプリメントを見つけました。
それは『飲むヘアケア』と謳ったサプリメントです。
一日二粒飲むだけで、髪にハリやコシがでて、ツヤがよみがえる効果があるとのこと。

確かに、髪にいい栄養素や食べ物は知ってはいても、毎日の食事から摂るのって、難しいんですよね。
お風呂でトリートメントを使ったりヘアパックをしたりしても、効果はいま一つだったりして…。
サプリメントで補給できるのだったら、手軽で効果もありそうです。

私も、白髪染めを繰り返すことで、ずいぶん髪がパサパサになってしまっているので、効果があるのだったら、このようなサプリメントを使ってみたいなと思ってしまいます。



白髪は、本当に嫌ですよね。
老けて見えるからと、白髪をひんぱんに染め続けていると、今度は髪の毛自体がパサパサに傷んでしまったりして。

そんな白髪、加齢以外にも栄養バランスの崩れによっても引き起こされてしまいます。
少しでも髪を傷めずに白髪を改善するために、髪にいい食べ物をできるだけ意識して食べるようにしましょう。

最近話題になっているのが『銅』です。
最近の研究によると、銅を含む食品が足りないと白髪になりやすいという結果が出たそうです。
銅は、胡桃やアーモンドをはじめとするナッツ類、ダイズ、牡蠣、いりごま、アボカドなどに多く含まれているとのこと。
これらの食べ物を、白髪予防に役立てれば、髪も本質から美しくなることも期待できます。

もちろん髪にいいからと、銅を含むものばかりを摂取するのは体調不良のもと。
様々な栄養をバランスよく摂るように心がけたいですね。



年齢を重ねるとともに、髪の毛の悩みも増えるものです。
白髪や薄毛、抜毛は、加齢が原因の場合が多いのですが、最近は、若い人もこれらの髪の毛のトラブルを起こしてしまっている人が増えていると言います。

特に、最近の若い女性は、抜毛に悩む人が多いとか。
もちろん、この場合の抜け毛は加齢が原因ではありません。

最近は男性と同等に仕事をこなしている女性。
人間関係や仕事上のトラブルなど、様々なストレスにさらされています。
また、忙しさのあまり睡眠不足が続いたり、コンビニ弁当やファーストフード中心の食生活で、栄養バランスがくずれてしまったり。
こんな生活の中の様々なことが、薄毛や抜け毛の原因となっているんですね。

若い時に起こる髪の毛のトラブルは、体内からの危険信号と受け止めて、もしも急に白髪が増えてきたりしたら、一度病院で相談してみる必要もあるかもしれませんね。