最近は、シニア向けのウィッグというものも、よく見かけますね。
髪にボリュームが無くなると、どうしても老けてしまうもの。
そんな髪のボリュームアップに、ウィッグを使う女性が多いようです。

私の母も、最近頭頂部の髪が薄くなってきたとかで、ウィッグを探しているようです。
先日、一緒にショップに並んでいるウィッグを見ていたのですが、残念ながら母に合うタイプのものは見つからず。

やっぱり白髪が増え始めた年代の人には市販のウィッグは合わせにくいんですね。
色がきれいすぎるのです。
白髪を染めて少しパサついたり、色があせた髪に合わせると、かえって浮いてしまって…。

ある年代を過ぎたら、ウィッグはオーダーメイドで作ってもらう方がいいようです。
美容院で相談すれば、カタログなどから選べるし、試着もできるそうなので、美容院でオーダーするといいですね。

私もいつか、ウィッグのお世話になる日が来るのでしょうか。
なんとなくさびしい気持ちです。



40代にさしかかる頃から、白髪は急激に増え始めるようですね。
美容院に行ったり、市販のカラーリング剤を使ったりして、白髪を染めるというのが、この年代の白髪の対処法だと思います。

でも、更に年を重ねて白髪が増えてしまうと、白髪を染めるのも一苦労。
だんだんと白髪を染める気力もなくなってきてしまうようです。
私の母も、今では髪の毛のほとんどが白髪なのですが、自分では見えない後ろの部分などを染めるのが大変だと嘆いています。

ある年代を過ぎたら、白髪隠しのためにウィッグを使ってみてもいいかもしれませんね。
最近はいろいろなカラーのウィッグがあるので、自分の髪色に近いものを探しやすいと思います。
また、ボリュームの減ってきた頭頂部などにボリュームを出すこともできるので、一石二鳥

私も母に、そろそろウィッグをプレゼントしてあげようかなと思います。