よく『若白髪』なんていう言葉を耳にします。
20代などの若い年代で生えてきてしまう白髪のことで、加齢によって生えてくる白髪とは原因が違うそうです。

加齢によって髪の毛を黒く色付けるメラトニンが減少してしまうのと違って、若白髪は、遺伝やストレスが原因のものが多いとのこと。
驚いたことに、場合によっては小学生でも白髪が生えてしまう子がいるそうです。

小学生の場合でも、やはり遺伝などが考えられるのですが、できるだけストレスを取り除いてあげることも必要です。
また、高学年になってくると、周りの人の目が気になり始め、コンプレックスになってしまうことも…。

それらのことを考えると、小学生であるとは言え、白髪を染めてあげることを考えることも必要かもしれません。
髪や頭皮の傷みを避けるために、トリートメントタイプのカラーリング剤を用意してあげてもいいですね。

子供でも大人でも白髪はいやなものです。
傷つけないように上手に対処してあげたいですね。



最近は、白髪を自分で染める人も多いと思います。
カラーリング剤も色や種類が豊富なので、誰でも好みに近い色に髪を染めることができるようになりましたね。

ただ、自宅で白髪を染める時って、大騒ぎになりませんか?
周りを汚さないように新聞紙を敷いたり、皮膚を汚さないようにクリームを塗ったり、いろいろな準備が必要で、これだけで疲れてしまいますよね。

そんな白髪染めの時にあれば便利なアイテムを紹介します。

まずは、イヤーカバー
よく美容院で髪を染める前に、耳にカラーが付かないようにラップを輪ゴムで止めますよね。
あれって、自分でやろうと思うとなかなか難しいんです。
そんなイヤーカバーに市販のものがあるんです。
どうしても耳を汚してしまうという人にオススメ。

黒いタオル
目からウロコです。
カラーリング剤が付いてしまったタオルは、どんなに洗濯をしても落ちませんよね。
どうせだったら最初から黒いタオルを使えば目立たないし、余計なストレスも感じずに済みます。
そういえば美容院でも使ってますね。

他にも、髪を染める時に小分けにしやすいヘアクリップや耐久性のあるゴム手袋など。

あると便利なグッズがいろいろと見つかるので、一度チェックしてみてはいかがでしょうか。



最近は、ドラッグストアなどに行くと、男性用のカラーリング剤を多く見かけるようになりましたね。

『メンズビゲン ワンプッシュ』は、男性用のカラーリング剤です。
1剤と2剤の容器がセットされていて、ワンプッシュするだけで、2種類の薬剤が一度に出てくるタイプなので、わざわざ容器に1剤と2剤を出して混ぜる手間がいりません。
更に、薬剤を髪の毛にブラシで塗布してからの放置時間は、たったの5分。
5分間で白髪がきれいに染まるので、仕事などで忙しい男性でも、気楽に白髪染めをすることができます。

女性と同じように、男性もおしゃれな人が増えてきましたよね。
白髪を放置しておいて老けて見られることに抵抗を感じるのは、男性も同じようです。

いちいち美容院に染めに行くことに抵抗を感じてしまう人は、まずは自宅で白髪染めをしてみてはいかがでしょうか。



昆布などの海藻は、髪にいいと昔から言われています。
そんな昆布の中でも特に高級で希少な『くろめ』をたっぷり配合したカラートリートメント、それが『くろめヘアカラートリートメント』です。

美髪成分たっぷりのくろめの主成分は、フコダイン、アルギン酸などの保水力のある有効成分です。
また、抗菌・抗酸化作用があり、紫外線から髪を守ってくれるフロロタンニンも含まれているので、髪を染めながらも美髪へと導いてくれるのです。

実際に『くろめヘアカラートリートメント』を使った人からは、
「パサつきやきしみが無くなった」
「ツヤが出て指どおりが良くなった」
「ボリュームアップして、髪が増えた気がする」
などの口コミもたくさん寄せられています。

これまでのカラーリング剤で傷んでしまった髪にも、『くろめヘアカラートリートメント』はおすすめです。



一本でも生えていると、とても目立つ白髪。
年齢を重ねるごとに増えて行ってしまうもので、老けた印象になってしまうので、美容院や自宅で白髪染めをする人も多いのではないでしょうか。

そんな白髪。
みなさんは、何色に染めたいですか?

噂によると、最近は黒髪が流行っているとか?
黒くてつややかな髪はやっぱり美しいですものね。
若い女性達の中では黒髪が流行のようです。

とは言え、白髪は黒く染めると、生え始めの根元の白さが目立ってしまうんですよね。
白髪を隠すために染めるとしたら、やっぱり黒よりもこれまで通り、少し明るめの茶系に染める方がいいのかもしれません。

あまり明るい色に染めてしまうと、流行に乗り遅れそうだし、黒い色で染めると白髪が目立ってしまいそうだし…。
ドラッグストアでカラーリング剤のカラーを選ぶ時に、迷ってしまいそうです。



白髪が増えてくると、どうしても避けては通れないのが、白髪を染めること。
最近は、市販のカラーリング剤を使ってリーズナブルに白髪染めをすることもできるようになりましたね。

でも、自分で白髪を染める時、なんとなく勘違いしたり、間違った方法でやっていたりすることがあります。

まず、白髪を染める前に髪の毛を洗う人がいると思います。
できるだけきれいな髪にカラーリング剤を塗りたいと思うのはあたりまえのこと。
でも、白髪染めの前に髪の毛を洗うことは避けましょう。
カラーリング剤は乾いた髪につけるのが基本です。

また、汚れにくいからと、お風呂場で白髪染めをすることもNGです。
お風呂場の蒸気に触れると、カラーリング効果はうすれてしまうんです。
湯船につかりながらカラーリングをできれば、時間の節約になるんですけどね。

こんなふうに、自分で白髪を染める時には、いろいろと気を付けなければならないことも多いので、説明書をよく読んで、正しい方法で染めるようにしましょう。



市販のカラーリング剤を使って自分で白髪を染めようと思った時に、どんなふうに染めたらいいか悩むことって、ありませんか?
美容院で白髪を染めてもらうと、雑誌を読んだり美容師さんとしゃべったり、何気なく染めてもらっているので、どんなふうに白髪を染めているのかあまり見ることがありませんよね。

いちばん気になるのは、髪の毛のどの部分から染めるかの順番だと思います。

基本的に、新しく白髪が生え始めてきた根元部分や、白髪の多い部分から染め始めるようにしましょう。
それほど差が無い場合には、襟足や耳周りなどを先に染め、後ろから前へという順番に染めると、色ムラが出にくく、きれいに染まります。

白髪が多い部分などは、先に塗っておいた方が放置時間が長くなるので、上手に染めることができます。

髪質によっても染まりやすさが違ってくるので、放置時間は自分の髪に合った時間を見つけておくといいですね。



自宅で簡単にリーズナブルにできるので、市販のカラーリング剤は人気があるようですね。
最近は、とても多くのカラーバリエーションが用意されているので、自分好みの髪色に仕上げることも難しくはなくなりました。

ただ、中には『思った通りの髪色にならなかった』という人もいるのではないでしょうか。

特に多い悩みが、白髪染めをしたら髪が赤みがかってしまったというもの。
明るい茶色にしたいと思って選んだカラーリング剤で染めた結果、赤い髪になってしまったということは、よくあるようです。

髪質によって、カラーリング剤のカラー表示とは違った仕上がりになってしまうのは、よくあること。
自分の髪質、髪色を良く知った上でカラーリング剤を選ぶようにしましょう。

いちばんいいのは、補色を選ぶということ。
補色とは、反対色のことです。
赤っぽい髪の人はグリーン系を、黄色っぽい髪の人はパープル系を選ぶようにしましょう。
補色は、元の色を抑えてくれるので、ちょうどいい髪色に仕上げることができます。

いくつかの色を試してみて、自分に合ったカラーを時間をかけて選ぶことをおすすめします。



毎日きちんとシャンプーしているのに、なんとなく頭皮がにおう。
そんな悩みを抱えている人が、わりと多いようです。

頭皮はデリケートな部分なので、ちょっとしたことで雑菌が発生したりして、ニオイのもとになってしまうんだとか。

頭皮のニオイの原因にはいくつかあります。

シャンプーの成分はきちんと洗い流さないと頭皮に残りやすいもの。
その残ったシャンプーが雑菌の繁殖の原因になります。

シャンプー後、ドライヤーできちんと乾かさないことで、生乾きの髪がニオイのもととなる物質を吸着しやすくなってしまいます。

また、白髪を染めるために強いカラーリング剤を使い続けることでも、頭皮の炎症を招き、ニオイを発することがあります。

頭皮のニオイが気になる人は、これらのことにもう一度注意して、頭皮を清潔な状態に保つようにしてみましょう。



20代の後半から白髪が増え始めた私。

最近は節約もかねて美容院で染めずに、市販のカラーリング剤を買って自分で白髪を染めることが増えました。
そんな自宅での白髪染めに付き物なのが、肌につかないようにクレンジング剤を塗るなどの下準備です。

肌はもちろんのこと、家の中も汚さないようにするのも忘れないようにしましょう。
以前私も、何回か失敗したことがあります。

かなり気を付けているつもりでも、白髪を染めている時にカラーリング剤が、室内にはねたり、飛び散ったりすることがあるんですよね。
いちど床や壁に付いてしまったカラーリング剤は、とにかく落ちません。
我が家の畳には、今でも昔私がたらしてしまったカラーリング剤の茶色いしみが残っています。

自宅で白髪染めをする時には、まず、部屋中に新聞紙をしきつめ、カラーリング剤をすぐにふき取れるように、濡れたぞうきんなどを用意することをおすすめします。