最近は、市販のカラーリング剤を買ってきて、自分で白髪を染めている人も増えていると思います。
カラーリング剤の種類も増えたので、好みの色に簡単に染められて便利ですよね。

そんなカラーリング剤ですが、実は目に入ってしまうと、ちょっと深刻な事態も引き起こしかねないそうです。

白髪を染めるためのカラーリング剤には、身体に悪影響を与える成分を使っているものが少なくありません。
これらの成分が目に入ることで、角膜が炎症を起こしたり、目の周りが腫れたり、痛みを感じたり、最悪の場合失明することもあるとのこと。

ちょっと怖い話ですよね。

白髪を染める場合には、目に入らないように十分注意し、また、もし入ってしまったら、長い時間をかけて流水で洗い流すようにしましょう。
それでも痛みがとれなかったり、視界がぼやけるなどの症状があれば、すぐに眼科医に診てもらうことをおすすめします。

自宅での白髪染めには、万全の注意を払うようにしたいですね。



美容院で白髪を染めると、きれいに染めてもらえて楽ですが、どうしても費用がかかってしまい毎回染めることには躊躇してしまうものです。
節約も兼ねて、市販のカラーリング剤を買って自分で染めている人も、多いと思います。

自分で白髪を染める場合、どんなカラーリング剤を選べばいいか迷ってしまいますよね。
特に、地肌が荒れたり、アレルギー反応が起きてしまったら…と思うと、カラーリング剤選びも難しいものです。

アレルギー反応は、どの種類が起きてどの種類が起こらない、どんな人が起こってどんな人が起こらないということははっきり言えないものです。
使う人の体質やその日の体調によっても、違ってしまうもの。

毎回、パッチテストをきちんとすることが大切です。

また、消炎作用のあるシャンプーやコンディショナー、頭皮の状態を整えるローションなどもあるので、上手に組み合わせて使ってみてもいいかもしれませんね。



白髪は、一度生えてしまうとなかなか改善することが難しいものです。
白髪が目立つのが嫌で、染めている人も多いのではないでしょうか。

最近は、市販のカラーリング剤にもいろいろな種類のものが登場しているので、簡単に自分で白髪染めをできるようになりましたね。

ただ、市販のカラーリング剤には、アレルギー反応を引き起こしてしまうものもあるので、注意が必要です。
特に、新しく購入して初めて使うカラーリング剤の場合は、自分が使っても大丈夫かどうかパッチテストをするようにしましょう。

いつも自分で染めていてもトラブルが無いからと安心してはいけません。
これまで使っていたものと違うカラーリング剤を使う場合は、その製品に含まれる成分が自分に合うかどうかわかりませんものね。

アレルギーは重症になると、咳が出たり、呼吸困難になったりと、怖い症状も引き起こします。
たかが白髪染めと甘く見ないで、きちんと取り扱うようにしましょう。



最近、泡のタイプのカラーリング剤が話題ですね。
頭頂部や後頭部、こめかみ部分など、白髪染めを自分でしようと思うと、見えにくい部分やハケやブラシでは塗りにくい部分などがあって、わりと大変。

そんな時でも、泡タイプだったら、手で髪の毛全体をもみこむようにして薬剤をなじませるだけで、髪の毛の根元まで行きわたらせることができるので、とっても簡単なんです。

サロンドプロの『ワンプッシュ ヘアカラー』は、泡タイプのカラーリング剤です。
はちみつ、つばきオイル、海藻エキス、ローヤルゼリーエキス、水溶性コラーゲンなど5つのトリートメント成分が配合されているので、しっとりツヤ髪になることができます。
髪の内側まで成分をきちんと届けて閉じ込めるので、色持ちも長続き。

トリートメント力があって色持ちもいいカラーリング剤って、なかなか無かったので、この『ワンプッシュ ヘアカラー』はうれしいですよね。

気になるニオイがなく、残った薬剤は次に使う時まで取っておけるのも、実用的でとっても便利。
ムラなくしっかり染まる泡タイプのカラーリング剤は、全体に増えてしまった白髪に最適です。



美容院で毎回白髪を染めてもらうと、どうしても気になるのが費用ですよね。
少しでも節約をしたいと、市販のカラーリング剤を買って自分で白髪染めをしている人も多いと思います。

そんな白髪染めですが、温度が低いと染まりが悪いんですよね。
市販の白髪染めの多くは、温度が低く、頭皮が冷えた状態だと髪に浸透しにくくなってしまうんです。

そこで、冬の白髪染めには対策が必要です。

洗面所などの寒い場所で染めている人は、小型電気ストーブなどで空気を暖めましょう。
髪の毛にまんべんなくカラーリング剤を塗布したら、髪全体をラップでくるむようにします。
ラップの上から更にタオルなどを巻くと、完璧です。

これでしばらくは暖かい部屋で過ごして放置しておきましょう。
そのままの格好で、しばらく湯船につかっていてもいいですね。

すこしの手間をかけるだけで、冬場の寒い時期でも白髪の染まり方が格段に変わってきます。
手間を惜しまず、きれいに髪を染めるようにしたいですね。



40歳近くになると、急に増え始める白髪。
白髪の量が増えてしまうと、やはり染めるしか方法はありません。

ただ、まだ一部分だけにしか白髪が生えていなかったり、髪の内側など比較的目立たない場所に白髪が生えていたりという程度であれば、急いで染める必要は無いかもしれません。

白髪染めに使われるカラーリング剤には、髪を傷める成分を含むものも少なくありません。
できればカラーリング剤はあまり使わずにいたいもの。

それほど多くない白髪であれば、髪の乾燥をケアするだけでも目立たなくさせることができます。
髪が乾燥してパサパサだと、どうしても白髪が目立ってしまいます。
髪用の美容液を使ったり、ヘアオイルを使ったりすることで、髪のパサつきをおさえてあげましょう。

髪を必要以上に傷めないためにも、カラーリング剤を使うのは最後の手段と考えるたほうがいいですね。

 



白髪が生えてくると、カラーリング剤を使って染める人が多いと思います。
最近は、市販のカラーリング剤も様々なカラーが用意されていますね。

カラーリング剤で染めれば、きれいに白髪を染めてくれて便利なのですが、やはり髪の傷みが心配。
カラーリング剤をひんぱんに使うと、地肌や髪を傷めてしまうので、できるだけ回数は少なくしたいものですよね。

白髪を染める回数を減らすためにも、染めた色を長くキープさせるようにしましょう。
シャンプーは、髪や地肌に刺激が強いので、できるだけマイルドなものを選び、一日に一回までとします。
また、ドライヤーは低めの温度で時間をかけて乾かし、そのあとの頭皮の保湿を忘れずに。
頭皮マッサージで血行を良くすることも、頭皮の保護になります。

毎日のケアをきちんとして、きれいに染まった色をできるだけ長持ちさせるようにしましょう。



白髪を最も手軽に、リーズナブルに染めることができる市販のカラーリング剤。
このカラーリング剤の中でも、カラーバリエーションが豊富なのが『ロレアルパリ フェリア3Dカラー』です。

『ロレアルパ フェリア3Dカラー』は、全18色。
『フランボワーズ』『キャラメルシック』『ダークショコラ』など、それぞれのカラーにつけられたネーミングも、とてもかわいいものばかりなんです。

インナーケア成分とスムーズヴェール成分が、髪を内側と外側からじっくりと作用して、ツヤを持った美しい色に染めてくれるのが特徴。
髪の色ツヤをキープして、なめらかでうるおいのある髪質を表現してくれるニュアンスアップトリートメントが付いているのも、うれしいところです。

バリーション豊富な『ロレアルパリ フェリア3Dカラー』で、自分好みの髪色に染めて、白髪染めを楽しんじゃいましょう。



美容院で白髪染めをしてもらうと、準備から染め方、洗い流し方まで、全てが完璧で満足できるのですが、費用はやっぱり安くありません。
そこで、私は美容院での白髪染めの合間には、自分で染めてみることにしました。

最近は、市販のカラーリング剤にもいろいろなカラー、いろいろな使い方のものが増えているので、好みのものが選べるようになりましたね。
今回は、クリームタイプのカラーリング剤の使用感について、お話しますね。

このタイプは、2つの薬剤があって、染める直前に2種類の薬剤を混ぜ合わせる必要があります。
もちろん、混ぜるための専用の容器も付いていますから、付属のハケでこの2液を混ぜるのですが、なんとなく混ぜ合わせるのがひと手間だという感はぬぐえません。

ムラなく混ぜると、茶色く発色してくるので、早速髪に塗ってみます。
ハケで塗るので、髪の表面だけをなでつけるだけでは、なかなか内側まで浸透しません
そのかわり、白くなり始めた髪の根元には、ハケでたたきつけるようにすると、しっかりと染まりました。

2剤を混ぜていなければ、残った薬剤を取っておけるのは、それほど髪の長くない私にとって、うれしいことでした。

色はきちんと入って仕上がりもきれいなのですが、この2剤を混ぜる手間と、ツンとしたニオイが残念なところかな。



美容院で白髪染めをする時、おでこにクレンジングクリームを塗られたり、耳にサランラップでカバーを着けられたりした経験は、誰でもあると思います。
これは、もちろん髪の毛以外の部分にカラーリング剤が付かないようにするための準備です。

白髪染めのためのカラーリング剤は、一度肌に付くととても落ちにくいものです。
おでこや耳に茶色い色素が残ってしまうと、本当に困ってしまいますよね。

カラーリング剤の付着を防ぐため、自宅で白髪染めをする場合も注意が必要です。
生え際を中心としたおでこや耳の周りなどには、丁寧にクレンジングクリームを塗り、手袋をはめるようにします。

もし、思いがけない部分にカラーリング剤が付いてしまったら、すぐにクレンジングクリームで優しく落とすことが大切です。
この時に、ゴシゴシこすると皮膚が炎症を起こしてしまったりするので、そっと拭くようにしましょう。

まずは肌に付かないように、きちんと準備をすることを忘れないことが大切ですね。