白髪染めというと最近は、普通の白髪染め剤からトリートメントタイプのものまで、いろいろな種類のものが登場していますね。

そんなトリートメントタイプの白髪染め『キラキュア』は、髪の状態を美しく保ちながら、白髪を染めてくれる効果があって、最近注目されているんです。

『キラキュア』には、髪を元気にするシアル酸という成分を含むプラセンタが配合されています。
他にも、ダメージに対応するEGF、輝き成分のダイヤモンドパウダー、コラーゲンや琥珀成分など、髪にいい成分がたっぷり含まれてるそうです。
さらに、髪に負担をかけずに白髪を染めてくれる49種類もの植物美容成分が配合されているので、白髪もしっかり染まるとのこと。

白髪染めというと、髪が傷むというイメージが強いものですが、この『キラキュア』はこれまでの白髪染めとはちょっと違うみたいなんです。

トリートメントタイプなので、バスタイムに髪を洗った後に髪になじませるだけと、使い方も簡単。
染まりにくいところがきちんと染まった上に、髪がサラサラになったと、口コミでも話題の『キラキュア』を、私も使ってみたいなと思います。



加齢やストレスが原因で増えてしまう白髪。
老けて見えるのでとっても困りますよね。

そんな白髪を改善したいと思ったら、頭皮の乾燥をケアしてしっかり保湿することが大切だと言います。
頭皮を保湿するだけで、加齢による白髪がすぐに改善されるとは限りませんが、髪がパサついていると白髪がますます目立つことは確かです。
美髪になるためにも、頭皮の保湿はきちんとしておきたいものです。
寒い季節や、エアコンの風をたくさん浴びてしまう季節は、特に髪の乾燥対策は重要です。

毎日できて簡単な方法に、髪のホットパックがあります。
シャンプー後にトリートメントを塗った髪をタオルで包み、10分ほど放置しておくだけでOK。
これだったら湯船につかっている間に、髪の手入れができるので、とても簡単です。

これからますます寒くなるので、バスタイムを有効に利用してリラックスして過ごしたいものですね。



みなさん、白髪染めってだいたいどれくらいの頻度でやっていますか?
せっかくきれいに白髪を染めても、2週間もたつともう、根元の部分が伸びてきて白くなってしまって、ガッカリしてしまうこともあると思います。

根元の白髪って、ちょっと髪をかき分けたりしたときに、とても目立つものです。
中にはこまめに白髪を染め直している人も、多いと思います。

とは言え、毎回毎回髪の毛全体を染めていては、髪が傷みやすくなってしまいます。
全体を染めるのは、2カ月に1回ほど、あとは2~3週間に一度ぐらいの割合で、生えてきた髪の根元だけを部分染めするのが、髪にも負担が少なくすみます。

最近は、トリートメントタイプのものなど、毎日使っても大丈夫な製品も増えてきています。

髪を必要以上に傷めないように、全体の染め直しはあまりひんぱんに行わないようにしましょう。



アラフォー世代の私くらいになると、周りの友達にも白髪に悩む人が増えてきます。
自分で白髪染めを買って染めているという人も、たくさんいます。

そんな友達の1人が『白髪染めの後、なんとなく色落ちしそうなので、白髪染めを少し残すくらいの感覚ですすいでいる』と言っていたのでびっくりしました。

白髪染めの後の薬剤は、よく洗い流さないといけません。
もしも薬剤が残ってしまうと、髪の毛や頭皮を傷める原因になってしまうんですよね。

白髪染めをした後は、ぬるめのお湯でよく洗い流し、ヘアカラー専用のシャンプーで洗うことが大切です。
キューティクルが傷まないように、髪の毛を擦り合わせないように洗うようにします。
最後にトリートメントで保護してあげることも忘れずに。

そう、白髪は、染めた後が肝心なんですよね。

もちろん、友達にはきちんと洗い流すように言っておきました。



女性だったら誰でも、美しい黒い髪にあこがれるものですよね。
でも、残念ながら加齢やストレスによって、白髪が生えてきてしまう人は多いものです。

白髪を隠すためにいちばん多い方法としては、やはり染めるという方法ですよね。
美容院で定期的に染めたり、カラーリング剤を購入して自分で染めたり。

自分で髪を染めるのは、美容院よりも費用がかからなくていいのですが、どうしても髪や皮膚へのダメージが心配なものです。

カラーリングは、種類によってはキューティクルを破壊してしまうものや、地肌をかぶれさせてしまう成分が入っているものも少なくありません。
自宅で白髪を染めたら地肌が荒れてしまったという経験談も耳にします。
敏感肌の人は、特に、市販の白髪染めには注意が必要です。

どうしても自分で染めたい場合は、トリートメントタイプのものを選ぶのも、一つの手段ですね。 毎日のシャンプー後にトリートメントとして使うだけなので、難しくなく、マイルドに白髪を染めてくれます。

白髪染めも、自分の体質に合ったものを選ぶことが大切です。

白髪が目立つと老けて見えるものです。 私も白髪ができるだけ目立たないようにと、定期的に白髪を染めています。

普段は自分で染めつつも、時々美容院で白髪を染めてもらっています。
美容院で染めるとしっかりと染まるし、白髪が目立たなくなるのですが、一週間もすると、新しく生えてきた髪の根元が白くて、がっかりしてしまうことがあります。

生え際の白髪は、意外と目立つものなので、忘れずにチェック、ケアをしていきたいものです。


最近では髪の全体を染めなくても、ペンタイプのカラー剤や、トリートメントタイプのカラー剤も出ています。

出かける前にちょっと塗るだけで白髪が見えなくなるペンタイプのもの。
毎日のシャンプー後にトリートメントするように髪につけて洗い流すだけのタイプのもの。

これらのカラー剤を使えば、手間がかかることもなく、髪も傷みにくいので、白髪染めの合間の期間に上手に利用したいと思います。