美容院で白髪を染めると、きれいに染めてもらえて楽ですが、どうしても費用がかかってしまい毎回染めることには躊躇してしまうものです。
節約も兼ねて、市販のカラーリング剤を買って自分で染めている人も、多いと思います。

自分で白髪を染める場合、どんなカラーリング剤を選べばいいか迷ってしまいますよね。
特に、地肌が荒れたり、アレルギー反応が起きてしまったら…と思うと、カラーリング剤選びも難しいものです。

アレルギー反応は、どの種類が起きてどの種類が起こらない、どんな人が起こってどんな人が起こらないということははっきり言えないものです。
使う人の体質やその日の体調によっても、違ってしまうもの。

毎回、パッチテストをきちんとすることが大切です。

また、消炎作用のあるシャンプーやコンディショナー、頭皮の状態を整えるローションなどもあるので、上手に組み合わせて使ってみてもいいかもしれませんね。



誰でも簡単に、リーズナブルに白髪を染めることができるカラーリング剤。
最近は、色のバリエーションも豊富になって、白髪染めを家庭でする人が増えていると思います。

そんな手軽な白髪染めですが、カラーリング剤によっては、アレルギー反応を起こしてしまう成分を含むものもあります。
頭皮がかゆくなったり赤くなったり、ひどい時には呼吸困難まで引き起こしてしまうことのあるアレルギー。
そんなトラブルを回避するためにも、カラーリング剤のパッチテストは必ずするようにしましょう。

腕などの皮膚に、使おうと思っているカラーリング剤を少しだけ塗ります。
2剤使うものは2剤混ぜて、腕に塗ります。
それから2日間の間、皮膚に何も変化がなければ、髪を染めてもまず大丈夫ですが、もしかゆみやかぶれの症状が出てしまったら、そのカラーリング剤を使うのは控えましょう。

いつも使っているカラーリング剤でも、体調によってはアレルギー反応が出てしまうことがあります。
白髪を染めようと思ったら、毎回必ずパッチテストをするようにしたいですね。



加齢やストレス、食生活の乱れなどによって増えてしまう白髪。
多くの人が白髪に悩んでいます。

私も、20代の後半ぐらいから白髪が増え始め、最近は定期的に白髪を染めて過ごしています。
美容院で染めるとどうしても費用がかかってしまうため、市販の白髪染めを買って自分で染めることが多いのですが、自分で染める時にはやはり注意が必要な点もあるんですよね。

白髪染めは、製品によってアレルギー症状を起こしてしまう成分を含むものがあります。

長期にわたって使い続けることで、成分が蓄積されて髪がパサついたり傷んだり。
また、アナフィラキシーショックといって、急に呼吸が苦しくなったり、湿疹ができてしまったりという重いアレルギーを引き起こしてしまうこともあるようです。

ですから私も、白髪を染める時には、いつも使っている白髪染めでも必ずパッチテストをするようにしています。
普段は問題なく使えても、体調によっては症状が出てしまうこともあるみたいですから。

せっかく髪をきれいに染めても、体調を崩してしまっては意味がありませんものね。