「さあ、今から白髪染めをしよう」
そう思った時、みなさんはどんな準備をしますか?

カラーリング剤が飛び散っても床が汚れないように新聞紙を敷き詰め、汚れてもいいTシャツを着、汚れてもいいバスタオルを出し、手袋を装着し…。
とにかく周りを汚さないための準備が大変ですよね。

カラーリング剤は一度付いてしまうと、絶対に落ちないんですよね。
洗面所の床には以前、私が付けてしまったカラーリング剤がいまだに残っています。

染め終わってシャンプーできれいに洗い流した後も、油断はできません。
濡れた髪を拭くと、たいていバスタオルはうっすらと茶色くなってしまいます。
悪い時には枕カバーも色が付いてしまうことがあります。

そんな色移りがしないカラーリング剤もあるとか。
それは、ヘナを始めとした天然成分を使用したカラーリング剤だそうです。
髪の毛だけをしっかりと染め、他の物には色移りしないなんて、なかなか賢いカラーリング剤ですよね。



白髪を安全に染めることができるということで注目されているヘナ。
ヘナは、天然の植物で髪を染めるので、人口のカラーリング剤よりも髪を傷めず、アレルギー反応も出にくいと言われています。

とは言え、ヘナだからと言って完璧、絶対に大丈夫というわけではないのが現実です。

もちろんカラーリング剤に比べれば頭皮や髪に与える影響は少ないものですが、ヘナを使って髪を染めた後にかぶれてしまったという人もいるんです。
体質によっては、ヘナでもアレルギー反応を起こしてしまうということを忘れないようにしたいですね。

ですから、ヘナを使う場合にも、カラーリング剤と同じようにパッチテストを行うようにしましょう。
また、本来、純粋なヘナであれば髪はオレンジ色に染まるものです。
中にはそのオレンジ色が気に入らないという人もいますが、オレンジ色以外の色に染まる場合は、別の染料や成分を含んでいることもあるので気を付けるようにしましょう。

『ヘナ』の一言に惑わされないように、正しい選び方、使い方をすることが大切ですね。

ずいぶん前から若白髪だった私。 もう何年にもわたって、美容院で染めたり、自宅で白髪染を使って染めたり。

その結果、手触りはゴワゴワパサパサ。 とても傷んだ髪になってしまいました。

なんとか、髪を傷めずに染められる白髪染め剤はないものかと、探してみると…

『ヘナ』というものが。



ヘナは、髪にとてもよく、使えば使うほどサラサラつやつやになるんだそうです。 頭皮にやさしく、傷んだ髪の内部にヘナが入って修復してくれるのは、とてもうれしいこと。

ただ、ヘナにもデメリットはあるみたいですね。 まず、白髪は黒くは染まらずオレンジ色に染まるというので、好みが分かれるようです。 また、ヘナを塗ってから数時間置かないとならないので、かなり時間はかかるとのこと。

これらのデメリットを補ってなお、髪が健康に美しくなるのだったら…。 一度使ってみたいなあと思います。