白髪が生えていると、とっても老けて見えてしまいます。
髪が白くなってしまうと、見た目だけでなく他にも影響を与えてしまうんです。

毛根で作られた髪の毛はもともと白く、その白い髪の毛が生える時にメラニン色素によって髪に黒い色がつけられます。
このメラニン色素のおかげで、頭皮や髪の毛が紫外線のダメージから守られているというわけなんですね。

ですから、白髪が増えてしまうと、頭皮や髪の毛が紫外線のダメージを受けやすく、パサつきや乾燥の原因となってしまうんです。
髪の毛を色づけるメラニン色素には、見た目だけではない大切な役割があったんですね。
ですから、できるだけメラニン色素を減らさないように、普段から気を付けることが大切です。

外食やファーストフードばかりで偏った食生活を送っていると、メラノサイトに栄養が行きわたらず、色素を作り出すことができなくなってしまいます。
また、普段から頭皮のマッサージなどをして血行を良くしましょう。
睡眠をしっかりとって、ストレスをためないようにすることも大切です。

毎日の生活に気を配って、白髪が生えにくい健康な頭皮作りをしましょう。

白髪は老化の象徴的なサインと言えますが、
黒い髪の中に白髪が混じっていると、非常に目立ちますよね。

いくら美しい黒髪で合っても、ポツポツある白髪のせいで、
見た目的にもスタイル的にもイメージダウンの印象を与えてしまいます。

この白髪を染めたいと願っている方々が多いのは当然と言えるでしょう。

さて、この白髪の原因はどこにあるのでしょう?
この原因の一つにメラニン色素の不足があると言われております。

メラニン色素は人体へ悪影響を与える紫外線を吸収し守ってくれるのですが、
髪の毛にもメラニン色素が含まれております。

メラニン色素は毛根の奥にある毛乳頭(メラノサイト)で作られるのですが、
さまざまな要因により生成機能が低下し、白髪が生えてしまうのです。

メラノサイトの機能が低下する原因として、
遺伝、老化、生活習慣、ストレスなど色々あります。

遺伝や老化は、自分でコントロールすることができないので、
食生活の改善やストレスを溜めないように心がけていくしかなさそうですね。