泡タイプの白髪染めは、どちらかというと新しいタイプのものですよね。
ここ何年かで急に種類が増えてきたように思います。
簡単そうなので私もさっそく使ってみました。

CMなどでも言っているように、泡を髪の毛になじませていくだけなので、確かに使い方は簡単。
乾いた髪に、付属の手袋をした手で泡を塗り伸ばし、根元までよく浸透させます。
薬剤を混ぜる手間も無く、ブラシでとかす必要も無いので、確かに手間はかかりません。
最後に髪全体を揉みこむようにして、15分から20分ほど置きます。

とっても簡単だったのですが、いざシャワーで洗い流して乾かしてみると、あんまりきちんと色が入っていないんですよね。
髪の毛が金色っぽくなるだけで、白髪だとすぐにわかってしまうんです。
どうやら私の髪には合わなかったようで、残念。

もう一つ残念だったのは、使いきりタイプなので残った薬剤を次回使えないという点。

そんなわけで、泡タイプは使っていない私です。



わりと若いうちから白髪に悩まされてきた私は、これまでにいろいろな白髪染めを使ってきました。
そんな私が、よく使っているのは、混ぜる手間の無い白髪染めです。

専用の容器に出してハケで混ぜて発色させる白髪染めは、どうしても面倒くさいもの。
この白髪染めは、ボトルのボタンを押すと、二つ並んだボトルのノズルから2剤が同時に出てきて、その2剤をブラシにのせて髪に塗っていくというタイプなんです。

2剤をのせたブラシで、髪の毛をとかすように塗りつけていくうちに、2剤が混ざって発色します。
残った薬剤は、別ボトルに入っていて混ざっていないので、次回に使うことができて経済的。

15分ほど置いて洗い流すと、根元まできちんと色が入っています。
色の持ちもいいので、3週間ほどたったら、新しく生えてきた根元の部分だけを染めればOK。

いろいろな面で満足できて、今、私がいちばんよく使っているタイプの白髪染めです。



美容院で白髪染めをしてもらうと、準備から染め方、洗い流し方まで、全てが完璧で満足できるのですが、費用はやっぱり安くありません。
そこで、私は美容院での白髪染めの合間には、自分で染めてみることにしました。

最近は、市販のカラーリング剤にもいろいろなカラー、いろいろな使い方のものが増えているので、好みのものが選べるようになりましたね。
今回は、クリームタイプのカラーリング剤の使用感について、お話しますね。

このタイプは、2つの薬剤があって、染める直前に2種類の薬剤を混ぜ合わせる必要があります。
もちろん、混ぜるための専用の容器も付いていますから、付属のハケでこの2液を混ぜるのですが、なんとなく混ぜ合わせるのがひと手間だという感はぬぐえません。

ムラなく混ぜると、茶色く発色してくるので、早速髪に塗ってみます。
ハケで塗るので、髪の表面だけをなでつけるだけでは、なかなか内側まで浸透しません
そのかわり、白くなり始めた髪の根元には、ハケでたたきつけるようにすると、しっかりと染まりました。

2剤を混ぜていなければ、残った薬剤を取っておけるのは、それほど髪の長くない私にとって、うれしいことでした。

色はきちんと入って仕上がりもきれいなのですが、この2剤を混ぜる手間と、ツンとしたニオイが残念なところかな。



20代の後半から白髪が増え始めた私。
最初のうちは、数本だったので、家族にハサミで根元から切ってもらったりしていました。

でも、だんだんと白髪が増えて、同じ場所から何本も出てくるようになっちゃったんですよね。
増えるにつれて、ハサミできるだけでは対処できなくなってきたので、美容院で白髪染めをしてもらうことにしました。

若い頃は、髪の色を明るくしたいと思ったらマニキュアをしてきました。
マニキュアは、きれいで明るい色になるし、髪がさらさらツヤツヤになるので、気に入ってたんですよね。
でも、白髪はマニキュアでは染まりませんと言われてしまい、思い切って『カラーリング』をしてもらうことにしたんです。

美容院では、おでこなどの生え際にクリームを塗ったり、耳をラップでカバーしたり、きめ細かく準備をしてくれるので安心です。
自分では見えない後ろの部分も丁寧に染めてもらえます。
カラーリング剤を落とす前に、ぬるいお湯で髪を揉みこむ『乳化』もきちんとしてくれます。
乳化をすると、カラーリングの色ムラがなくなって、色持ちがよくなるんですよね。

さすがに美容院での白髪染めは、どこをとってもパーフェクト。
ただ、費用の面がどうしても悩みなんですよね…。



加齢やストレス、栄養バランスの乱れなどによって増えてしまう白髪。
白髪を隠すために、白髪染めを買って自分で染めている人も多いと思います。

ただ、白髪染めの成分は、どうしても髪や頭皮を傷めてしまいがちです
長い間、白髪染めを使うことによって、髪の毛がボロボロになってしまったという人もいます。

頭皮が乾燥したり、毛穴に汚れが詰まったりすることで、頭皮は老化が進んでしまいます。
頭皮が老化するということは、いい髪が生えにくくなって薄毛になったり、白髪が増えてしまったりする原因になるんです。

白髪染めが頭皮に浸透してしまうことで頭皮環境が悪くなったり、毛穴に白髪染め剤が詰まったり…。
髪を美しくするための白髪染めが頭皮に悪い影響を与えてしまっていることもあるんですね。

自分で白髪染めをする場合には、頭皮をいたわりながら、染めた後の頭皮の保護などをきちんと行うようにしたいですね。



白髪は、たった1本生えているだけでも目立つのでイヤですよね。
白髪が生えている人の多くは、白髪を染めていることと思います。

美容院で白髪染めをするとどうしても費用がかかってしまうものです。
最近は、いろいろな種類の白髪染め剤が売られているので、自分で染める人も多いのではないでしょうか。

そんな白髪染め、染めてからしばらくたつと、髪が伸びてきて根元の部分が白く目立ってしまいますよね。
その頃になると白髪染めをする必要が出てくるのですが、根元が白くなるたびに髪全体を染めていると、髪がかなり傷んでしまいます。

髪の根元が白い程度の時期には、根元だけを染める部分染めをするようにしましょう。
クリーム状でたれにくい白髪染め剤を使って、髪の根元だけを中心に薬剤を塗るようにすれば
髪の傷みも最小限におさえられます。

全体的に色が落ちて褪せてきたら、全体を染めるというサイクルで十分ですよ。



男性は、女性に比べて白髪を染めることに抵抗がある…最近の夫を見ていて気付いたことです。
確かに定期的に白髪を染めるのは面倒ですし、費用もかかります。

でも、男性が白髪を染めたがらない理由には、他にも原因があるように思うのです。

それは、白髪染めが女性用であるというイメージです。
ドラッグストアやホームセンターなどでも、たいてい白髪染めの多くは、女性用のシャンプーや整髪料の売り場に近い所に並べられています。
また、白髪染めのパッケージには、髪の長い女性の写真が印刷されているものも多いですよね。

これでは、男性は確かに白髪染めを買うのに勇気がいると思うのです。

調べたところによると、白髪染めに男性用と女性用の違いはほとんどないようで、色の種類程度のようです。
ですから、女性用の白髪染めでも十分男性の髪に使えるんですよね。

最近では通販でも白髪染めを扱っているところが多いので、もし店頭で買うのが恥ずかしい場合は、通販を利用してもいいかもしれません。
夫にも、通販の白髪染めをすすめてみようかな。

 



美容院で白髪染めをする時、おでこにクレンジングクリームを塗られたり、耳にサランラップでカバーを着けられたりした経験は、誰でもあると思います。
これは、もちろん髪の毛以外の部分にカラーリング剤が付かないようにするための準備です。

白髪染めのためのカラーリング剤は、一度肌に付くととても落ちにくいものです。
おでこや耳に茶色い色素が残ってしまうと、本当に困ってしまいますよね。

カラーリング剤の付着を防ぐため、自宅で白髪染めをする場合も注意が必要です。
生え際を中心としたおでこや耳の周りなどには、丁寧にクレンジングクリームを塗り、手袋をはめるようにします。

もし、思いがけない部分にカラーリング剤が付いてしまったら、すぐにクレンジングクリームで優しく落とすことが大切です。
この時に、ゴシゴシこすると皮膚が炎症を起こしてしまったりするので、そっと拭くようにしましょう。

まずは肌に付かないように、きちんと準備をすることを忘れないことが大切ですね。



年齢を重ねるとどうしても増えてしまう白髪。
特に男性の場合は、白髪と同時に抜け毛も増えてしまったりするので、髪の悩みは尽きないと思います。

最近は、男性でもみだしなみのために、白髪を染めている人が多いと思います。
でも、白髪染めを使うと抜け毛が増えてしまうのでは?と心配になる人もいるようですね。

白髪染めは、毛根にまでは浸透することがないため、白髪染めで髪を染めても、抜け毛が増えるということはないそうです。

ただ、アレルギー反応や肌荒れを起こすことで抜け毛が増えてしまうこともあります。
また、白髪染めをした後にきちんと薬剤を洗い流さないと、毛根に薬剤が残ったりして髪に影響が出てしまいます。

白髪染めをする前には、必ずパッチテストをするようにし、白髪を染めた後は、丁寧に薬剤を洗い流すように心がけましょう。

白髪をきちんとケアして、いつまでも若々しい雰囲気でいる男性は、素敵ですよね。



増えてきてしまった白髪を目立たなくするために、市販の白髪染めを使っている私。
その白髪染めのパッケージにはだいたい『寒いところでは白髪が染まりにくくなる』と書いてあります。

これは、温度が低いと白髪染めの成分が、髪の毛の奥深くに浸透しにくいということが理由です。
髪に染料がきちんと浸透しなければ、当然のことながら白髪は染まりにくくなりますものね。

更に、温度が低いと染料の反応が低くなってしまい、きれいに発色しにくいという特徴もあるようです。

体温で温まりやすい髪の根元の方が、白髪染めはきれいに染まるので、毛先に先に白髪染めを塗るのも一つの方法と言えます。

私は、冬場は洗面所ではなくリビングの暖かい部屋で染めるようにしています。
これは単に『寒いから』という理由からなのですが。

更に、白髪染めを塗った後はヘアキャップをかぶるなどして、保温をしてあげると短時間でも染まりやすいようです。

白髪をきれいに染めるためには、それなりの手間ひまが必要なんですよね。