こめかみ部分や生え際などの白髪は、たとえ数本でもとても目立つものですよね。
肌に付きそうな場所なのでなかなかカラーリング剤を使っても、きれいに染まらなかったりするのも、この部分です。
外出前にそんな白髪を発見してしまうと、慌ててしまうんですよね。

そんな時に便利なのが『綺和美』のカラーリング剤です。
筆タイプで、使いたいところにサッと使えるのがとても便利。
液だれすることもないので、手袋やケープが必要なく、気づいたその時に白髪を隠すことができます。
べたつきがなく乾きも速いので、使ってすぐに外出できるのもうれしいですね。

マニキュアタイプで髪の中に浸透することはありません。
また、自然派・無添加・ノンシリコーン・天然植物配合で、髪に優しく、頭皮を傷つけることもないので、安心です。

ピンポイントで白髪隠しをしたいと思ったら、『綺和美』を使ってみてはいかがでしょうか?



年齢とともに増えてしまう白髪、嫌ですよね。

白髪をこれ以上増やさないようにするためには、様々な方法があります。
頭皮をマッサージして血行を良くしたり、亜鉛やビタミン、銅を含む食べ物を多く摂ったり。

また、成長ホルモンはアンチエイジングに効果があると言われていて、午後10時から午前2時の成長ホルモンが多く出る時間帯は睡眠をとると良いとも言われています。

そんな成長ホルモンの分泌を促すために、筋トレが効くそうです。
ちょっとウォーキングをしたり、軽いストレッチをしたりという内容ではなく、身体に負荷がかかって、きついと感じるぐらいの筋トレをすると、成長ホルモンが脳から分泌されるとか。

それにしても、白髪予防のためにきつい筋トレに励まなくてはならないなんて、ちょっと聞いただけではまるで関係なさそうな話ですよね。
若さを保つのはなかなか大変なことです。



中年以降になると、髪に関するトラブルや悩みもグッと増えてくるものです。
白髪と抜け毛は、特に髪の悩みとしては多いものだと思います。

特に男性にとっては、もしかすると白髪よりも抜け毛の方を気にしている人の方が、多いのかもしれません。

抜け毛には、いくつかのタイプがあります。
額の生え際がM字型に薄くなってしまうものや、頭頂部のみ丸く抜け落ちてしまうもの、全体的に薄くなってしまうものなど。
そのタイプそれぞれに異なる原因があるとのことで、自分の髪の抜け方のタイプに合ったケアが必要になってくるそうです。

ホルモンが影響していたり、血行不良が影響していたり、抜け毛の原因はさまざまです。
育毛効果があるとされている育毛剤やシャンプーも、自分の抜け毛のタイプに合っていなければなかなか効果は出ないもの。

食べ物や生活習慣などを見直すことで解消される場合もあります。
まずは、自分の抜け毛のタイプをよく知るようにし、そこから改善方法を探し出していくようにしたいですね。



どんなに手入れをきちんとしているつもりでも、髪の毛は老化し、様々なトラブルを起こすようになるものです。

髪の毛のトラブルでいちばん多いものが、白髪と抜け毛・薄毛だと言われています。
多くの人が、白髪が増えてきたことや、髪の毛にボリュームが無くなってきたことに悩んでいるそうです。

そんな髪の毛のトラブルを解消するために、白髪を染めたり育毛剤を使ったりと、ある年代になると美しい髪をキープするための努力は欠かせなくなってきます。

白髪染めや育毛剤の他に、食べ物やストレス解消など、生活習慣を改めることも効果があります。
また、ツボをおすことによって、白髪や薄毛を改善することもできます

ウエストの細い部分、背骨から指二本分外側にある『腎兪(じんゆ)』というツボが、美髪効果をもたらしてくれます。
他にも、腰痛や冷えなどにも効き目があるとのことなので、時々このツボを刺激してみると、いいかもしれませんね。



みなさんは、白髪のケア、どうしてますか?
せっかく手間をかけて白髪を染めても、数週間たつとすぐに白いものがチラホラ見えてくるし、白髪染めを繰り返すことで髪は傷むし、私もほとほと白髪には困っています。

で、最近気になっているのが資生堂の『ティアラ』というトリートメントカラーリンスです。
シャンプー後に普通のトリートメントのように髪に塗って放置するだけで髪が染まるというもの。
短時間でしっかりと染まるのが特徴だそうです。

実際に使ってみた人の口コミを見ると、多くの人が『髪がツルツルサラサラになった』と、トリートメントとして優れている点をあげていました。
白髪が染まった人、あまり染まらなかった人、そのあたりは髪質によって個人差があるようです。

カラーリング剤のように髪が傷まないのが、うれしいですよね。
それほど高額でもないので、私も使ってみようかなと思っています。

 



外国人の明るい髪色って、日本人のあこがれでもありますよね。
そんなキラキラに美しいブロンドヘアーも、日本人の黒髪のと同じように白髪になるんです。
髪の色はもともと白く、生えてくる時にメラニン色素によって色付けられます。
そのメラニン色素の種類や量によって髪色が違ってくるだけなので、年令と共にメラニン色素が減ってしまえば、金髪も白髪になるというわけです。

ふと思ったのですが、外国人は白髪が生えた時に日本人のように気にするのでしょうか?
白髪を染めたりするのでしょうか?

ちょっと調べてみると、金髪の場合、黒髪と違って白髪があまり目立たないようですね。
ですから、日本人ほどに気にする外国人は少ないようです。
結局、目立つかどうかなんですよね。

もし、金髪の人が白髪を染めようと思ったら、やっぱりカラーリング剤の色も金色に染まるものを使うんでしょうね。
国によって、取り扱っているカラーリング剤の色は違うのかもしれないと思うと、なんだかおもしろいですよね。



年齢と共に、髪質ってどんどん変わってしまうものです。
白髪や抜け毛、薄毛は、髪の毛の悩みとして挙げる人がいちばん多いようですね。

私も最近、頭頂部の髪のボリュームが無くなってきたのが悩みです。
横から見ると、頭がぺちゃんこで、なんとも老けた印象に…。

そんな髪のボリュームですが、手入れの仕方ひとつで改善することができるそうです。

毎日髪を洗う前にシャワーのお湯を1分から2分頭皮にあてるだけで、血流が良くなるとのこと。
あとは、シャンプーをきちんと泡立てて頭皮をマッサージしながら洗うとするといいそうです。

スタイリング剤や洗い流さないタイプのトリートメントは、つけすぎると髪がベタついてかえってボリュームダウンしてしまうので、注意が必要。
毛先を中心に少量ずつつけ、髪の根元にはあまりつけない方が効果的のようです。

白髪染めと並行して、私も髪のボリュームアップのためのケアをしていこうと思います。



髪の毛に数本白髪が目立つようになってくると、髪が老化し始めたというイメージが強いですよね。
でも、白髪が生える前から既に髪は老化が始まっていますし、少しずつサインを発しているんですよね。

ある調査によると、髪がパサついたり、髪にうねりやクセが出てスタイリングしにくくなってきたなどの悩みを感じ始めるのは、30歳を過ぎた女性に多いとのことです。

確かに私も、ある年代を過ぎる頃から、髪の毛が決まりにくくなってきたことを思い出します。
白髪だけではなく、これらの現象も髪の老化の現れなんですね。

髪質が変わったと感じることが多い30代。
これまでとは異なるヘアケアが必要になってくる年代とも言えそうですね。

できるだけ髪の老化を遅らせるためにも、紫外線ケアをしたり、髪にいい食べ物を意識して食べるようにしたり、気を付けて生活していくようにしましょう。



美容院で白髪を染めると費用がかかるからと、できるだけ市販のカラーリング剤を使って自分で白髪を染めるようにしている私。
でも、自分で白髪を染めるのって、けっこう手がかかるし、疲れるし、たまには美容院でゆったりくつろぎながら、きれいに染めてもらいたいなんて思ってしまいます。

世の中には、美容院で髪を染めるどころか、シャンプーまでサロンでしてもらっている人がいるそうですね。
女性限定のシャンプーバーというものがあるそうです。

このシャンプーバーのスタッフはすべてイケメン美容師ばかり。
静かな店内には革張りのシャンプー台があって、とてもくつろげる空間になっているとか。
イケメン美容師が髪を丁寧に洗ってくれて、ブローもばっちり決めてくれるんだそうです。

イケメン美容師に髪を洗ってもらう…考えただけで髪も心も癒されそうです。
いつか私も、シャンプーバーに行ってみたいなあ。



年を重ねるにしたがって増えてしまう白髪。
『もう年だから』と諦めてしまったりしていませんか?
また、白髪染めを繰り返した結果、髪の毛がボロボロに傷んでしまっている人もいると思います。

その白髪、あきらめる前に、まずは食べ物で予防してみましょう。

ビタミンB6とB12は、頭皮に酸素と栄養を行きわたらせてくれる効果があり、またビタミンB2は、髪の毛の色をつけるためのホルモンを増やす効果があるそうです。
頭皮が健康な状態になることで、白髪が減ることを期待できるというわけですね。

これらのビタミン類を多く含むのは、緑色の葉物野菜です。
ホウレンソウや小松菜、ブロッコリーなどの、濃い緑色の野菜には、ビタミンB群がたっぷり含まれているとのこと。

白髪を体の中から予防するために、これらの野菜類をできるだけたくさん食べるようにしたいですね。