暖かい春がやってきて、ホッとしたのもつかの間、気づけば日差しが強い季節になりつつあります。
初夏のこの時期、実は紫外線の量はかなり多くなっているんです。

紫外線の影響を受けるのは、肌だけではなく髪の毛も同じこと。
紫外線によって髪の毛が硬くなると、キューティクルがはがれてしまい、髪内部のメラニンが壊されてしまい、白髪などの原因にもなってしまいます。

最近は、日焼け止めのためのスプレーが販売されていますね。
肌に吹き付けるだけの簡単なスプレーを、髪の毛に使っている人もいるのではないでしょうか。

ただ、日焼け止めスプレーの種類によっては、かえって髪の毛を傷めることもあるんです。
自分の髪質に合うかどうか、髪の毛に少しだけ付けてみて、髪の様子を見てから使うようにしましょう。

まずは、帽子や日傘を忘れずに身に着けることを習慣にしたいですね。



ようやく寒い冬が終わって、暖かくて過ごしやすい季節になりましたね。
気持ちがいいので、ちょっと散歩に出たり、アウトドアスポーツを楽しんだりと、屋外で過ごす日も自然と増えてきます。

そんな快適な季節ですが、いちばん気を付けなければいけないこと、それが、紫外線ケアです。
真夏のように暑くないからと油断してはいけません。
この時期、紫外線の量はかなり増えているんです。

その紫外線、頭皮が浴びる量は、なんと顔の6倍と言われています。
もちろん、顔同様、頭皮だって紫外線を浴びれば様々な影響を受けます。
頭皮が酸化してしまい、抜毛が増えたり、乾燥によって白髪が増えたり…。

頭皮を守るために、春先から頭皮の紫外線ケアもきちんとするようにしましょう。
外出前には帽子をかぶるだけではなく、UVミルクやケアようのスプレーをすることを習慣にしましょう。

目に見えない紫外線だからこそ、十分に気を配りたいですね。



白髪や抜け毛など、髪に関するトラブルや悩みは尽きることがありませんね。
髪が傷む原因のひとつに、紫外線があるのは、ご存知ですか?

紫外線は、髪を守るとされているキューティクルも簡単に通過してしまうんです。
キューティクルがはがれてしまった髪は、傷んだりパサパサになったり、頭皮が日焼けすることで、かゆみやフケの原因にもなってしまいます。

ですから、肌だけではなく、紫外線対策は髪にもするようにしましょう。
もちろん紫外線には、夏だけではなく冬にも気をつけたいもの。

冬の晴天の日や、スキー場などでは、かなりの量の紫外線を浴びてしまうことになります。
帽子をかぶったり、UVケアスプレーを髪につけたりして、髪を保護することを習慣にしたいですね。

白髪や抜け毛などのトラブルを起こす前に、紫外線のダメージから髪や頭皮を守るようにしましょう。