若い頃は、長々と美容院で過ごすことが楽しみでした。
ストレートパーマをかけたり、ヘアマニキュアをしたり、当時は私も美容院で自分磨きをすることに喜びを感じていたものです。

それが、結婚して子供が生まれると、少しずつ自分にかけるお金や時間が少なくなってきて、美容院で自分磨きをする機会はすっかり減ってしまいました。

気が付くと、子供も小学校に入って、自分の時間ができているのにもかかわらず、美容院にあまり行かなくなっている自分がいました。
先日ママ友と話をしていた時に『最近、美容院で長い間座っているのが疲れる』という意見が。

これには妙に納得してしまいましたね。
年を取ると、美容院とはいえ、同じ姿勢でじっとしていることが疲れちゃうんです。
たまには美容院で白髪染めをしたいと思いつつ、ついつい長時間かかることを考えると『今回はいいか』と家で染めてしまったり。

これではいけませんね。
もっと若い頃の気持ちを思い出して、自分磨きをしなければ…と思った私です。



カラーバリエーションが豊富で、自分好みの髪色に仕上げることができる、市販のカラーリング剤。
最近は、ドラッグストアなどでもいろいろな種類のものが扱われているので、好きなカラーリング剤を選びやすくなりましたね。

美容院で染めるよりも節約にもなるのですが、自分で白髪を染めていると、なかなかうまく行かないこともありませんか?

私はいつも、生え際やこめかみの白髪が上手に染まらないのが悩みです。
はねてしまう部分などは、特に染まりにくくて、いつまでも髪が白いままで苦労するんですよね。

そんな染まりにくい部分には、コットンやティッシューにカラーリング剤を塗って、貼っておくと上手に染まるそうです。
カラーリング剤が白髪に密着するので、きちんと白髪が染まるそうです。

さっそく私も次回の白髪染めの時に、この方法を試してみようと思います。



最近は、ドラッグストアや薬局などに行くと、たくさんのカラーリング剤を見つけることができます。
様々なカラーバリエーションがそろっているので、好みの髪色に仕上げやすくなりましたね。

白髪を染めようと思った時、あまり黒々とした色に染めるよりも、少し明るめの色に染めたいと考える人は多いと思います。
でも、美容院でお願いすると、だいたいの場合明るい色は白髪染めには向かないと断られてしまうんですよね。

市販の白髪染めは明るい茶色のカラーもたくさんありますし、実際使ってみると好みの色に染まったりします。
ただ、これって、すごく髪を傷めていることになるんだとか。

美容院ではキューティクルを守るために、あまり強い薬剤のものは使っていないそうです。
ですから、明るめの色は白髪に入りにくいんですね。
これに対して、市販のカラーリング剤はかなり成分が強いので、明るい色でも白髪を染めてしまうんだとか。

好みの色でなくても少しでも髪をいたわるために美容院で染めるのか。
髪が傷むのを覚悟の上で、明るい色に染めるのか。

いまだに悩み続けている私です。



私は、市販の白髪染めを使って、白髪を自分で染めています。
もちろん美容院で染めればきれいに染めてもらえるのですが、やっぱり費用がかかってしまうので、普段は自分でやっています。

先日、同じように自分で白髪を染めている母の白髪染めを手伝ってあげました。
いつも自分では見えない頭頂部や後頭部の白髪を見て、ちょっとびっくり。

白髪って、こんなにまんべんなく、隅から隅まで生えているものなんですね。

これでは、自分で全ての白髪をくまなく染めるのは、なかなか難しいものです。
私も自分の白髪がどの程度生えているのか知らないので、きちんと染められているかどうか、自信がありません。

これからますます白髪が増えていくだろうし、自分で染めるのも億劫になるだろうし。
ゆくゆくは、美容院で染めるようにしていかないと、無理なのかな。

ちょっと暗い気分になってしまいました。



1本でも生えていると、とても目立つし老けて見えてしまう白髪、本当に嫌ですよね。
白髪が増えれば染めるぐらいしか方法が思い当たらず、とりあえず自分で市販のカラーリング剤を買ってきて染めているという人も多いと思います。

でも、ひんぱんに白髪を染めていると、髪が傷んでしまったりトラブルを起こしてしまったりして…。

もし、白髪に悩んでいる場合は、一度きちんと美容院で相談してみるのも一つの手段です。
最近の美容院は、髪のカウンセリングを丁寧にしてくれるところが増えていますよね。

その人その人で白髪の質も生えてくる場所も違うので、自分にあった白髪のケアの仕方を、プロの美容師さんにアドバイスしてもらえば心強いですよね。
美容院によっては、オススメのカラーリング剤を教えてくれたり、染め方を教えてくれたりと、自分で白髪染めをする時のコツを教えてくれたりもします。

自己流で白髪をケアしていては、髪を傷めてしまうばかり。
まずは、プロに相談してみましょう。



若い頃から白髪に悩んできた私。

美容院で染めてもらうと費用がかかるので、市販のカラーリング剤を買ってきて自分で染めることが多いのですが。
とにかく、白髪を染めると髪が傷むんですよね。

染めてもすぐに白髪が生えてきてしまうので、ひんぱんに白髪染めを繰り返した結果、髪はパサパサに。
毎回髪の毛全体を染めていると髪が傷むので、新しく生えてきた部分だけに染めるようにしていました。
でも、部分染めって自分でやると意外と難しい。

カラーリング剤を付けたい白髪には付かず、黒髪の部分に付いてしまったりして…。

そこで最近は美容院で部分染めをしてもらっています。
部分染めだったら、全体を染めるよりも費用もかかりませんし、きめ細かく白髪部分だけに塗ってもらえるので安心。

逆に、何回かに一度の全体染めは、自分でしています。
全体染めは、それほど難しくないし美容院でお願いすると費用がかかっちゃいますからね。

普通の人とは反対かもしれませんが、私にはこのペースが合っているみたいです。



20代の後半から白髪が増え始めた私。
最初のうちは、数本だったので、家族にハサミで根元から切ってもらったりしていました。

でも、だんだんと白髪が増えて、同じ場所から何本も出てくるようになっちゃったんですよね。
増えるにつれて、ハサミできるだけでは対処できなくなってきたので、美容院で白髪染めをしてもらうことにしました。

若い頃は、髪の色を明るくしたいと思ったらマニキュアをしてきました。
マニキュアは、きれいで明るい色になるし、髪がさらさらツヤツヤになるので、気に入ってたんですよね。
でも、白髪はマニキュアでは染まりませんと言われてしまい、思い切って『カラーリング』をしてもらうことにしたんです。

美容院では、おでこなどの生え際にクリームを塗ったり、耳をラップでカバーしたり、きめ細かく準備をしてくれるので安心です。
自分では見えない後ろの部分も丁寧に染めてもらえます。
カラーリング剤を落とす前に、ぬるいお湯で髪を揉みこむ『乳化』もきちんとしてくれます。
乳化をすると、カラーリングの色ムラがなくなって、色持ちがよくなるんですよね。

さすがに美容院での白髪染めは、どこをとってもパーフェクト。
ただ、費用の面がどうしても悩みなんですよね…。