よく『若白髪』なんていう言葉を耳にします。
20代などの若い年代で生えてきてしまう白髪のことで、加齢によって生えてくる白髪とは原因が違うそうです。

加齢によって髪の毛を黒く色付けるメラトニンが減少してしまうのと違って、若白髪は、遺伝やストレスが原因のものが多いとのこと。
驚いたことに、場合によっては小学生でも白髪が生えてしまう子がいるそうです。

小学生の場合でも、やはり遺伝などが考えられるのですが、できるだけストレスを取り除いてあげることも必要です。
また、高学年になってくると、周りの人の目が気になり始め、コンプレックスになってしまうことも…。

それらのことを考えると、小学生であるとは言え、白髪を染めてあげることを考えることも必要かもしれません。
髪や頭皮の傷みを避けるために、トリートメントタイプのカラーリング剤を用意してあげてもいいですね。

子供でも大人でも白髪はいやなものです。
傷つけないように上手に対処してあげたいですね。



母親が、わりと若い頃から白髪だった私。 白髪は遺伝もあるそうなので、それなりに覚悟はしていたものの、 やはり、20代の後半で白髪を発見した時には、かなりショックを受けました。

白髪は、老化とともに増えるというイメージがあります。 でも、中には20代で白髪が生えてきてしまうことも、あるんですよね。

若白髪の原因には、いくつかあるようです。

まずは、ストレス。 髪の毛は、メラニン色素によって黒く色づけられているのですが 極度なストレスは、このメラニンの生成が悪くなるため、髪に色が付かずに 白髪となって現れてしまうのです。

次に、栄養不足。 若い女性が極端なダイエットをしたことで、白髪が増えたという話はよくあります。

他にも病気が原因となっていることもあるそうです。

とにかく大事なのは、白髪が気になるからと、抜いてしまわないこと。 髪を抜いてしまうと毛根にダメージを与えて 薄毛などの原因にもなってしまいますから。

白髪とは上手につきあっていくしかないみたいですね。