せっかく白髪をきれいに染めても、2~3週間もたつと髪が伸びてきて、髪の根元や生え際に白髪が目立つようになってきてしまいますよね。
目立つからと言って、頻繁に髪の毛全体をカラーリング剤を使って染めてしまうと、髪がすぐに傷んでしまいます。
髪全体を染めるのは1カ月から2カ月に一度とし、その合間には、部分染め(リタッチ)をするようにしましょう。

もし、家庭で自分で部分染めをしようと思ったら、クリームタイプのカラーリング剤が向いています。
このタイプは、溶剤がクリーム状で液だれしにくく、髪の先など染めたくない部分に溶剤が付くことを防ぐことができます。
付属のハケで、髪の根元や生え際など、染めたい部分に叩き込むようにカラーリング剤を塗っていきましょう。

できるだけ避けたい白髪染め、使う時には髪が傷まないように丁寧に行いたいですね。

 



白髪は、たった1本生えているだけでも目立つのでイヤですよね。
白髪が生えている人の多くは、白髪を染めていることと思います。

美容院で白髪染めをするとどうしても費用がかかってしまうものです。
最近は、いろいろな種類の白髪染め剤が売られているので、自分で染める人も多いのではないでしょうか。

そんな白髪染め、染めてからしばらくたつと、髪が伸びてきて根元の部分が白く目立ってしまいますよね。
その頃になると白髪染めをする必要が出てくるのですが、根元が白くなるたびに髪全体を染めていると、髪がかなり傷んでしまいます。

髪の根元が白い程度の時期には、根元だけを染める部分染めをするようにしましょう。
クリーム状でたれにくい白髪染め剤を使って、髪の根元だけを中心に薬剤を塗るようにすれば
髪の傷みも最小限におさえられます。

全体的に色が落ちて褪せてきたら、全体を染めるというサイクルで十分ですよ。